1世紀のユダヤ人の信念

以前の記事で、私たちは、詩人、ソロモン、預言者たちが何を(1)家父長とモーセ(2)が「未来への人類の希望。 どこに行くの?」

次に、1の信念を調べます。st 世紀のユダヤ人。

1の信念st 世紀のユダヤ人

マタイの6には、イエスが義の実践と祈りについて話していたという記述があります。 Matthew 6:9-10には、模範的な祈り、主の祈り、そして私たちの父の祈りと呼ばれる箇所があります。 イエスは次の提案をされました。

「そうすれば、あなたはこのように祈らなければなりません。 『天にいる私たちの父よ、あなたの名前を聖別してください。 あなたの王国をやってみましょう。 天国のようにあなたの意志を起こさせてください、 地上にも. 

この模範的な祈りの中で、イエスは宣教の早い時期に、神の御心が天で起こっていたと述べられました。 祈りは王国が来ることでした。 どこからどこへ? ギリシャ語 'エルチョマイ「来て」と訳されているのは、到着する人のように「ある場所から別の場所に来る」という意味です。 イエスはこの地上にいて、王国のために祈るように教えてくれたので、リスナーは、王国がここにあり、彼の追随者たちが祈っていることを理解するでしょう。 それはまた、天にあるように、神の御心が地上でなされることでした。

将来のある時点で、天の霊の生き物として死ぬまで生き返る人がいるという神の御心なら、イエスが「あなたの王国が来ます」または開始 天国で 「あなたの王国が来る」? 彼はまた、「あなたの意志は天国で起こります」 起こるよりも 「地球上にも」.

王国が来るのは神の御心です。 彼の意志はすでに天で行われ実行されていますが、地上では実行されていません。 他の経典から学ぶように、王国は正義の規則を地球にもたらすので、これは彼の意志がこの地上でも同様に行われることを保証するでしょう。

また、霊感を受けた経典の執筆のこの時点まで、一部またはすべての忠実な人間が天国に行くことは神の御心の一部であるという神の言葉にはそのような声明は記録されていないことに留意する必要があります。

イエスが地上にいた時から、天国で神の御心はどのようにされたのでしょうか? 特にサタンは天国から追い出されていないのですか? 聖書は、サタンが天国にいることがもはや許されなくなったとき、ヨハネの黙示録12:7-9で述べられている指定された時間まで、サタンが天国へのアクセスを許可されたことを示しています(ジョブ1:7ジョブ2:2)。 Revelation 12のイベントが正確にいつ発生するかは明確ではありません。 1で既に行われている可能性がありますst 世紀またはそれはまだ未来かもしれません。 いずれにせよ、それは神の御心が天で行われているという私たちの理解に影響しません。

  • 結論:祈りの焦点は、すでに天で行われている神の意志の適用にあり、今では人類に利益をもたらすために地球に適用されています。 弟子たちとイエスの聴衆がよく知っていたであろう以前の聖文の文脈では(特に出エジプト記19のコメントを参照)、弟子たちが地球上の神の王国を探して生活しているのは驚くことではありません当時のイスラエル。 イエスはここで、この認識を変えるようなことは何も述べていません。

太古から、あるいは一世紀以降に、義人にとって天の命を教える上で問題を引き起こす非常に興味深い聖句を調べてみましょう。 これは、ルーク13:23,28-30にあるパッセージです。 救われている人々の数について疑問が生じました。 私たちは読んだ:

23 今、ある人が彼に言いました:「主よ、救われている人は少ないですか?」28[YOUR]のしだれと[YOUR]の歯のかじりがどこにあるか、 アブラハム、イサク、ヤコブ、そして神の国のすべての預言者を見るとき、しかしあなた自身は外に投げ出された。 さらに、人々は東部と西部、そして南北から来て、テーブルに寄りかかります 神の王国で。 そして、見て! 最初になる最後の人もいれば、最後になる最初の人もいます。」

