神の子イエス・キリストの教えと信仰

以前の記事では、

(1)総主教とモーセ、
(2)詩sal、ソロモン、預言者、
(3)1st 世紀のユダヤ人、

「人類の未来への希望、それはどこにあるのか?」という質問を信じていました。

次に、神の子イエス・キリストが地上で信じ、教えた事柄に関する重要な主題を調べます。

イエスの教え

最初に調べる領域は、山上の説教から取られています。 Matthew 5:20でアカウントを取得します。 ここでイエスは聞いていた弟子たちにこう言われました。

あなたの義が律法学者やパリサイ人の義よりも多くなければ、あなたは決して天の王国に入ることはない、と私はあなたに言います。 [(5)– ouranon、sky(s)][I] 

この声明の背景は何でしたか? イエスは、天国に入ろうとするなら、弟子たちがファリサイ派の人々よりも義にかなった業を実践しなければならないことを明らかにしています。 しかし、彼はその王国の場所について言及していません。 むしろ、彼はそれを次のように説明しています "王国 of 天上" と区別するために 「世界の王国」.

たとえば、「ローマ王国」というフレーズは、その物理的な場所を具体的に指すものではありません。 代わりに、それはその権力と支配(支配の領域)とその権威がどこから来るのかを指します。 一方、イエスは「王国」と言ったのでしょうか in 天国だとしたら、どこにいても、彼が物理的な場所について話していたと論理的に推測するかもしれません。

彼のリスナーは、彼が場所、または権威と権力の源について話していると思ったでしょうか?

後に彼の説教で、イエスはこう言われました:

「隣人を愛し、敵を憎むべきだ」と言われたと聞いた。 しかし、私はあなたに言います:あなたの敵を愛し続け、あなたを迫害する人々のために祈り続けてください。 そのあなた 天にいるあなたの父の息子であることが証明されるかもしれません[(1)– ouranois[II]、神の臨在]…」(マタイ5:44-45)

ここで、イエスは弟子たちを教えていましたが、まだ十二使徒を任命していませんでした。 したがって、用語 「弟子」 彼のすべてのフォロワーを指します。 したがって、イエスが山上の説教で以前に言われたとき、 「幸福なのは「神の子」と呼ばれるからです。」マシュー5:9)とここ 「あなたの父親の息子であることを証明する」 彼は彼らになり得るすべてを見せていた 「神の子」。 アダムはもともと神の完全な息子を創造したが、神の不完全な息子になったことを覚えています。

イエスが私たちがもう一度神の息子になれるかどうかに影響を与えたと言ったことは何でしたか? それはすべて、私たちが他人をどのように扱うか(とりわけ平和的であることによる)と、キリストのいの規定に信仰を置くかどうかにかかっています。 平和でイエス・キリストに信仰を置くことによって、他人をどのように扱い、人生を生きるかによって、クリスチャン自身を証明することができます(マシュー7:20-23、ガラテア人3:26)。 イエスは、彼の父が「天国で」 しかし、彼はここで彼の弟子たちが神の臨在の中で天国にいる必要があることを示しませんでした 「神の子」。 むしろ、この指定と地位は平和的かつ正義であることが必要であり、私たちの行動によって、私たちは(不完全な人間ができる限り)自由になる贈り物と特権に値することを示すことができました 「神の子」.

イエスは弟子たちに他にどんな報酬を約束しましたか? ルーク6:22-23は彼を次のように記録します:

人があなたを憎み、あなたを排除し、あなたを非難し、人の子のために邪悪なあなたの名前を捨てるときはいつでもあなたは幸せです。  その日を喜ぶと、飛躍、見て、! サプライヤ 報いる で素晴らしいです 天国, [(2)オウラノ、–精神の領域、宇宙][III] それらは彼らの先祖が預言者たちにしたことと同じことだからです。」

