多くの場合、エホバの証人(JW)といくつかの新しいまたは既存の聖句について議論するとき、彼らは聖書からそれを確立できないか、聖書的に意味をなさないと認めるかもしれません。 問題のJWは、信仰の教えを熟考するか、再検討することを検討するかもしれません。 代わりに、一般的な反応は次のとおりです。「私たちはすべてを正しくすることは期待できませんが、誰が説教の仕事をしているのか」。 ビューは、すべてのキリスト教宗派の間で説教活動を行うのはJWだけであり、これは真のキリスト教の識別マークであるということです。

多くの教会で、人々が町の中心部で、またはリーフレットのドロップなどで外に出て説教するという点が上げられた場合、返事は次のようになります。

彼らがこれが何を意味するのかについて異議を唱えられた場合、その説明は他の誰も「戸別訪問」の働きをしないということです。 これは、20年後半からJWの「商標」になりました。th 今までの世紀。

世界中で、JWはこの説教の方法に参加することを義務付けられています(よく使われる婉曲表現は「奨励」されています)。 この例は、次のJacobNeufieldのライフストーリーに示されています。 ものみの塔 9月の1の雑誌st、2008、ページ23:

バプテスマの直後に、私の家族は南アメリカのパラグアイに移住することを決め、母は私に行くように頼みました。 聖書の勉強と訓練がさらに必要だったので気が進まなかった。 ウィスバーデンにあるエホバの証人の支部事務所を訪問したとき、アウグスト・ピーターズに会いました。 彼は私の家族の世話をする私の責任を思い出させてくれました。 彼はまたこの警告を与えてくれました。 戸別訪問。 今日まで、私はその助言の重要性と、「家から家へ」、または戸別から宣べ伝える必要性を認識しています。—使徒20:20、21  (太字が追加されました)

より最近の出版物 神の王国のルール! (2014)章7段落22の状態:

新聞、「フォトドラマ」、ラジオ番組、ウェブサイトなど、多くの視聴者にリーチするために使用してきた方法はどれも、 訪問販売省。 何故なの? エホバの人々はイエスによって設定されたパターンから学んだからです。 彼は大群衆に説教する以上のことをしました。 彼は個人を助けることに集中しました。 (ルーク19:1-5)イエスは弟子たちにも同じことをするように訓練し、彼らに伝えるメッセージを伝えました。 (読む ルーク10:1、 8-11.) 前述のように 第6章、主導権を握っている人々は常にエホバの各僕に顔を合わせて話すように勧めてきました。」 —5:42として機能します。 20:20」(太字を追加)。 

これらの2つの段落は、「戸別訪問」のミニストリーに与えられた重要性を強調しています。 実際、JW文学の本文が分析されるとき、それはしばしばそれが真のキリスト教の印であることを暗示しています。 上記の2つの段落から、このアクティビティをサポートするために使用される2つの重要な詩、行為5:42および20:20があります。 この記事と続く2つの記事では、この理解の経典的な基礎を分析し、次の観点から検討します。

  1. JWが聖書からこの解釈に到達する方法。
  2. 「家から家へ」と訳されているギリシャ語の言葉の意味
  3. 「家から家へ」が「戸ごと」に等しいかどうか。
  4. これらの用語が意味をよりよく理解する目的で出現する聖書の他の場所。
  5. JWの見解を支持して引用された聖書学者の綿密な調査が明らかにするもの;
  6. 聖書の本かどうか、 使徒の働き、この説教の方法を採用している1世紀のキリスト教徒を明らかにしています。

この記事を通して、 新世界訳聖書の1984リファレンスエディション (NWT)および 2018の改訂スタディバイブル (RNWT)が使用されます。 これらの聖書には、「家から家へ」の解釈を説明または正当化しようとする脚注があります。 加えて ギリシャ語聖書の王国の線形翻訳 (KIT 1985)は、最終的な翻訳で使用されるレンダリングを比較するために採用されます。 これらはすべてオンラインでアクセスできます JWオンライン図書館。 [I]