イエスは弟子たちに「彼らは多くの人が…入り込もうとしますができませんので、狭いドアを通って入るために精力的に努力してください」。 (ルーク13:24)。 彼はまた、ドアをノックした多くの人を拒否しました。 「不義の労働者」。 (ルーク13:27b)。 神の国は、28節の彼の声明に従ってイエスに耳を傾けたユダヤ人だけのものではありませんでした。 どうして? それは、アブラハムとイサクとヤコブとすべての[真の]預言者も多くの非ユダヤ人とともにそこにいたからです。[I] (“東部、西部、北および南の人々」)リクライニング“テーブルで in 神の王国'[下ではない 神の王国]。 ここでの明確な意味は、神の王国が 地球上で [復活したアブラハム、イサク、ヤコブとともに]、天国ではなく いいえ 言及。

Matthew 8:10-12には、イエスがカペナウムの陸軍士官(非ユダヤ人)を扱っているパラレルアカウントがあります。 そこで彼は言います: 「私はあなたに真実を伝えます、イスラエルの誰も私がそれほど偉大な信仰を見つけたことがありません。 しかし、私はあなたに東部と西部から多くが来て、天国でアブラハムとイサクとヤコブとテーブルに横たわることを伝えます; 一方、王国の息子たちは外の闇に投げ込まれます。 泣くところと歯をかじるところがあります。」

ギリシャ語の "に" is 'en '[Strongのギリシャ語1722]「内」、「内」を意味します。 当初はユダヤ人であった王国の息子たちは、メシアを拒否する彼らの行動のために、彼ら自身が神によって拒否されるでしょう。 忠実な家長のようなユダヤ人だけが in 多くの非ユダヤ人とともに天国。 王国の持ち物です に( 'の') 天上、 Studio上ではサポートされていません。 王国 in 天上。 それは地上の起源ではなく、天の起源の王国です。

これが理解された最初の世紀の弟子であったことは、ルーク19:11-27に記録されたアカウントによって確認されています。 そこで読んだ:

11彼らがこれらのことを聞いている間、彼はエルサレムの近くにいて、彼らは 神の王国はすぐに現れようとしていた. 12 それで彼は言った:「高貴な出生の人は自分のために王の力を確保するために遠くの土地に旅した そして戻る. 13 10人の奴隷を呼び出して、彼は彼らに10人のミナを与え、「私が来るまでこれらと取引をする」と言った。 14 しかし、彼の市民は彼を憎み、「この人が私たちの王になることを望まない」と言うために彼の後に大使を送りました。 15 「王様の権力を確保した後、彼が最終的に戻ったとき、彼はお金を与えた奴隷を召喚し、彼らが彼らのビジネス活動によって得たものを確かめました。 16 それで最初の人が前に出て言った、「主よ、あなたのミナは10個のミナを得ました」。 17 彼は彼に言った、「よくやった、いい奴隷! 非常に小さな問題で、あなたは自分が忠実であることを証明したので、10の都市に対する権威を握ってください。」 18 さて、2番目が来て、「主よ、あなたのミエナは5個のミエナを作りました」と言った。 19 彼もこれに言った、「あなたも5つの都市を担当している」。 20 しかし、別の人が来て、「主よ、ここに私が布に隠しておいたあなたのミナです。 21 ほら、私はあなたを恐れていました。なぜならあなたは厳しい男だからです。 預けなかったものを取り、種まきしなかったものを刈り取る。」 22 彼は彼に言った。 あなたは、私が厳しい人であり、私が預けなかったものを取り、私がsoかないものを刈り取っていることを知っていましたか? 23 では、なぜ私のお金を銀行に入れなかったのですか? それから私が来たら、私は興味を持ってそれを集めていたでしょう。」 24 「それで彼はそばにいる人たちに言った、「彼からミエナを取り、10個のミエナを持っている人にそれを与えなさい」。 25 しかし、彼らは彼に言った、「主よ、彼には十人の女がいます」。 26 「私はあなたに言います、持っている人にはもっと与えられますが、持っていない人からは、彼が持っているものさえも奪われます。 27 さらに、私が彼らの王になることを望まなかった私の敵をここに連れてきて、私の目の前で彼らを処刑します。」

