パート1では、行為5:42および20:20の解釈と「家から家へ」という用語の意味を検討し、結論を出しました。

  1. 聖書から「家から家へ」の解釈にJWがどうやって来たのか、そして組織によってなされた声明は聖書的に正当化できなかった。
  2. 「家から家へ」が「戸別訪問」を意味しないことは明らかです。 ギリシャ語の他の出現を考慮することによって、文脈上の兆候は、「家から家へ」の意味は、聖書と使徒たちの教えを研究するために異なる家で集まる新しい信者を指すということでした。

この記事では、JW神学を支援するために、エホバの証人の組織によって引用された学術資料を調べます。 これらはに表示されます New World Translation Reference Bible 1984 (NWT) 改訂された新世界訳(RNWT)Study Bible 2018、5つの参照元がActs 5:42および20:20の脚注に記載されています。

「家から家へ」–学術的支援?

世界 RNWT Study Bible 2018 ものみの塔聖書冊子協会(WTBTS)が発行した最新の聖書です。 上記の2つの節の脚注を比較するとき NWTリファレンス1984聖書、さらに4つの学術文献があります。 唯一の NWTリファレンス聖書1984 RCH Lenskiからです。 私たちはからの5つの参照に焦点を当てます RNWT Study Bible 2018 これらにはLenskiのものが含まれます。 Acts 5:42に続いて20:20が発生すると、それらは処理されます。

Acts 5:42の参照セクションで次のことがわかります。

(原文)“家から家へ: この表現はギリシャ語のフレーズを翻訳します カティオイコン、文字通り、「家による」。 いくつかの語彙集と解説者は、ギリシャ語の前置詞を述べています かたた 分配的な意味で理解することができます。 たとえば、ある用語集では、このフレーズは「連続して表示される場所、分散使用」を指していると述べています。 。 。 家から家へ。」 ((新約聖書と他の初期のキリスト教文学のギリシャ語-英語レキシコン、第XNUMX版)別の参考文献によると、前置詞ka・taʹは「分配法則(2:46として機能します。 5:42:。 。 。 家から家へ/ [個人の]家の中。」 ((ホースト・バルツとゲルハルト・シュナイダーが編集した新約聖書のエクセジカル・ディクショナリー)聖書学者のRCHレンズキは次のようにコメントしています。「使徒たちは祝福された仕事をやめませんでした。 「毎日」彼らは続けました、そしてこれはサンヘドリンと寺院の警察が彼らを見聞きすることができた「寺院で」公然と、そしてもちろん、「家から家へ」そしてもちろん、分配的であるκατ'οἴκον単なる副詞ではなく、「自宅で」」(使徒言行録の解釈、1961年)これらの情報源は、弟子たちの説教が家から家へと分配されたという感覚を支持しています。 ka・taʹの同様の使用はで発生します Lu 8:1、イエスは「都市から都市へ、そして村から村へ」説教したと言われています。この方法は、家に直接行くことで人々に手を差し伸べ、顕著な結果をもたらしました。Ac 6:7; 比較します Ac 4:16、17; 5:28に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

最後の2つの文に注目する価値があります。 最後から2番目の文の状態 「カタの同様の使用は、イエスが「都市から都市へ、そして村から村へ」説教したと言われているルカ8:1で起こります。 これは明らかに、イエスがあちこち行ったということです。

最後の文は、 「直接家に行くことで人々に到達するこの方法は、顕著な結果をもたらしました。 — Ac 6:7; Ac 4:16-17を比較します。 5:28」。 ここで、前述の聖句に基づいて結論に達しました。 スタディバイブルのこれらの聖句を簡単に検討することは有益です。

  • 6は使徒:7  「その結果、神の言葉は広まり続け、弟子の数はエルサレムで非常に増え続けました。 そして、大勢の司祭たちが信仰に従順になり始めました。」
  • 行為4:16-17 「言って: '私たちはこれらの男性をどうするべきですか? なぜなら、事実、エルサレムのすべての住民に明らかな、注目に値する兆候が彼らを通して起こったからであり、私たちはそれを否定することはできません。 これが人々の間でこれ以上広がらないように、私たちは彼らを脅し、この名前に基づいてこれ以上誰とも話さないように彼らに言いましょう。
  • 5は使徒:28 「そして言った: '私たちはあなたにこの名前に基づいて教え続けないように厳しく命じました、そしてそれでも見てください! あなたはエルサレムをあなたの教えで満たしました、そしてあなたはこの人の血を私たちにもたらす決心をしています。」