JWの「家から家へ」のユニークな解釈

 本の中で 神の王国についての「徹底的な証し」 (WTB&TS発行–ペンシルバニア州立時計塔聖書冊子協会、2009年)この本に関する詩ごとの解説 使徒の働き ページ169-170、段落14-15で次のように述べています。

「公に、そして家から家へ」(行為20:13-24)

14 ポールと彼のグループは、トロアスからアソス、そしてミチレン、キオス、サモス、ミレトスへと旅立った。 パウロの目標は、ペンテコステの祭りに間に合うようにエルサレムに到着することでした。 ペンテコステによってエルサレムに着く彼の急いで、この帰りの旅でエフェソスを迂回する船を選んだ理由を説明します。 しかし、パウロはエフェソの長老たちと話をしたかったので、ミレトスで会うようにと頼みました。 (使徒20:13-17)彼らが到着したとき、パウロは彼らにこう言った。「私がアジアの地域に足を踏み入れた最初の日から、私はいつもあなたと一緒にいました。ユダヤ人の陰謀によって私を苦しめた心と涙と試練; 一方、私はあなたに有益なことを話すことも、公にそして家から家へと教えることも控えませんでした。 しかし、神への悔い改めと主イエスへの信仰について、私はユダヤ人とギリシャ人の両方に徹底的に証言しました。」― 20:18-21の行為。

15 今日、良いたよりを人々に伝える多くの方法があります。 ポールのように、私たちは人々がいる場所、バス停、にぎやかな通り、または市場に行くよう努めています。 それでも、 家から家へ行くことは、エホバの証人が使用する主な説教方法のままです。 どうして? 一つには、家から家への説教は、王国のメッセージを定期的に聞く十分な機会を与えてくれるので、神の公平性を示しています。 また、誠実な人が必要に応じて個人的な支援を受けることができます。 さらに、家から家へのミニストリーは、それに従事する人々の信仰と忍耐を築きます。 実際、今日の真のクリスチャンの商標は、「公に、そして家から家へ」を目撃することへの熱意です。 (太字が追加されました)

パラグラフ15は、ミニストリーの主要な方法は「家から家へ」であると明確に述べています。 これは使徒20:18-21を読んだことから導き出され、パウロは「…公に教え、家から家へ…」という用語を使用しています。証人はこれを、戸別訪問の説教がXNUMX世紀。 もしそうなら、なぜパウロが「家から家へ」の前に述べた「公に」説教を、当時も今も主要な方法としてとらえないのでしょうか。

Acts 17:17の以前、Paulはアテネにいる間に、「それで彼はユダヤ人や神を崇拝する他の人々との会堂で、そして手元にいる人々と毎日市場で推論し始めました。」

このアカウントでは、ポールのミニストリーは公共の場所、シナゴーグ、そして市場にあります。 家から家への説教や訪問説教については言及されていません。 (このシリーズの記事のパート3では、本からすべての省の設定の完全な評価があります 使徒の働き。)パラグラフはさらに4つのクレームを作成します。

まず、それが「神の公平性を示す」 定期的にメッセージを聞く十分な機会をすべて与えることにより。 これは、人口比に基づいて世界中にJWが均等に分布していることを前提としています。 これは、カジュアルなチェックでも実証されているように、明らかにそうではありません 年鑑 JWの[II]。 国によって比率は大きく異なります。 つまり、年に10回、年に16回、メッセージを聞く機会がある人もいれば、メッセージを受け取ったことがない人もいます。 神はどのようにしてこのアプローチに公平であることができますか? さらに、個人はしばしばより大きなニーズがある地域に移動するように求められます。 これ自体は、すべての領域が等しくカバーされていないことを示しています。 (JWの説教はエホバの公平性の現れであるという考えを促進する必要性は、彼らの説教に応答しないすべての人がアルマゲドンで永遠に死ぬという教義から生じます。これは他の羊に関する非聖書的な教えの必然的な結果です。ヨハネのXNUMX:XNUMXの。XNUMX部構成のシリーズを参照してください。2015メモリアルに近づく" 詳細については。)