イエスが言及していることはもっと理にかなっています source 地球とは対照的に、天から来る報酬の[精神の領域]、したがってそれは保証されました。 それは彼の身代金の犠牲のためにのみ可能だろう。 さらに、それはイエス・キリストを通して、もちろん天国にいるエホバ神によって与えられます。 周囲の聖句の全体的な文脈は、男性が引き起こす問題について心配しないことについて話している。なぜなら、彼らは私たちに報いるつもりはないからである。その報いの源は地上にある。 むしろ、エホバとイエスが報酬の源となるでしょう。

これは、イエスが天国で宝を自分たちのために蓄えることを議論したマシュー6:19-23を思い出させます。 [(2)オウラノ、–精神の領域、宇宙] 地上ではなく。 彼は明らかに天国に文字通りの宝を蓄えることではなく、むしろ天からの大きな報いをエホバが与えてくださる十分な理由について語っていました。

ここで、Luke 20:34-38を見てみましょう。これについての理解は、他の理由で議論の余地があります。 ただし、これらを別にすると、次のことがわかります。

イエスは彼らに、「この事物の体制の子供たちは結婚して結婚しているが、その事物の体制と死からの復活を得るにふさわしいとみなされている人たちは結婚も結婚もしていない」と言われました。 実際、彼らは天使のようであるため、もう死ぬことはできません。彼らは復活の子供であるため、神の子供です。 しかし、死者は 上げる モーセでさえ、とげのあることについての記述で、エホバを「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」と呼んだとき、明らかにしました。 彼は死者の神ではなく、生者の神です。

これから多くのポイントを集めることができます。 第一に、イエスは、エホバがアブラハム、イサク、ヤコブを彼に住んでいると見たと述べています。 したがって、これらは推論によって再び生きます。 さらに、復活した人々は 「復活の子供であることによる神の子供」。 罪のないアダムとエバがそうであったように、私たちは完全な存在としてのみ、真に神の息子または子供になれます。

イエスは、7人の夫のうち、誰が女性が復活に属するかというファリサイ派の質問について話し合っていました。 パリサイ人とその他の1st 世紀のユダヤ人は、最後の日に地球への復活を信じていました。 確かに、彼らも私たちも、イエスが語られていた神の人間の子供たちの復活の本質について正確な知識を持っていません。 これらのものが天使のようであるという言及は、天使の精神的な性質ではなく、彼らの永遠の命を指すことができます。 イエスは彼らが死なない天使のようになると言っていますが、彼の箇所には十分な曖昧さがあり、これだけに基づいて独断的になることはできません。

神の子供たちが復活の中でどのような状態になろうと、私たちは彼らが完璧であると確信することができます。

33 CEの過ぎ越しの食事で、イエスは次のことを行い、彼の使徒たちと話すときに興味深い声明を述べました。

「そして、カップを受け入れて、彼は感謝し、こう言った。これを持って、あなた自身の中で一方から他方へそれを渡しなさい。 言っておきますが、これからは、神の国が到来するまで、ぶどうの産物から二度と飲みません。」(ルーク22:17-18)。 (並列アカウントMatthew 26:29およびMark 14:25も参照してください。)

弟子たちはこの声明を文字通り受けとったでしょう。 イエスが選択した場合、実体化された霊イエスは文字通り飲んで食べることができますか? はい、ルーク24:42、43を参照してください。彼は、復活後、天国への昇天前に、目の前で焼いた魚を食べました。 したがって、私たちはこの聖句を文字通り言う以外のものを意味する合理的な根拠はありません。 これはまた、暗示によって、これが預言どおりに行われるために、王であり司祭である弟子たちも地上にいることを意味します。

また、フレーズ「神の国が到来するまで[来る] 地球上の彼らが飲んでいた場所に到着する神の国として理解されなければなりません。 他のことを意味するなら、イエスは「神の国が支配し始めるまで」または別の場所を許す同様の言葉遣いを言ったでしょう。 (Luke 14:15も参照してください)

次に、拷問のステークでのイエスと悪行者との会話の話から学べることを見てみましょう。 Luke 23:43に記録されています:

"そして彼 [イエス] 彼に言った [悪人]: 「本当に今日お話しします、あなたは楽園で私と一緒にいます」

悪行者は、地上に天国(エデンの庭)があることを知っていました。 さらに、もしイエスが天国を意味したのなら、なぜ彼は天国と言わなかったのですか? したがって、この聖句を解釈せずに、そのまま読んで理解することは理にかなっています。 これは、復活した悪行者が彼と一緒にいることができる将来、イエスが地上にいることを意味します。

悪行者はたった今尋ねました、 「イエスよ、あなたが王国に入ったとき、私を思い出してください」 彼はイエスの隣にそこに掛けたように。 彼はイエスの王国が天国にいるという概念を持っていなかっただろう。 しかし、彼はヘブライ語の言葉を知っていたでしょう パーデス 「公園」を意味します。 パラダイスはギリシャ語に相当する単語に与えられた英語の単語です paradeiso、 同じ意味のペルシャ語から派生した「公園」、「庭」または「囲い」も意味します。 イエスは信仰のために、その人を楽しませて、楽園のイエスの王国にいることを確信させて、この人を慰めました。

イエスの宣教の始まりの近くで、彼はニコデモと神の王国について興味深い会話をしました。 会話は、使徒ヨハネによってヨハネ3:3、5、9-18に記録されました。

「答えてイエスは彼に言った [ニコデモ] 「ほんとうに私はあなたに言います。誰かが新たに生まれない限り、彼は神の国を見ることはできません。」

「イエスは答えました。「私はほとんど本当にあなたに言います。水と霊から生まれた人がいない限り、彼は神の国に入ることはできません。」

「答えて、ニコデムスは彼に言った:「これらのことはどうして起こるのでしょうか?」イエスは答えて彼に言いました。 本当に私はあなたに言います、私たちが話すことを知っていること、私たちが証言しているのを見たことがありますが、あなたの人々は私たちが与える証言を受け取りません。 私があなたに地上の事を言ったが、あなたが信じないなら、私があなたに天国の事を言うならば、あなたはどのように信じますか? さらに、天に昇った人は一人もいませんが、天から降りた人、人の子です。 そして、モーセが荒野で蛇を持ち上げたように、人の子も持ち上げなければなりません。彼を信じるすべての人が永遠の命を持つことができるように。 「神は世界を非常に愛していたので、彼は独り子を与えました。 彼への信仰を行使する誰もが破壊されることはないかもしれないが、永遠の命を持つ。 神が世界を裁くためではなく、彼を通して世界を救われるために、神は彼の息子を世界に送り出しました。 信仰を行使する者は裁かれるべきではありません。 信仰を行使しない者は、神の独り子の名において信仰を行使していないため、すでに裁かれています。」

イエスは、ここでニコデモに神の国と、神の国を見たいと思った場合に新たに生まれる必要性について話していました。 イエスは、死ぬ前に天に昇った人間はいなかったことを確認し続けています。 彼は天国に昇ると述べた。 言うまでもなく、彼はニコデモと彼の弟子たちに、彼の昇天後、人間が彼に続いて天国に行くことを知らせる機会を利用しませんでした。

イエスが弟子たちに語ったことは、永遠の命の希望でした。 文字通り:生涯続く]彼のリスナーは、デフォルトで、地球上にあると理解していたでしょう。 彼らが彼に信頼を置くならば、この希望は彼のリスナーに差し出されました。 彼に信仰を置くことの一部は、水から生まれ変わる[生まれ変わる]ステップです[水で洗礼を受け、=罪の赦しを求め、清い良心、きれいなスタートを求める]、そして生まれ変わる[生まれ変わる]精神[聖霊によってバプテスマを受けるか、油を注がれる]。 今後、彼の弟子たちは、この世の肉的な見方ではなく、人生に対する霊的な見方を持つようになるでしょう。 (John 3:6を参照してください“肉から生まれたのは肉であり、霊から生まれたのは霊です。」)

また、この一節では、ジョン3:16で、イエスは言った 誰も 彼への信仰を行使することは永遠の命を持つでしょう。 彼のリスナーは、イエスが地上の未来について話していること、そして彼がメシアとして彼に信仰を置くすべての人を含んでいることを理解していたでしょう。 もう一度、 イエスがした Studio上ではサポートされていません。 別の希望があったことを明確にする機会を取る in 霊界の天国)