これらの聖句を読むと、「家から家へ」が言及されていないことは明らかです。 エルサレムにいるので、人々に到達するための最良の方法は神殿にいるでしょう。 これはパート1のセクション「「家から家へ」と訳されたギリシャ語の比較」で検討されました。 初期の弟子たちが説教した方法としての「家から家へ」の方法の使用は、これらの聖句から引き出すことはできません。

Acts 20:20の参照セクションにも次の情報があります。

(原文)“家から家へ: または、「異なる家で」。文脈は、パウロがこれらの人々の家を訪れて、「神への悔い改めと主イエスへの信仰について」を教えたことを示しています。Ac 20:21)したがって、彼は信者になった後に仲間のクリスチャンを励ますために単に社会的な呼びかけや訪問に言及しているのではありません。 彼の本の中で 新約聖書の言葉の絵、 A.T.ロバートソン博士は次のようにコメントしています Ac 20:20:「この最も偉大な説教者たちが家から家へと説教し、彼の訪問を単なる社交的な呼びかけではなかったことは注目に値します。」 (1930年、第III巻、349-350ページ) 解説付きの使徒の働き (1844)、アビエルアボットリバモアは、ポールの言葉でこのコメントをしました Ac 20:20:「彼は単に公の集会で談話を提供することに満足していませんでした。 。 。 しかし、家から家へと、彼の偉大な仕事を個人的に熱心に追求し、文字通り天国の真理をエペソ人の炉床と心に運びました。」 (p。270)-ギリシャ語の表現katʼoiʹkous(lit。、「家による」)の表現の説明については、を参照してください。 Ac 5:42に関する研究ノートに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

それぞれの参考文献を文脈で取り上げ、これらの学者がJW神学によって説明されている「家から家へ」と「戸から戸へ」の解釈に同意するかどうかを検討します。

5:42参照の動作

  1. 新約聖書と他の初期のキリスト教文学のギリシャ語-英語レキシコン、第XNUMX版 (BDAG)フレデリック・ウィリアム・ダンカーによる改訂および編集[I]

Acts 5:42の状態に関する聖書研究解説 「たとえば、ある用語集では、このフレーズは「連続して表示される場所、分散使用」を指していると述べています。 。 。 家から家へ。」

より完全なコンテキストを見てみましょう。 レキシコン内 カタ 包括的にカバーされ、4のフォントサイズで7つのA12ページに相当します。 一部を引用した特定の引用を以下に示しますが、セクション全体を含みます。 「空間的側面のマーカー」と4の小見出しの下にありますth サブセクションd。 スタディバイブルで引用されているセクションは赤で強調表示されています。

連続して見た場所の分布的使用 w。 acc。、 x x x (Arrian。、Anab。4、21、10κ。σκηνήν=テントごとのテント)または xからxまで: κατʼοἶκον 家から家へ (PLond III、904、20 p。125 [104 ad]ἡκατʼοἰκίανἀπογραφή) Ac 2:46b; 5:42 (両方とも、さまざまな家の集会または会衆を参照。w。NRSVが「自宅」である可能性が低い)。 cp。 20:20。 いいね pl。 κ。 τοὺςοἴκουςεἰσπορευόμενος 8:3。 κ。 τὰςσυναγωγάς 22:19。 κ。 πόλιν(Jos。、Ant。6、73) 都市から都市へ IRo 9:3、しかし すべての(単一の)都市で Ac 15:21; 20:23; シジュウカラ1:5。 また、κ。 πόλινπᾶσαν(cp。Herodian 1、14、9) Ac 15:36; κ。 πᾶσανπόλιν 20:23 D.κ。 πόλινκαὶκώμην Lk 8:1; cp。 対 4。 "[II]

ここでは、JW神学を支持しているように見える部分的な引用しかありません。 しかし、文脈を読んでみると、この用語はさまざまな家で集まる会衆や集会を指しているという著者の見解が明らかになります。 彼らは使徒2:46、5:42、20:20のXNUMX節すべてを明確に参照しています。 知的誠実さを維持するために、引用には少なくとも以下を含める必要があります。

「…κατʼοἶκον 家から家へ (PLond III、904、20 p。125 [104 ad]ἡκατʼοἰκίανἀπογραφή) Ac 2:46b; 5:42 (両方とも、さまざまな家の集会または会衆を参照。w。NRSVが「自宅」である可能性が低い)。 cp。 20:20。 いいね pl。 κ。 τοὺςοἴκουςεἰσπορευόμενος:

これは、読者が著者の視点をより明確に描くのに役立ちます。 明らかに、この参考資料は「家から家へ」のJWの理解をサポートしていません。 実際、ソースはその言葉がどのように カタ 「家から家へ」、「都市から都市へ」などで使用されます。

  1. 新約聖書の大辞典、HorstBalzとGerhardSchneiderが編集

使徒5:42には、次のように述べられています。「別の参考文献によると、前置詞ka・taʹは 「分配(2:46として機能します。 5:42:。 。 。 家から家へ/ [個々の]家の中。」 この引用は、上記の辞書から引用されています。 辞書は、単語の使用と意味の非常に詳細な内訳を提供します カタ 新約聖書で。 定義を提供することから始め、さまざまなカテゴリに細分化された3つの特定の使用領域をカバーします。

(SIC) 反対   カタ   gen .: down from; を通して; に対して; 沿って; 付き:スルー; 中; 沿って; による

  1. NTでの発生— 2。 世代と。 — a)場所— b)図用途— 3。 accで。 — a)場所— b)時間— c)図の使用— d)単純世代の周辺的代替。[III]

スタディバイブルリファレンスは、セクション3 a)にあります。 これは以下で与えられます RNWT ハイライトで引用。 (シック)

  1. 対格で:
  2. a)場所: 全体で、以上で、で、で (ルーク8:39:“全体 市全体/ in 街全体」。 15:14:“全体 その土地」; マット24:7:κατὰτόπους、“at [多くの場所"; Acts 11:1:“全体 ユダヤ/ in ユダヤ"; 24:14:「存在するすべてのもの in 法律")、 に沿って、一緒に (使役27:5:τὸπέλαγοςτὸκατὰτὴνΚιλικίαν、“海 沿って [海岸]キリシア」)、 〜に向かって (ルーク10:32:「来る 以下 場所; Acts 8:26:“に向かって 南"; Phil 3:14:“に向かって 目標"; Gal 2:11など:κατὰπρόσωπον、“〜へ 「顔」、「顔と顔」、「個人的に」、「顔に」、「前に」、 2 Cor 10:7:τὰκατὰπρόσωπον、“うそ 目"; Gal 3:1:κατʼὀφθαλμούς、“ 目")、 のために (Rom 14:22:κατὰσεαυτόν、“でいたソリューション あなた自身 by 自分」; 行為28:16:μένεινκαθʼἑαυτόν、“一人でいる by 彼自身"; マーク4:10:κατὰμόνας、“でいたソリューション 自分だけ」)、 分配的(行為2:46; 5:42: κατʼοἶκον、 "家 〜へ 家/ in [個々の]家」; 15:21など:κατὰπόλιν、“ city by 市/ in [すべて]都市」)。[IV]

RNWTで引用されたセクションは赤で強調表示されます。 この分野では、参照作業はそれが分配的であると述べています。 これは、すべての家を含む「各戸ごと」を意味するものではありません。 辞書で指定されたActs 15:21を検討してください。 の中に RNWT古代から*モーセは、安息日ごとに会堂で声を出して読んでいるので、都市ごとにモーセに説教する人々がいました。 この設定では、説教は公共の場所(シナゴーグ)で行われます。 ユダヤ人、改宗者、および「神を恐れる者」はすべて会堂に来て、メッセージを聞きます。 これは、市内のすべての家、またはシナゴーグに参加する人々のすべての家にまで拡張できますか? 明らかにない。

同様に、「家から家へ/個々の家の中」をすべての家を意味するように拡張することはできません。 Acts 2:46では、エルサレムのすべての家を意味するわけではありません。すべての家で食べていたということです。 聖書の文脈から明らかなように、信者たちが集まった家のいくつかかもしれません。 これは、パート1で説明されています。 コンテキストが保証しない場合にActs 5:42に別の意味を与えると、eisegesisを意味します。 これは、既存の信念を正当化しようとする旅に人を連れて行きます。

使用された引用は有効ですが、より完全な段落を提供することは、読者が意味についてより考慮された決定をするのに役立ちます。 それはエルサレムのすべての家としてそれを解釈するための基礎を提供しません。

  1. の解釈 使徒の働き、1961年RCHLenski著[V]