ここで、弟子たちは、神の国がこの地上に現れると信じていたことは明らかです。 いつ? イエスは、ダビデの王座の法的権利を持つ人であり、それゆえにその王国の王に指名されたので、イエスは地上にいました。 それからイエスは彼らに何が起こるかを説明するたとえを彼らに与えました。

  1. 高貴な出生の人[イエス自身]は去ります[死に、天に昇ります]。 (ルーク19:12)、(ルーク18:31-33)。
  2. 彼(イエス)は(彼の身代金の犠牲を提示した後、エホバから)王権を確保します。 (ルーク19:15)、(マシュー28:18)。
  3. 彼[イエス]は[地球に]戻ってきます。 (ルーク19:15)、(1テサロニアン4:16)。
  4. 彼の[イエス]帰還[彼の来る]で、彼は地球上の人々の経理[判決]と呼ぶでしょう。 (ルーク19:15)、(マシュー25:19、31-33)。
  5. ここで、彼(イエス)は自分の奴隷の行動(キリスト教信者)を調べ、忠実な[キリスト教徒]は(王や司祭として)都市に対する責任を持つ彼らの才能に従って、より多くの責任を与えられます。 (ルーク16:19-23)、(マシュー25:20-31)。
  6. 彼(イエス)はそれから彼を拒否した邪悪な者が破壊されるように手配します。 [収穫、ハルマゲドン]。 (ルーク19:27)、(マシュー25:41-46)。

イエスは、神の国が地上に現れるという弟子の信念を正しなかったことに注意してください。 代わりに、彼はそのイベントのタイミングを修正しました。 タイミングは、彼が地球上で生きていた間、近い将来ではなく、彼の帰還時に将来になるということでした。

1世紀に地上でイエスが行った最後の復活の間に起こった出来事は、ユダヤ人だけでなく、イエスの弟子たちの信念を理解するためにも重要です。

ラザロの復活の信仰を築く出来事は、ジョン11:23-25に記録されています。 イエスが、ラザロの姉妹であるマルタに死んだラザロについて話していたときに、私たちはその説明を取り上げます。

 「イエスは彼女に言った:「あなたの兄弟 起こるだろうマーサは彼に言った。 彼は最終日に復活しますイエスは彼女に言った:「私は復活と命です。 彼が死んだとしても、私に信仰を行使する彼は、 生き返るでしょう。 

 これから、マーサが他の1と共通であることを学びますst 世紀のユダヤ人は、将来の復活を信じていました。最後の日に"、 地球へ。

イエスはこの見方を変えたり修正したりすることはしませんでした。 復活した人々のために2つの目的地があったことを明確にするのは理想的な機会だっただろうが、彼はそうしなかった。

さらに、ラザロが復活したとき、彼が天から地球に連れ戻されたことについて不平を言ったり言及したという記録はありません。 これは、天国への復活がその時に起こっていなかったという理解に重みを加えるでしょう。

  • に使用されるギリシャ語 "起こるだろう  横たわっている状態から立ち上がって立ち上がることを意味します。 に関連しています 「復活」 それは身体の身体的な復活に言及して再び立ち上がることです。

イエスの死と復活の後、彼は弟子たちに現れました。 彼らは今、別の見方をしていましたか? 何が起こったかに注意してください。 Acts 1:6-7は次のことを示しています。

「今、彼らが集まったとき、彼らは彼に尋ねました:「主よ、あなたは王国を回復していますか? イスラエルへ 現時点では?" 彼は彼らに言いました:「父が自分の管轄に置いた時間や季節の知識を得るのはあなたのものではありません。」

イエスが死んだ後でも、弟子たちは神の国/天国が天にあるのか、地上にあるのかを理解していましたか? 彼らの質問から、彼らは天の起源または源、すなわち人間ではなく神からイスラエルの上/上に地上の神の国を期待していました。 イエスの死の前に、彼らは彼の右側と左側を支配したかったのです。 イエスはこの質問にどのように対処しましたか?