第二に、 「誠実な人は、必要に応じて個人的な支援を受けます」。 用語の使用 「誠実」 非常にロードされています。 それは、耳を傾ける人は心に正直であり、耳を傾けない人は不誠実な心を持っていることを意味します。 JWが現れた瞬間、人は困難な経験をしているかもしれず、聞くのにふさわしくない状態にあるかもしれません。 個人はメンタルヘルスの問題、経済的問題などを抱えている可能性があります。 これらの要因はすべて、聞くのに適した状態にないことに寄与する可能性があります。 これは彼らの心の正直さの質をどのように示していますか? さらに、世帯主に近づくJWは、不快な態度をとったり、その人の明白な状況に無意識のうちに鈍感である可能性があります。 人が聞いて勉強プログラムを始めることにしたとしても、質問に対する満足のいく答えが得られなかったり、ある点について意見が一致せず、勉強を終了することを選んだ場合はどうなりますか? それは彼らが不正直であることを意味しますか? アサーションは明らかにサポートするのが難しく、非常に単純で、聖書のサポートがありません。

三番、 "家から家へのミニストリーは、それに従事する人々の信仰と忍耐を築きます。」。 これがどのように達成されるかについての説明は与えられておらず、声明のために聖書の基礎も提供されていません。 さらに、説教の仕事が個人向けである場合、JWが電話をかけたときに人々が家にいないことがよくあります。 空のドアをノックすることは、信仰と忍耐力を築くのにどのように役立ちますか? 信仰は神とその御子イエスに築かれています。 忍耐力に関しては、私たちが苦難やテストに成功したときに起こります。 (ローマ5:3)

最後に、 今日の真のクリスチャンのトレードマークは、証言に対する熱意です 公然と そして家から家へ。」 この声明を聖書的に説明することは不可能であり、それが真のクリスチャンの商標であるという主張は、彼の真の弟子の識別マークが愛であるヨハネ13:34-35のイエスの声明に直面しています。

さらに、 ものみの塔 7月の15th、2008、ページ3、4のタイトルの記事の下 家から家の省—なぜ今重要なのか?」 この省に付けられた重要性の別の例を見つけます。 これは、小見出しの下の段落3と4です 「使徒的方法」:

3 家から家への説教の方法は、聖書に基づいています。 イエスは使徒たちを宣べ伝えるために遣わしたとき、「あなたが入るどんな町や村にでも、それにふさわしい人を探しなさい」と彼らに教えました。 イエスは彼らに人々の家に行くように言われました。「あなたが家に入るとき、家に挨拶してください。 そして、もしその家がふさわしいなら、あなたが望んでいる平和を待ちましょう。」彼らは事前の招待なしに訪問しましたか? イエスのさらなる言葉に注意してください:「だれもあなたを連れて行ったり、あなたの言葉に耳を傾けないで、その家やその町から出て、足からほこりを振り払ってください。」(マット10:11-14)これらの指示は明確です使徒たちは「村から村へと領土を行き来して良いたよりを宣言した」ので、彼らは率先して自分の家の人々を訪問することになったのです。—ルーク9:6。

4 聖書は、使徒たちが家から家へと説教したと具体的に述べています。 たとえば、使徒行伝第5章42節は、彼らについて次のように述べています。 約20年後、使徒パウロはエフェソスの会衆の年配の男性たちに、「有益なことを話すことや、公に、家から家へと教えることをためらわなかった」と思い出させました。 彼らが信者になる前に、パウロはそれらの長老たちを訪ねましたか? 明らかにそうです、彼は彼らに、とりわけ「神への悔い改めと私たちの主イエスへの信仰について」教えたからです。 (使徒20:20,21)使徒20:20について、新約聖書のロバートソンの言葉の絵は次のように述べています。「この最も偉大な説教者たちが家から家へと説教したことは注目に値します。」

パラグラフ3では、マタイ10:11-14は、家から家への働きを支援するために使われています。 このセクションを完全に読みましょう[III]。 状態:

「あなたが入るどんな町や村でも、それに値する人を探して、あなたが去るまでそこにとどまります。 12 家に入ると、家族に挨拶します。 13 家がふさわしいなら、あなたが望む平和がその上に来るようにしましょう。 しかし、それがふさわしくないなら、あなたからの平和があなたに戻ってくるようにしてください。 14 誰かがあなたを受け入れたり、あなたの言葉を聞いたりしないところはどこでも、その家やその都市を出るときは、あなたの足からほこりを振り払ってください。」

11節では、この段落は「…そしてあなたが去るまでそこにとどまる」という言葉を都合よく省略しています。 イエスの時代の社会では、もてなしの提供は非常に重要でした。 ここで使徒たちは「都市や村」の見知らぬ人であり、宿泊施設を探していました。 彼らは、この宿泊施設を見つけて、動き回らないようにとどまるように指示されます。 証人が本当に聖書の助言に従い、イエスの言葉の文脈を適用したいのであれば、耳を傾けるに値する人を見つけたら、家から家へと行くことはありません。

段落4、行為5:42および20:20では、21は意味の解釈とともに引用されています。 これに加えて、からの引用 新約聖書のロバートソンの言葉の写真 供給される。 ここで、これら2つの詩を探ります。 NWTリファレンス聖書1984 など RNWT Study Edition 2018ギリシャ語聖書1985の王国間線形翻訳。 これらの聖書を考慮すると、さまざまな聖書解説者への参照を含む脚注があります。 解説を見ていきます 文脈で また、フォローアップ記事のパート2で、JWによる「家から家へ」の解釈に関するより詳細な画像を入手できます。

「家から家へ」と訳されたギリシャ語の単語の比較

前に説明したように、JW神学が戸別訪問のミニストリーをサポートするために使用する2つの詩、行為5:42と20:20があります。 「家から家へ」と訳された言葉は カティオイコン。 上記の2節と使徒46:16では、文法構造は同一であり、分配的な意味で対格単数で使用されています。 それが起こる残りの5節では—ローマ1:16; 19コリント4:15; コロサイ2:1985; フィレモンXNUMX—この単語も使用されていますが、同じ文法構造では使用されていません。 この単語は、WTB&TSによって発行されたKIT(XNUMX)から強調表示され、以下に示されています。

3か所 カト・オイコン 同じ分布感覚で翻訳されます。

20は使徒:20

5は使徒:42

 2は使徒:46

単語の各使用のコンテキストは重要です。 使徒20:20で、パウロはミレトスにいて、エフェソスの長老たちが彼に会いに来ました。 パウロは教えと励ましの言葉を与えます。 これらの言葉だけでは、パウロがミニストリーの仕事で戸別訪問したと主張することはできません。 使徒19:8-10の箇所は、エフェソスにおけるパウロの働きについて詳細に説明しています。 それは述べています:

シナゴーグに入ると、彼はXNUMXか月間大胆に話し、神の王国について説得力のある話し合いと推論を行いました。しかし、群衆の前で道について有害に話し、頑固に信じることを拒否した人がいたとき、彼は彼らから撤退し、弟子たちを彼らから引き離し、ティランヌスの学校の講堂で毎日話しました。 10 これはXNUMX年間続いたので、アジアの州に住むすべての人々は、ユダヤ人とギリシャ人の両方の主の言葉を聞きました。」

ここでは、州に住んでいるすべての人がティラヌスのホールでの彼の毎日の話し合いを通してメッセージを受け取ったことが明確に述べられています。 繰り返しますが、家から家への説教を含むパウロによる「商標」省については言及されていません。 どちらかといえば、暗黙の「商標」は、人々が談話に参加して聞くことができる毎日または定期的な会議を開くことです。 エフェソスでは、パウロはシナゴーグで毎週数回3の会議に出席し、その後2年間ティラヌスの講堂で出席しました。 エフェソス滞在中の行為19では、家から家への仕事についての言及はありません。

お申込金として Acts 5:12-42を読む。 Acts 5:42では、サンヘドリンでの裁判の後、ピーターと他の使徒たちが釈放されました。 彼らは神殿のソロモンの列柱で教えていました。 Acts 5:12-16では、ピーターと他の使徒たちは多くの兆候と驚異を実行していました。 人々は彼らを高く評価し、信者は彼らの数に加えられていました。 彼らに運ばれたすべての病人は癒されました。 使徒たちが人々の家に行ったということではなく、むしろ人々が来た、または連れて来られたということです。