世界 RNWTスタディバイブル 状態: 「聖書学者のRCHレンズキは次のようにコメントしています。」使徒たちは一瞬も祝福された働きをやめませんでした。 「毎日」彼らは続きました、そして、これはサンヘドリンと寺院の警察が彼らを見ることができ、そして聞くことができる「寺院で」、そしてもちろん、「家から家へ」分配されているκατ 'οalsoκονただの副詞ではなく、 '家で。'””

Acts 5:42の完全な引用 「新約聖書に関するレンスキーの解説」 次のように述べています(スタディバイブルで引用されているセクションは黄色で強調表示されています)。

使徒たちが祝福された仕事をやめることは一瞬もありませんでした。 「毎日」彼らは続けました、そしてこれはサンヘドリンと寺院の警察が彼らを見聞きすることができる公然と「寺院で」、そしてもちろん、「家から家へ」ではなく、分配的であるκατʼοἶκον単に副詞的で、「家で」。 彼らはエルサレムを中心から周囲まで名前で満たし続けました。 彼らは秘密裏に働くことを軽蔑した。 彼らは恐れを知りませんでした。 補完的な現在分詞を伴う不完全な「彼らは止まらなかった」はまだ記述的であり、「止まらなかった」(否定的)は「これまで続いていた」の緩叙法です。 最初の分詞である「教える」は、2番目の分詞である「イエス・キリストを良いたよりとして宣言する」によってより具体的になります。 τὸνΧριστόνは述語です:「キリストとして」。 ここに、福音を説教するという完全な意味での使徒言行録におけるεὑαγγελίζεσθαιの最初の例があり、それとともに、強力な名前「イエス」と、神のメシアである「キリスト」におけるその完全な意味があります(36:XNUMX)。 この「名前」は、現在の物語を適切に閉じます。 これは優柔不断の反対でした。 これはずっと前に最終決定を下した神聖に作られた確実性でした。 これがその確信から生まれた喜びでした。 使徒たちは、当局の手にかかった不正について一瞬も不平を言うことはありませんでした。 彼らは彼ら自身の勇気と不屈の精神を自慢したり、彼らに与えられた恥から彼らの個人的な名誉を守ることについて彼ら自身を心配したりしませんでした。 もし彼らが自分自身について考えたとしても、主の大いなる祝福された御名の名誉のために働くことによって、彼らが主に忠実であると証明することができるのはそれだけでした。 他のすべての彼らは彼の手にコミットしました。

RNWTで使用されている引用は再び赤く、より完全なコンテキストになっています。 繰り返しになりますが、コメンテーターは「戸別訪問」のミニストリーに関するJW神学を支持する明確な声明を出しません。 これは使徒言行録の詩ごとの解説であるため、使徒言行録2:46と20:20のコメントを読むのは興味深いでしょう。 Acts 2:46の完全な解説は次のとおりです。

毎日、神殿で一つの一致をもって堅実に続け、家ごとにパンを壊し、彼らは喜びと心のシンプルさで彼らの食べ物に参加し、神を賛美し、そしてすべての人々に好意を持っていました。 さらに、主は救われた者を日々足し合わせ続けました。 記述的な不完全さは続きます。 ルカは最初の会衆の日常生活をスケッチします。 1179つのκατάフレーズは分配的です:「日ごと」、「家ごと」。 τε…τεは、最初の3つの分詞(R. 1)、「…との両方」を相関させます。 信者たちは神殿を訪れ、家でパン屋を壊しました。 寺院への毎日の訪問は、寺院の崇拝に参加する目的で行われました。 ピーターとジョンがこのように2:19で従事しているのがわかります。 寺院とユダヤ人からの分離は、一般的に徐々にそして自然に発展しました。 それが実行されるまで、クリスチャンはイエスが尊敬し、彼を代表する神殿を以前と同じように使用しました(ヨハネ21:XNUMX-XNUMX)。 その広々とした列柱とホールは、彼らに彼ら自身の集会のための余地を与えました。

 多くの人が「パンを割る」とは再び聖餐を指すと思いますが、このような簡単なスケッチでは、ルカはこのように繰り返すことはほとんどありません。 神殿が秘跡の場所ではなかったことは自明であるため、「家ごと」の追加は何も新しいことを追加しません。 「パンを割る」とは、秘跡に先立つアガペーなどだけでなく、すべての食事を指します。 「家ごと」は「日ごと」のようなものです。 それは単に「家にいる」という意味ではなく、それぞれの家にいるという意味です。 クリスチャンの家があるところならどこでも、その住人は「心の歓喜の中で」彼らの食べ物を味わい、恵みに大きな喜びを感じて彼らを守り、「心のシンプルさまたは単一性の中で」、そのような喜びで彼らの心を満たした一つのことに喜びました。 。 この名詞は、「石なし」を意味する形容詞に由来します。したがって、完全に滑らかで、比喩的には、他の何にも邪魔されない状態です。