イエスはヨハネ5:28-29で将来の復活について語られましたが、ここにはさらにいくつかの手がかりがあります。 それは読みます:

「これに驚かないでください。記念の墓にいるすべての人が彼の声を聞き、 出てくる、良いことをした人 人生の復活、そして下劣なことを実践した人々 裁きの復活に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

言葉 "判断」(= ギリシャ語2920“ Krisis  )は、「裁判、選択、判断の分離」を意味します。 この言葉の使用は、一部の人が変化することを示しており、これらを変更する準備ができていない人から分離する必要があります。 したがって、これらの不義な人々にとっては、最終的には生命の復活にもなり得ると結論づけることは論理的です。 彼らは変わることを望まない人々から離れ、永遠の死である。

ギリシャ語の単語は「出てくる」には「出てくる、特定の通路を取る」という意味があります。

イエスはここで、それらの死者が復活するだろうと言っていました。Gr。 アナスタシス 文字通り:再び立ち上がる)将来的に。 以前引用された経典の文脈では、これは現実のものになります。 「良いことをした」人は生き返り、「悪いことをしたのは裁き」です。 また、イエスがラザロに命じてラザロに命じたのと同じように、彼らは記念墓の中にいる「外に出る」出て来い」 (ジョン11:43)。 (ギリシャ語の線形間翻訳も参照してください ジョン5:29.)

イエスはさらに、ジョン6:27、39-40、44、47、51、54、58に記録されている復活と永遠の命について議論しました。

「滅びる食物のためではなく、 永遠の命のために残る、人の子があなたに与えます」、

「これは私を送った彼の意志であり、彼が私に与えてくれたものすべてから何も失うべきではないが、 最終日に復活させる必要があります、 ために これは私の父の意志です 息子を見ると彼に信仰を行使する誰もが永遠の命を持つべきであり、私は最後の日に彼を復活させます。」、

 私を遣わした父が彼を引き寄せない限り、だれも私のところに来ることはできません。 そして 最終日に彼を復活させます。」

 本当に私はあなたに言います、 信じる者には永遠の命がある。"

「私は天から降りてきた生きたパンです。 誰でもこのパンを食べると、彼は永遠に生きます。"  54 食べさせる彼 私の肉と飲み物の上で私の血は永遠の命を持っている、そして私は最後の日に彼を復活させる;”[IV],

「このパンを食べている彼は 永遠に生きる"。

これらの聖文から、イエスに信仰を働かせることが、最終日に復活した人々の中にいるための前提条件であることがはっきりと分かる。 これは、メアリーとマーサがいつラザロを見るかについての信仰でした。

さらにイエスは最後の日に復活を約束された[3回][V] 永遠の命[7回][VI])ヨハネの福音書のこの聖句の中で、メシヤとして忠実であり、彼を信じている人々に。 しかし、彼は復活後に天国に行くことや天国に復活することについては何も言及しませんでした。 確かに、これはそうするのに理想的な時期だったでしょう。 結論は、他の情報がない場合でなければならず、彼の弟子と聞き手は、これが地球上の永遠の命への復活であると理解していました。

(11の信念の下にあるJohn 23:25-1を参照してくださいst 世紀のユダヤ人。 このテーマは福音書を通して何度も繰り返されます。 付録も参照してください[VII].)

イエスの教えを文字通りあまりにも受けた多くの弟子をつまずかせたこれらの出来事のすぐ後に、彼はパリサイ人が彼を逮捕しようとする試みについてコメントしていました。 John 7:33-34では、アカウントは次のようになります。

故に イエス様はこう言われました。  あなたは私を探しますが、あなたは私を見つけません 私はあなたがどこに来ることはできませんに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