  • イエスは彼らを修正しましたか where 神の王国はどうでしょうか? 番号。
  • しかし、彼は した 修正する いつ そのルールは次のようになります。 7節で彼はこう言った。それはあなたのものではありません」いつ知っていますか。 これから得られる論理的な意味は、
    1. 彼らはどこについても正しいので、修正する必要はありませんでした
    2. これは後で修正されます。
    3. 後で修正された場合は、それがあったときにどの経典が表示されるかを自分で尋ねる必要があります はっきりと 修正しました。
    4. 後で修正された場合、どの権限で修正されましたか?

使徒パウロがローマ総督フェリックスの前で自分を擁護していたとき、私たちは数年前に進みました。 ポールは知事から彼に寄せられた質問に答え、彼に言いました:

「そして、私はこれらの男性も楽しみにしている神への希望を持っています。 義人と不義人の両方の復活に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」  (Acts 24:15)

 私たちが見ることができるように、使徒パウロは、彼と彼の告発者(パリサイ人)の両方が(場所が暗示されるように)地球に共通の復活の希望を持っていたとコメントしました。 パリサイ人は天国ではなく地球への復活を信じていなかったので、特にパリサイ人だったので、使徒パウロもそうであると結論づけることは論理的です。 サドカイ人とパリサイ人との間で以前にサンヘドリンで起こった論争は、復活が起こるかどうかではなく、復活があるかどうかに関するものでした。 (行為23:6-8)。

結論

結論として、1st センチュリーユダヤ人は、最後の[判決]日に地上の生命に復活が起こると信じていました。 霊の生き物としての天国への復活という概念はありませんでした。 イエスと使徒パウロ(元パリサイ人)は、これらの一般的な信念に同意して説教しました。 当時のユダヤ人は明らかに、代替目的地の概念や理解を持っていませんでした。

これまでに検討しました:

  • 総主教とモーセの信念と著作。
  • 詩sal、ソロモン、預言者の信念と著作。
  • 1の信念st 世紀のユダヤ人。

これまでのところ、これらすべての試験は、イスラエル人/ユダヤ人が永遠の命を信じていたことを示しています。 また、この永遠の命は地上の生命に復活するが、天の生命の希望のヒントではないということです。 イエスはこの信念に対する例外や変化を教えましたか?

これは、シリーズの4番目の記事で検討する内容です。 神の子イエス・キリストは何を教え信じましたか?

重要なご要望:コメント(大歓迎です)は、この記事で取り上げられている聖書の本と期間に限定してください。 聖書全体がセクションでカバーされるので、後の聖書の執筆者と期間は後の記事でカバーされ、それらのセクションに関連するコメントをするのに最適な場所になります。

[I] ジョン10:16:ユダヤ人と話すイエスは言った:“そして、私は他の羊を持っています。 それらも私が持って来なければなりません、そして彼らは私の声に耳を傾けます (1の大半st 世紀のユダヤ人はそうではなかった) 彼らは1つの群れ、1つの羊飼いになります。」 彼が言うように、イエスは明らかに羊飼いでした他の羊がいます'。 彼と使徒たちはユダヤ人にのみ説教しました。 マシュー15:24でイエスはこう言われました私はイスラエルの家の失われた羊以外に送られませんでした」( 'この折り目)。 しかし、救世主としてのイエスの拒絶とともに(ダニエル9:26、27そして、62週間後、メシアは彼自身のために何もせずに切断されます。 ..そして彼はしなければならない 1週間、多くの人に対して契約を有効にします。 そして、週の半分に、彼は犠牲と贈り物の提供をやめるでしょう」)招待は延長されることになっていた (「私も持っていかなければならない」)。 招待状の延長は、36 CEの異邦人への神の王国の開放と、ペトロが言った行為10:28に記録されたコルネリウスの洗礼で起こりました。 「ユダヤ人が他の人種の男性に参加したり、近づいたりすることは違法であることがよくわかります。 それでも神は私に汚された人や汚れた人を呼んではならないことを示されました。 天使が行為10:31でコーネリアスに語った 「コルネリウス、あなたの祈りは好意的に聞かれ、あなたの慈悲の賜物は神の前に記憶されていました。」 付録を見てください: 他の羊は誰ですか?

タドゥア

Taduaによる記事。
    14
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x