2番目の段落は、Lenskiがこの用語を理解していることを明確に示しています。 完全な解説は自明です。 Lenskiは、「家から家へ」をすべてのドアに行くと解釈するのではなく、信者の家を指すと解釈します。

Acts 20:20の解説に移ると、それは述べています。

Ὡςは、18節で起こっているπῶςに似ています。まず、パウロの働きにおける主。 第二に、主の言葉、パウロの教えの働き。 彼の唯一の動機と唯一の目的は、彼の聴衆に利益をもたらしたすべてのもののXNUMXつを隠したり抑制したりすることではありませんでした。 彼は自分自身を救おうとしたり、自分のためにわずかな利点を求めたりすることは決してありませんでした。 いくつかの点でじっとしているだけでとても簡単です。 そうするとき、彼の本当の動機を彼自身から隠し、彼が知恵の促しに従っていることを彼自身に説得するかもしれません。 「私は縮みませんでした」とポールは言います、そしてそれは正しい言葉です。 なぜなら、私たちが教え、説教すべきことの結果として傷や喪失が予想されるとき、私たちは自然に縮小するからです。

τοῦの不定詞は、妨害、否定などの動詞の後の奪格であり、負のμήは必要ではありませんが保持されます、R.1094。XNUMXつの不定詞に注意してください:「宣言と教育から」両方とも効果的ですアオリストは、一方は発表に言及し、もう一方は「公の場で、そして家から家へ」の指示に言及し、ポールはあらゆる機会を利用しました。

 繰り返しますが、JWの「家から家へ」の解釈を支持するこれら2つの段落から結論を引き出すことはできません。 3節すべてのすべてのコメントから、Lenskiは「家から家」は信者の家であると考えているように見えることが明らかになりました。

Acts 20:20の注にある2つの解説を検討してみましょう。 RNWT Study Bible 2018。 これらは4ですth そして、5th 参照。

20:20参照の動作

  1. 新約聖書の言葉の絵、A。T。ロバートソン博士(1930年、第III巻、349-350ページ)[VI]

ここからの引用 新約聖書の言葉の絵、 A.T.ロバートソン博士は次のようにコメントしています Ac 20:20: 「この偉大な説教者は家から家へと説教し、彼の訪問を単に社会的な呼びかけにしたのではないことは注目に値します。」

これは、ロバートソン博士がJWビューをサポートしていることを示しているように見えますが、 RNWT 赤で強調表示された引用。 この節のすべての段落を引用するのではなく、「家から家へ」に関するものを引用します。 「公に (δημοσιαι —dēmosiāi 副詞) そして家から家へ (καικατοικους — kai kat'oikous)。 家による(による)。 この偉大な説教者が家から家へと説教し、彼の訪問を単に社会的な呼びかけにしたのではないことは注目に値します。 彼はアクイラとプリスキラの家のようにずっと王国の商売をしていた(コリント第一1:16)。

WTBTSによって省略された次の文は重要です。 1 Corinthians 16:19に示されているように、ロバートソン博士は「家から家」を家の集会での会合と見なしていることを示しています。 完全な意味は、最後の文を省くことによって変わります。 他の結論を引き出すことは不可能です。 読者は、最後の文を省くことは研究者側の見落としだったのだろうかと思うに違いない。 または、この点が神学的に重要であるために、研究者/著者はすべて、敗血症によって盲目にされたのでしょうか? クリスチャンとして、私たちは優しさを示さなければなりませんが、この見落としは、誤解を招く意図的な省略とみなすこともできます。 各読者はそれを自分で決定する必要があります。 1 Corinthians 13:7-8aの次の点に留意してください。

それはすべてのものを担い、 すべてを信じます すべてのものを望み、すべてのものに耐えます。 愛は決して失敗しないに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

最後の参照について考えてみましょう。

  1. 解説付きの使徒の行為(1844)、アビエル・アボット・リバモア[VII]