ユダヤ人は、イエスがどこに行こうとしているのか疑問に思ってこの声明に戸惑っていました。 (ジョン7:35)。 イエスは弟子たちと群衆に話していました。 彼らは神を信じなかったので、ユダヤ人は理解しませんでした(「私を送ってくれた彼」)イエスを送った。 また、彼が死に至り、エホバ神に向かって天国に復活することを知らなかった(「私を送ってくれた彼に行く前に」)人類にいの犠牲を払い、聖書の預言を成就する。 イエスは、自分が復活したと信じたくないので、自分の体を探すことを知っていました(「あなたは私を探しますが、あなたは私を見つけられません」). しかし、天国への復活のため、彼らは彼を見つけることができません。

これは、彼らが彼を見つけるために物理的に天国に行くことができないという事実を強調しました。 彼らは復活が人間として地球に戻ってくることを理解していたので、明らかに彼らの死と復活を通してそうすることもできませんでした。 群衆の中でイエスに耳を傾けるすべての人が「選ばれた者」になる機会がありましたが、彼は彼ら全員が彼に従うことができないと示唆しています。 したがって、この箇所は、人間は天国に行けないことを示しています(「どこにいるの 削除されたデジタルマスターを復元することはできません 来て」)。 翻訳されたギリシャ語は「エルチョマイ」 これは、「ある場所から別の場所に来る[そしてまた行く]」ことを意味します。 これは、彼らが彼を送った神と共に、天から彼がいる場所に地球から行くことができなかったという理解を強化します。 John 8:21-23およびJohn 13:33-36も参照してください。

逮捕の数日前に、イエスは弟子たちに、彼が起こるとわかっていたこと、彼らの教師と主人の喪失に備えるようにと話しました。 ヨハネ13:33、36とヨハネ14:1-6、23、28-29で説明することができます。

"小さな子供たち。 もう少し長く付きます。 あなたは私を探します。 そして、私がユダヤ人に言ったように、「私はあなたが行くところに行くことはできません」と私は現在あなたにも言います。 あなたが互いに愛し合うという新しい戒めをあなたに与えています。 私があなたを愛したように、あなたもお互いを愛していることを。」、

「サイモン・ピーターは彼に言った:「主よ、あなたはどこへ行くのですか?」 イエスは、「私が行くところ、あなたは今私に従うことはできませんが、あなたはその後に従うでしょう」と答えました。 ピーターは彼に言った:「主よ、なぜ私は現在あなたについていけないのですか? 私はあなたに代わって私の魂を放棄します。」

「あなたの心を悩ませないでください。 神への信仰を行使し、私にも信仰を行使します。 父の家にはたくさんの 住む。 そうでなければ、あなたのための場所を準備するために自分の道を行くので、私はあなたに言っただろう。 また、私が道を進んであなたのための場所を準備すれば、私は再び来て、あなたを自分の家に迎えます。 そして、私が行くところにあなたは道を知っています。 トーマスは彼に言った:「主よ、私たちはあなたがどこへ行くのか分かりません。 イエスは彼に言った:「私は道であり、真理であり、命です。 私を介して以外、だれも父のところに来ません。」

「答えてイエスは彼に言った。「だれかがわたしを愛しているなら、彼はわたしの言葉を守り、わたしの父は彼を愛し、わたしたちは彼のところに来て、彼と一緒に住む。」 …、

8あなたは私があなたに言ったと聞いた、私は去り、あなたに戻ってくる。 あなたが私を愛しているなら、あなたは私が父に向かっていることを喜ぶでしょう、なぜなら父は私よりも偉大だからです。 だから今、私はそれが起こる前にあなたに言った、それが起こるときあなたが信じることができるように」

ギリシャ語の単語は「住む」は「住居」も意味します。

ジョン13:36で、使徒ペテロはイエスに「主よ、どこに行きますか?弟子たちは、彼がまもなく死ぬことになることをまだ完全には把握していませんでした。 イエスが本当に相変わらず衝動的に死ぬことをペトロに明かされたように、彼はイエスに従い、イエスに忠実に死にたいと思ったが、イエスはこう言われた。あなたは今私に従うことはできません」。 何故なの "」? イエスは彼らに「互いに愛し合います」。 数日後、彼の復活後、ジョン21:14-19のアカウントは、なぜ「」。 それは、死からよみがえった後、弟子たちにとって三度目の現れでした。 イエスはピーターに尋ねましたこれらよりも私を愛していますか?」 [彼らが食べたばかりの魚を指す]。 ピーターは「はい、主」と答えました。 次に、イエスは彼に尋ねました子羊に餌をやる」、 「私の小さな羊を羊飼い」 そして「私の小さな羊に餌をやる」。 それから彼は、ペトロがどのような死を神に栄光を与えるかを示しました。 ですから、使徒行伝がはっきりと示しているように、イエスは初期のキリスト教会の世話をするために彼のために働く仕事を持っていました。

イエスはどこへ行きましたか?