  • 17-26節では、highに満ちた大祭司が彼らを逮捕し、刑務所に入れました。 彼らは天使によって解放され、神殿に立って人々に話すように言われます。 これは彼らが夜明けにした。 興味深いことに、天使はドアからドアへ行くように頼みませんが、非常に公共の場所である寺院に行って立ちます。 神殿の隊長とその将校たちは彼らを強制ではなくサンヘドリンへの要請で連れてきました。
  • 27-32節では、以前に命じられなかったときに、なぜ彼らがこの仕事をしていたのかについて、大祭司から質問されています(行為4:5-22を参照)。 ピーターと使徒たちは証人を出し、彼らは人間ではなく神に従わなければならないことを説明しています。 33-40節では、大祭司は彼らを殺そうとしていますが、尊敬される法律の教師であるガマリエルは、この行動方針に反対しました。 サンヘドリンは助言を受け、使徒たちを打ち負かし、イエスの名において語らないように命じ、釈放しました。
  • 41-42節では、イエスの御名のために、彼らは苦しんでいる不名誉を喜んでいます。 彼らは神殿で、そしてまた家から家へと続きます。 彼らは人々のドアをノックしたのでしょうか、それとも彼らが友人や家族に説教する家に招待されたのでしょうか? 繰り返しになりますが、彼らが戸別訪問していたと推測することはできません。 強調は、しるしと癒しを伴う神殿での説教と教えの非常に公的な方法にあります。

Acts 2:46では、コンテキストはペンテコステの日です。 ピーターは、イエスの復活と昇天の後、最初に記録された説教を伝えました。 42節では、すべての信者が共有した4つの活動は次のように記録されます。

「そして(1)使徒の教えに専念し、(2)一緒に関連付けることに、(3)食事を取ることに、(4)祈りに専念しました。」

彼らがその後食事を共有したとき、この協会は家で起こりました。 その後、詩46の状態:

そして、毎日彼らは団結した目的で神殿に絶えず出席しており、彼らは異なる家で食事を取り、彼らの食物を大きな喜びと心の誠実さで分け合いました。」

これは、初期のキリスト教生活と説教方法を垣間見ることができます。 彼らはすべてこの段階ではユダヤ人のクリスチャンであり、神殿は礼拝のために人々が訪れる場所でした。 これが彼らが集まる場所であり、使徒の以下の章でさらに詳細が追加されているのがわかります。 ソロモンのコロネードですべての人にメッセージが伝えられたようです。 ギリシャ語の単語は、実際には「ドアツードア」を意味することはできません。 それは、彼らが異なる信者の家で会ったことを意味しなければなりません。

Acts 2:42、46に基づくと、「家から家へ」とは、使徒たちの教えを話し合い、交わり、食事を共にし、祈りをするためにお互いの家に集まったということです。 この結論は、次の脚注を考慮することでさらにサポートされます。 NWTリファレンス聖書1984 上記の3節について。 脚注は、代替レンダリングが「および民家」または「家に応じて」である可能性があることを明確に述べています。

下の表には、ギリシャ語の単語が カティオイコン 現れる。 この表には、 NWTリファレンス聖書1984。 完全を期すために、可能な代替レンダリングを提供するため、付随する脚注が含まれています。

聖書 翻訳 脚注
20は使徒:20 私はあなたに有益なことを話すことや、公にそして家から家へとあなたに教えることを躊躇しませんでした*。
または、「そして、民家」。点灯、「そして家に従って」Gr。、 甲 ʼʹ ʹ。 ここに かたた 対格plとともに使用されます。 分配的な意味で。 5:42 ftn、「House」を比較します。

 