Acts 20:20の脚注には、上記の学者からの引用があります。 に 解説付きの使徒の働き (1844)、アビエルアボットリバモアは、ポールの言葉でこのコメントをしました Ac 20:20: 「彼は単に公の集会で談話をすることに満足していませんでした。 。 。 しかし、家から家へと、プライベートで彼の素晴らしい仕事を熱心に追求し、文字通り運ばれました ホーム 天の真理をエペソ人の囲炉裏と心に伝えます。」 (p。270)WTBTSの引用が赤で強調表示されている完全なリファレンスを参照してください。

20は使徒:20、21 何もしなかった。 彼の目的は、彼らが好きなことを説くのではなく、彼らが必要とするもの、つまり義の説教者の真のモデルを説くことでした。 –家から家へ。 彼は単に公共の集会で談話を行うことに満足していなかった、 他の手段を省きます しかし、彼の偉大な仕事を熱心に家から家へと追求し、文字通り天国の真理をエペソ人の炉と心に持ち帰った.—ユダヤ人にもギリシャ人にも。 同じ教義が本質的に一方が他方と同じように必要でした。 彼らの罪は異なる形をとるかもしれませんが、キャラクターの内部の浄化と精神化は、形式主義者と偏見の場合でも、官能主義者と偶像崇拝者の場合でも、同じ天の機関によって行われることになりました。 —神への悔い改め。 一部の批評家は、これを偶像崇拝から一人の神への信仰と崇拝に転向するという異邦人の独特の義務と見なしています。 しかし、悔い改めはそのすべての根拠、そしてそれ以上を覆い、誤ったユダヤ人と異教徒にとって不可欠であるように思われるでしょう。 すべての人が罪を犯し、神の栄光に満たないからです。 —私たちの主への信仰、&c。 だから信仰の; 彼の立法者と預言者が千年の間予測していたメシアを信じることは一貫したユダヤ人の一部でした–彼の息子における神のより近くて優しい啓示を歓迎すること。 それでも、異端者はまた、偶像崇拝の汚染された神社から至高の崇拝に変わるだけでなく、世界の救い主に近づくことも要求されました。 使徒の説教の荘厳な単純さ、そして彼が福音の主要な教義と義務に投げかけた全体的な強調は、見過ごされてはなりません。

繰り返しますが、解説のこの部分に基づいて、アビエル・アボット・リバモアがこれを「ドア・ツー・ドア」を意味すると理解したという結論を引き出すことは不可能であることが明らかになります。 Acts 2:46および5:42で彼のコメントを調べると、「家から家」への彼の理解がより明確になります。 Acts 2:46で彼は次のように述べています。

「私たちは、この節と次の節で、初期の教会の美しさと精神的な活力の継続的な写真を持っています。 事実またはフィクションの著者は、キリスト教の伝道者よりも幸せなコミュニティの興味深い歴史を提示しました。それは、すべての人が正しい意味で、自分自身に加わりたいと願うコミュニティ、または愛のすべての要素、平和と進歩は、より徹底的に組み合わされています2社会、国家、人類は、最終的に、この長い亡くなった時代の絶妙な約束を果たし、古い絵画を新しい人生の現実に戻すことはできませんか? キリスト教文明の最高の形はまだ現れていませんが、夜明けは東から壊れています。 —神殿で毎日一致して続けます。 彼らはおそらく朝の9時と午後の3時の通常の祈りの時間に寺院の礼拝に参加したでしょう。 行為iii。 1。 彼らはまだユダヤ人のくびきから自由に動いておらず、新しい信仰の採用と同化に対する古い信仰への忠誠心を正しく保持していた。 自然主義者が言うには、新しい芽がその下で膨張し始めるまで、古い葉は地面に落ちません。 —家から家へパンを壊します。 または、神殿での運動とは対照的に、「自宅で」。 ここでは、ver。と同じ機会を参照します。 42。 再ペーストの性格は、宗教的記念と結びついた社会的娯楽の性格でした。 行為xx。 7。 アガパエ、つまり愛の宴は、かつて犠牲に生きていた貧しい人々を養う必要性から生じたと言われています。 しかし、彼らは回心後、この支援の源からの信仰によって断絶されました。 —彼らの肉。 「食べ物」の古い英語。動物であれ野菜であれ。 —喜んで。 このフレーズでは、恵まれた恵みに対する貧しい人々の喜びを見分ける人もいます。 —心の単一性。 そして、これらの言葉には、彼らの慈悲に富む人々の誇りと誇示からの単純さと自由が見られます。 しかし、表現はクラスに限定されるのではなく一般的であり、動機の純粋さと、新しい協会に浸透する喜びの弾力的な精神を一度に説明します。 ここに、真に受けて従った真の宗教がその主題に与えた影響の説明があります。」