  1. 彼は弟子たちのために場所を準備しようとしていましたが、彼はその場所が物理的にどこにあるかを述べていません。 確かに "父の家には多くの住人がいます」 [住居]、すなわち、エホバの存在、エホバの存在の外側の宇宙空間、地球の周りの物理的な天、地球、墓など。 1)
  2. この場所に行って準備するには、彼は死に、復活し、エホバの臨在に昇り、彼の完全な人間の生活をいとして提供しなければなりません。 そうして初めて、その住居が可能になります。 住居が準備された後にのみ、ピーターと他の人が従うことができるでしょう。 イエスは、この住居が彼の帰還の前に準備ができているという兆候を与えませんでした (「また来ます」)また、弟子たちが帰国する前にその住まいに行くこともなかった。

イエスは弟子たちをどこで迎えますか?

  1. 彼は「私は再び来ています 私をあなたの家に迎えてくれます NWTおよびその他の翻訳によると。 Kingdom Interlinearおよびその他のギリシャ語のInterlinear翻訳は、この一節を「私もあなたがいる場所にいるために、私をあなたに連れて行きます。」 「ホーム」 したがって、おそらく既存の信念に基づいた翻訳者のバイアスと追加です。 この節の潜在的な理解を変える可能性のあるこのような追加は、本文に追加すべきではありません。 英語では、「私を近くに連れて行ってください」というフレーズがあります。これは、「自分を連れて行く」というフレーズとよく一致します。 フレーズ "わたし 到来 再び" イエスが地球に来ているとしか理解できません。 彼はかつて地上にいましたが、「再び来る」とは、来ることを繰り返すこと、または戻ってくることを意味します。 彼が再び来ると、忠実な弟子たちが自分自身に受け入れられます。 したがって、弟子たちは再びイエスと一緒にいることができるでしょう。
  2. 1テサロニアン4:16、17は、ポールが書いたインスピレーションの下でこのイベントを説明しています。主自身が天から降ります [(3)Gr:ouranou、–宇宙、精神の領域][VIII]  …そして、キリストと一致して死んでいる人々が最初に立ち上がるでしょう。 [これにはピーターとポールが含まれます]  生き残った私たちの意志の後、 一緒に 彼らと一緒に、彼らに捕まってください [エリヤが捕まったように] 雲の中で空中で主に会います。 [エホバの臨在や霊界ではなく、地上の天国] したがって、私たちは常に主と共にいる」。 ですから、これらのヨハネとテサロニケの聖句は、天国でイエスに出会う弟子たちとして解釈されます(そして、されました)。通路を読んで。
  • イエスは、地上にいる弟子たちに話していました。 彼らは、イエスが戻ってくることが地上に戻ってくることを自然に理解するでしょう。 これは、イエスがルーク19:12-27で与えたたとえ話と一致します。 「自分のために王の力を確保するために遠い土地に旅した高貴な出生の男 リターン。」…「王様の権力を確保した後、彼はついに戻った」。 [地球に]戻ると、彼は神の王国[天の王国]の実行を開始できるようになります。忠実であることを証明した人々のためのその王国。