5は使徒:42 そして、毎日、神殿で、そして家から家へ*、彼らは、イエスについてのキリストについての良いたよりを教えたり宣言したりすることなく続けました。 Lit.、「によれば 」 カト ʼ おい ʹこん。 ここに かたた 対格歌で使用されます。 分配的な意味で。 RCH Lenski、彼の作品 使徒言行録の解釈、 ミネアポリス(1961)は、使徒5:42について次のコメントを行いました。「使徒たちは、しばらくの間、祝福された働きをやめませんでした。 「毎日」彼らは続きました、そして、これはサンヘドリンと寺院の警察が彼らを見ることができ、そして聞くことができる「寺院で」、そしてもちろん、「家から家へ」分配されているκατ 'οalsoκον単なる副詞ではなく、「家で」。

 

2は使徒:46 そして、日々、神殿にはいつも一斉に出席し、個人の家*で食事を取り、大きな喜びと心のこもった食事を食べました。 または、「家から家へ」Gr。、 カティオイコン。 5:42 ftn、「House」を参照してください。

 

新約聖書には「カト・オイコン」の他の4つの出現があります。 これらの出来事のそれぞれにおいて、文脈は、これらが信者の家であり、地元の会衆(家の教会)が交わり、また行為ですでに議論されたように食事を分け合っていたことを明確に示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマ人への手紙16:5

1コリント16:19

コロサイ4:15

フィレモン1:2

 結論

これらの経典を文脈で分析したので、主な発見をリストアップできます。

  1. 使徒5:42の文脈分析は、エホバの証人の家から家への神学を支持していません。 指標は、使徒たちがソロモンの列柱の神殿エリアで公に説教した後、信者たちが個人の家で集まり、ヘブライ語聖書と使徒たちの教えをさらに学ぶことです。 使徒たちを解放した天使は彼らに神殿に立つように命じ、「戸別訪問」については言及されていません。
  2. Acts 20:20が、PaulのActs 19:8-10でのエフェソスの作品と一緒に検討されると、ポールがティラヌスの講堂で2年間毎日教えていたことが明らかになります。 これが、小アジアの州の全員にメッセージが広まった方法です。 これは、JW組織が無視する聖書の明示的な声明です。 繰り返しますが、彼らの「家から家へ」の神学的解釈は持続可能ではありません。
  3. 2:46行為は明らかに、すべての家のように「家から家」として解釈することはできませんが、信者の家のようにのみです。 NWTは、「家から家」としてではなく、明らかに家として翻訳しています。 これを行う際、ギリシャ語の単語は、行為5:42および20:20のように、「家から家」ではなく「家」として翻訳できることを受け入れます。
  4. 新約聖書のギリシャ語の他の4の出現はすべて、信者の家での会衆の集会を明確に言及しています。

上記のすべてから、「家から家へ」は「戸から戸へ」という意味のJW神学的解釈を描くことは明らかに不可能です。 実際、これらの聖句に基づいて、説教は公共の場所で行われ、会衆は聖書と使徒の教えをさらに学ぶために家で会ったようです。

さらに、彼らの参照および研究聖書では、さまざまな聖書解説者が引用されています。 パート2では、これらのソースをコンテキストで調べ、これらのコメンテーターによる解釈が「家から家へ」の意味についてのJW神学と一致するかどうかを確認します。

こちらをクリックしてください。 このシリーズのパート2をご覧ください。

________________________________________

[I] JWはこの翻訳を好むので、特に明記しない限り、議論でこれを参照します。

[II] 昨年まで、WTB&TSは、前年から選択されたストーリーと経験の年鑑を発行し、各国および世界での作業の進捗状況に関するデータを提供しています。 データには、JW出版社の数、説教に費やした時間、勉強している人の数、洗礼の数などが含まれています。クリック こちら 1970から2017にイヤーブックにアクセスします。

[III] コンテキスト全体を十分に理解するには、章全体を読むことが常に役立ちます。 ここでイエスは、新しく選ばれた12使徒たちを、その機会に宣教を成し遂げる方法についての明確な指示とともに送っています。 パラレルアカウントは、Mark 6:7-13およびLuke 9:1-6にあります。

エレザー

20年以上のJW。 最近長老を辞任した。 神の言葉だけが真理であり、私たちがもはや真理の中にいることを使うことはできません。 エルアザルは「神が助けてくださった」という意味で、感謝の気持ちでいっぱいです。
    11
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x