 Acts 2:46は信者の家でのみ意味があります。 これは、自宅でのスタディおよびリファレンス聖書の翻訳でもサポートされています。 Acts 5:41-42のコメントに移ると、次のことがわかります。

「評議会。 見たところ、サンヘドリンらがその場で呼びかけた。 —彼らが価値があると見なされたことを喜ぶ&c。 彼らは最も無知に扱われていましたが、それは恥ずべきことではなく、名誉であると説明しました。 彼らは彼らの前の彼らの主人と同じような苦しみの参加者だったからです。 フィル。 iii。 10; 大佐i。 24; 1ペット。 iv。 13. —すべての家で。 または、「家から家へ」というのは、ギリシャ語のイディオムです。 彼らの勇気を弱める代わりに、彼らの裁判は真実の拡散に新たな熱意を巻き込んだ。 男性に従う代わりに、彼らは神に従うことへの新しい忠実さと関心を持って自分自身を取りました。 —教え、説教します。 XNUMXつはおそらく公務員に言及し、もうXNUMXつは私的な指示に言及しています。 XNUMXつは神殿で行ったこと、もうXNUMXつは家から家へと行ったことです。—イエス・キリスト、つまり最高の翻訳者によれば、彼らはイエス・キリスト、またはイエスはキリスト、またはメシアであると説教しました。 このように、使徒たちの迫害のこの新しい記録を勝ち誇って閉じます。 ナレーション全体が真理と現実に照らされており、福音の神の起源と権威についての偏見のないすべての読者に深い印象を残さざるを得ません。」

興味深いことに、彼は「家から家へ」という用語をイディオムと呼んでいます。 したがって、彼はこの用語を1世紀のクリスチャンに特有のものとして理解しています。 その後、彼は、彼らが公に教え、もう一方はプライベートに教え、説教していたと述べています。 ギリシャ語の説教の言葉は公の宣言を指すので、自然な結論はこれは公に行われたということであり、教えは非公開だったでしょう。 以下のStrongの辞書にある用語の意味をご覧ください。

g2784。 κηρύσσωkēryssō; 不確かな親和性; 布告者として、特に神聖な真実(福音書)として:—説教者(-er)、宣言、出版。

AV(61)–説教51、出版5、宣言2、説教+ g2258 2、説教者1;

  1. 布告者になる、布告者になる
    1. 布告者の態度を宣言する
    2. 常に形式、重力、そして耳を傾け、従わなければならない権威の提案とともに
  2. 公開すること、公然と宣言すること:行われたこと
  • バプテスマのヨハネ、イエス、使徒や他のクリスチャンの教師によってなされた、福音の公の宣言とそれに関連する事柄の使用…

JW神学では、説教活動という言葉を「家から家へ」のミニストリーに適用しています。 この研究では、「正しく処理された」ものを見つけ、聖書研究プログラムを提供することを理解しています。 これは明らかにリバモアの理解ではありません。

解釈は、公共の場で宣言することであり、興味がある人のために、彼らの家での研究プログラムです。 この理解は、JW神学がこの用語に適用されるという「戸別訪問」の理解を即座に無効にします。 すべてのことを考慮した場合、会衆の指導のために個人の家で会う可能性が高くなります。 もう一度別の学者の研究を深く分析すると、JW神学的結論は受け入れられなくなります。

 結論

5つの参考資料すべてを検討した結果、次の結論を導き出すことができます。

  1. すべての場合において、参照元と関連する学者は、「家から家へ」のJW神学に明らかに同意していません。
  2. 実際、3つの詩すべて、行為2:46、5:42、および20:20に対するコメントを考慮すると、それは家庭での信者の集会を指すという見方です。
  3. WTBTSの出版物は、これらの情報源からの引用において非常に選択的です。 これらの情報源は、WTBTSによって、法廷での「専門家の証言」と同等であると見なされています。 それは読者に彼らがJW神学を支持しているという印象を与えます。 したがって、読者はこれらの参考資料の著者の考えに惑わされます。 いずれの場合も、「専門家の証言」は実際には「家から家へ」のJWの解釈を損なうものです。
  4. ロバートソン博士の研究には、研究が非常に貧弱であったか、読者を欺く意図的な試みであったという問題があります。
  5. これらはすべて、著者が特定の教義を支持するために必死である、アイスジーシスの特徴を持っています。
  6. 別の興味深い観察:これらの学者(専門家の証言)はすべて、キリスト教世界の一部であるとJWによって見られているという事実。 JW神学は、彼らが背教者であり、サタンの入札を行うことを教えています。 これは、JWがサタンに従う人々を指していることを意味します。 それはJWの神学におけるもう一つの矛盾であり、それは別の研究を必要とします。