これにより、v4およびv5によって提起された質問が残ります。 v4で彼が言ったとき、彼は何を意味しましたか?私が行くところあなたは道を知っている」? ジョン13:36でイエスはピーターに言った私が行くところ、あなたは今私に従うことはできませんが、あなたはその後に従うでしょう」。 これは、イスカリオテのユダがイエスを裏切るために夕食を残した直後でした。 イエスは死ぬと言っていましたが、ペテロはまだ死ぬことができませんでした(「あなたは今私に従うことはできません」)。 どうして? 彼は復活したイエスの良い知らせをユダヤ人と後の異邦人に説教するよう求められました。 ジョン14:1で、彼は彼らに問題を起こさずに、「神への信仰を行使する」 影響により 「私も運動する信仰」。 したがって、彼らは「方法」、適切な時間と場所にイエスの家に迎えられるには、彼らは「方法"または"行使[ing] 神への信仰 [エホバ]、…私にも [彼、イエス・キリスト]」イエスがまもなく彼らに示すように、死ぬまで。

  • 文脈から外れると、「場所」は天国であり、 "道" 天国への復活でした方法」は明らかにエホバとイエスに忠実に死にかけていました。 ジョン14:5では、トーマスはまだポイントや理解を得ていなかったため、「どうやって道を知るのか?」 イエスはトーマスへの返事で、神と彼自身に対する信仰を行使するという彼の初期のポイントを繰り返し言った:私[イエス]は道です [Gr:「ホドス” =物理的な方向ではなく、思考と感情のマナー] そして真実 [Gr:“ aletheia” =実際には] そして人生。 誰もが父を通して来ます [信仰を行使する] 私」。
  • ジョン14:3-4“私が行けば [ギリシャ語:旅行] そして場所を準備します [Gr:「トポン」 =継承のようなスペースのマークされた部分] あなたのために、私は来ています [Gr:「エルチョマイ」 = 1つの場所[天]から別の別の場所[地球]]に移動します 再び、あなたを受け取ります [Gr:「パラレンプソマイ」 =個人的なイニシアチブと一緒に閉じる] 自分に。 4 私が行くところ [Gr:「hypago」 =道を開く(死に忠実)]、 あなたが知っている [Gr:「oida」= 精神的に知覚します。」
  • ジョン14:23は、彼ら[神とイエス]や他の人々への愛を示した人々について語っています。 「[神とイエス] 私たちは来ます [天から] 〜へ 彼に [イエスを愛し、言葉を守る人] そして私たちを作ります 住む [滞在、滞在] 彼と一緒に [(地球に住んでいる)忠実な人間]]注:彼らは に来る 忠実な人々ではなく、忠実な人々が天国に行く 〜へ 同じ感情がジョン14:28で表現されていますI 去ります [天国へ] そして私 戻ってきます [地球へ] あなたへ"。 これはまた、黙示録21:3を思い起こさせます。 の テント 神の[住居、または幕屋]は人類と共にあり、彼は 住む [住むまたは幕屋]彼らと」

要約すると、この文章の文脈と慎重な検討では、忠実な人々の場所の変更は支持されません。 むしろ、イエスは弟子たちが再び参加する前に(権力と栄光の時)戻って来て、弟子たちは天国でのみ空にいるのではないだろうと言いました。

イエスがピラトと交わした会話からも、役立つ情報が得られます。 ジョン18:36でイエスはピラトに答えました。

「私の王国はこの世のいかなる部分ではありません。 私の王国はこの世界の一部であった場合、私の参加者は、私はユダヤ人に引き渡されるべきではないことを戦ったであろう。 それがあるとしてではなく、私の王国はこのソースからのものではありません。」

イエスがピラトにこの返事をしたのは、ピラトがイエスが自分の国と祭司長たちがピラトに彼を救い出すために何をしたかについてイエスに尋ねたからです。 イエスの返事に注意してください:私の王国はこの世界の一部ではありません [それは神の国/天国です]”…“私の王国はこのソースからではありません」 [ここからではなく、(または領域)、力のために戦っている男性の世界を指し、むしろそのソースは 神から、天から(別の領域)。]ここでイエスは、自分がポンティウス・ピラトにとって心配すべき別のライバルではないことを示していました。 イエスの王国は、人間が権力を握っていた地上の争いとは何の関係もありませんでした。 彼は自分自身を力に変え、潜在的にピラトやシーザーを排除するために誰からも好意を培っていませんでした。 したがって、イエスはピラトにとって脅威ではありませんでした。 むしろ、未来にその力を与えるのは、地上ではない源であるエホバ神でしょう。