さらに重要な証拠の1つがあります。 これは聖書の本です 使徒の働き。 これは初期の信仰の最初の記録であり、本の焦点は、キリスト教運動の発祥の地であるエルサレムから当時の最も重要な都市であるローマまでの「イエスについての良いたより」の30年の旅です。 。 Actsのアカウントが「家から家へ」の解釈をサポートしているかどうかを確認する必要があります。 これはパート3で検討されます。

こちらをクリックしてください。 このシリーズのパート3をご覧ください。

________________________________

[I] フレデリック・ウィリアム・ダンカー (12年1920月2日– 2012年XNUMX月XNUMX日)は、著名な新約聖書学者であり、著名でした コイネーギリシャ語 辞書編集者 二世代のために F.ウィルバーギンリッチ の編集者として バウアーレキシコン 1957から1979の第2版の発行まで、1979から3rd版の発行までの唯一の編集者として、最新の奨学金の結果で更新し、それを SGML 電子形式で簡単に公開できるようにし、レキシコンとタイポグラフィの使いやすさを大幅に改善します。

[II] serial連続して見た場所の分布的使用w。 acc。、 x x x (Arrian。、Anab。4、21、10κ。σκηνήν=テントごとのテント)または xからxまで: κατʼοἶκον 家から家へ (PLond III、904、20 p。125 [104 ad]ἡκατʼοἰκίανἀπογραφή) Ac 2:46b; 5:42 (両方とも、さまざまな家の集会または会衆を参照。w。NRSVが「自宅」である可能性が低い)。 cp。 20:20。 いいね pl。 κ。 τοὺςοἴκουςεἰσπορευόμενος 8:3。 κ。 τὰςσυναγωγάς 22:19。 κ。 πόλιν(Jos。、Ant。6、73) 都市から都市へ IRo 9:3、しかし すべての(単一の)都市で Ac 15:21; 20:23; シジュウカラ1:5。 また、κ。 πόλινπᾶσαν(cp。Herodian 1、14、9) Ac 15:36; κ。 πᾶσανπόλιν 20:23 D.κ。 πόλινκαὶκώμην Lk 8:1; cp。 対 4.

[III] Balz、HR、&Schneider、G。(1990–)。 新約聖書の辞書 (Vol。2、p。253)。 グランドラピッズ、ミシガン州:Eerdmans。

[IV] Balz、HR、&Schneider、G。(1990–)。 新約聖書の辞書 (Vol。2、p。253)。 グランドラピッズ、ミシガン州:Eerdmans。

[V] RCH Lenski (1864–1936)は、著名なルーテル派の学者であり解説者でした。 彼はオハイオ州コロンバスのルーテル神学校で学び、名誉神学博士を取得すると神学校の学部長になりました。 彼はまた、オハイオ州コロンバスのキャピタルセミナリー(現在のトリニティルーテルセミナリー)で教授を務め、そこで聖書釈義、教義学、説教学を教えました。 彼の多数の本と解説は、保守的なルター派の観点から書かれています。 Lenskiが作成 新約聖書に関するLenskiの解説、新約聖書のリテラル翻訳を提供する解説の12ボリュームシリーズ。

[VI] ロバートソン博士 バージニア州チャタム近郊のチャーベリーで生まれました。 彼はで教育を受けました ウェイクフォレスト(NC)カレッジ (1885)および南部バプテスト神学校(SBTS)で、 ルイビル、ケンタッキー州 (Th。 M.、1888)、彼はその後インストラクターであり、 教授 新約聖書の解釈の、そして1934年のある日までそのポストに残った。

[VII] Rev Abiel Abbot Livermore 聖職者であり、1811で生まれ、1892で亡くなりました。 彼は新約聖書について解説を書きました。

 

エレザー

20年以上のJW。 最近長老を辞任した。 神の言葉だけが真理であり、私たちがもはや真理の中にいることを使うことはできません。 エルアザルは「神が助けてくださった」という意味で、感謝の気持ちでいっぱいです。
    9
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x