その他の関連聖書

ルーク7:14

「それで、彼はビールに近づき、ビールに触れた。そして、担架は立ち止まって、彼は言った:「若い男、私はあなたに言って、起きろ!」

「Get up!」または「発生します」は「egeiro」であり、「目を覚ます、覚醒させる、起こす」ことを意味します。 神が死者をよみがえらせることを語るとき、ジョン5:21でも同じ言葉が使われます。 この箇所は、ナインの未亡人の息子がイエスによって地上に戻されたことを記録しています。

マーク5:41

そして、幼い子供の手を取って、彼に彼女に言いました:「タリータ・クエミ」、それは、翻訳された意味:「乙女、私はあなたに言います、起きろ!」

「Get up!」または「発生します」は「egeiro」であり、「目を覚ます、覚醒させる、上げる」を意味し、Luke 7:14およびJohn 5:21で使用されているのと同じ単語です。 これは、イエスが二度目の復活、ヤイロの娘の復活を行う機会です。 彼はエクスタシーに身を置いた両親に彼女を生き返らせた。

ジョン5:21

御父が死者をよみがえらせ、彼らを生き返らせるように、御子もまた彼が望む者を生き返らせるからです。」

「Get up!」または「発生します」は「egeiro」であり、「目を覚ます、覚醒させる、上げる」を意味し、Luke 7:14で使用されているのと同じ単語です。 繰り返しになりますが、場所については説明していません。したがって、デフォルトでは、観客はこれが人間の住んでいる地球へのものであると理解するでしょう。

ジョン11:23-24

イエスは彼女に言った:「あなたの兄弟は立ち上がる」。 24 マーサは彼に言った:「彼が最終日に復活することを知っている。」

これらの聖句は、「3の信念」のパート1で議論されました。st 世紀のユダヤ人」。 イエスは、マーサが正しいと理解していたことを訂正しませんでした。 しかし、イエスはラザロのために例外を設け、彼を生き返らせました。 彼は将来再び死に、そして最終日に復活を待ちます。 

結論

神のスポークスマンが1の信念に反することを何も教えなかったように、イエスのキリスト、神の息子st 世紀のユダヤ人は、最後の日に地上の生命に復活するということでした[審判]。 霊的な生き物として天国に復活した人間について、イエスが教えた概念はありませんでした。

これまでのこのシリーズでは、次のことを調べました。

  • 総主教とモーセの信念と著作。
  • 詩sal、ソロモン、預言者の信念と著作。
  • 1の信念st 世紀のユダヤ人。
  • 神の子イエス・キリストの信念と教え。

そうすることで、これらの試験はすべて、これらの試験が永遠の命と復活を信じていることを示しているが、天の生命の希望のヒントではないことを発見した。 イエスの死と復活の後で、使徒たちはこの信念に対する例外や変化を教えましたか? さらに、もしそうなら彼らはそうする権限を持っていましたか?

これは、このシリーズの5番目の記事で検討する内容です。 使徒たちは何を教え、信じましたか?

重要なご要望:コメント(大歓迎です)は、この記事で取り上げられている聖書の本と期間に限定してください。 聖書全体がセクションでカバーされるので、後の聖書の執筆者と期間は後の記事でカバーされ、それらのセクションに関連するコメントをするのに最適な場所になります。

_________________________________________________________________

[I] このシリーズのパート1を参照してください。

[II] このシリーズのパート1を参照してください。

[III] このシリーズのパート1を参照してください。

[IV] 「最終日」というフレーズは、「最終日に」、および他の翻訳では「最終日に」も一般的に翻訳されます。

[V] 聖書で「3回」と言われたりされたりしたことは通常、それが正確であるか、保証されていることを強調することです。

[VI] 聖書で「7回」と言われたり、行われたりすることは、しばしば天国の完全性を示すことができます。

[VII] リクエストに応じて利用可能な付録。

[VIII] このシリーズのパート1を参照してください。

タドゥア

Taduaによる記事。
    6
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x