Matthew 24の調査、パート5:答え!

by | 12月12、2019 | マシュー24シリーズを調べる, 動画 | 33コメント

これは、マシュー24に関するシリーズの5番目のビデオです。

この音楽的なリフレインを認識していますか?

あなたはいつもあなたが望むものを得ることはできません
しかし、時々試してみると、
必要なものが手に入ります…

ローリングストーンズでしょ? それは非常に真実です。

弟子たちはキリストの臨在のしるしを知りたがっていましたが、彼らは彼らが望むものを手に入れるつもりはありませんでした。 彼らは必要なものを手に入れようとしていました。 そして彼らが必要としていたのは、これから起こることから身を守る方法でした。 彼らは、自国がこれまでに経験したことのない、あるいは再び経験するであろう最大の苦難に直面することになるでしょう。 彼らが生き残るためには、イエスが彼らに与えたしるしを認識し、イエスの指示に従うために必要な信仰を持っていることが必要です。

それで、私たちは今、イエスが実際に彼らの質問に答える預言の部分に来ます、「これらすべてがいつになるのでしょうか?」(マシュー24:3;マーク13:4;ルーク21:7)

3つのアカウントはすべて多くの点で互いに異なりますが、それらはすべて、イエスが同じ冒頭のフレーズで質問に答えるところから始まります。

「したがって、あなたは…を見るでしょう」(マシュー24:15)

「そのとき…」(Mark 13:14)

「そのとき…」(ルーク21:20)

「therefore」または「then」という副詞は、以前に起こったことと現在来ていることの対比を示すために使用されます。 イエスは彼らにこの瞬間に至るまでに必要なすべての警告を与え終えましたが、それらの警告のどれも行動へのしるしや合図を構成しませんでした。 イエスは彼らにそのしるしを与えようとしています。 マタイとマークは、ユダヤ人のように聖書の予言を知らなかったであろう非ユダヤ人のためにそれを不可解に言及していますが、ルカはイエスの警告サインの意味について疑いを残していません。

「したがって、預言者ダニエルが語ったように、聖所に立って(読者に識別力を与えさせて)、荒廃を引き起こす嫌なものを見ると、」(24:15)

「しかし、あるべきではない場所で荒廃を引き起こす不快なものを目にしたら(読者に識別力を持たせてください)、ユダヤの人々が山に逃げ始めるようにします。」(Mr 13:14)

「しかし、エルサレムが野営地に囲まれているのを見たら、彼女の荒廃が近づいていることを知ってください。」(Lu 21:20)

イエスが「嫌なもの」という言葉を使ったのは、マシューとマークが関連しているということです。なぜなら、法律に精通しているユダヤ人がそれを読み、それをすべての安息日を読んだことを聞いたため、 荒廃を引き起こす嫌なこと。   イエスは、嫌なこと、または都市と神殿の荒廃への複数の言及を含む預言者ダニエルの巻物に言及しています。 (ダニエル9:26、27; 11:31;および12:11を参照してください。)

特にダニエル9:26、27に興味があります。

「…そして、来ているリーダーの人々は、都市と聖地を破壊します。 そして、その終わりは洪水によるでしょう。 そして最後まで戦争があります。 決定されるのは荒廃です。そして、嫌なものの翼には荒廃を引き起こすものがあります。 そして、絶滅するまで、決定されたものは荒れ果てたものにも注ぎ出されます。」(Da 9:26、27)

荒廃を引き起こしている嫌なことが何を指しているのかを明らかにしてくれたルークに感謝することができます。 ルークがマシューとマークが使用したのと同じ用語を使用しないことに決めた理由を推測することしかできませんが、1つの理論は彼の意図された聴衆に関係しています。 彼は次のように言ってアカウントを開きます。 。 。私はまた、最初からすべてを正確に追跡したので、論理的な順序でそれらをあなたに書くために、最も優れたテオフィラスを解決しました。 。 。」 (ルカ3:1)他の1つの福音書とは異なり、ルカの福音書は特にXNUMX人の個人のために書かれました。 ルカが開いた使徒言行録全体についても同じことが言えます。「最初の記述、テオフィラスよ、私はイエスが始め、教え始めたすべてのことについて作曲しました。 」(使徒XNUMX:XNUMX)

敬語の「最も優れた」と、アクトがローマで逮捕されたパウロと結論を下したという事実は、テオフィラスがパウロの裁判に関係したローマの役人であったことを示唆する人もいます。 おそらく彼の弁護士。 いずれにせよ、そのアカウントが彼の裁判で使用されたとしても、ローマを「嫌なこと」または「忌まわしき」と呼ぶことは彼の控訴にほとんど役立たないでしょう。 イエスがエルサレムが軍隊に囲まれることを予告したと言うことは、ローマの役人が聞くのにはるかに受け入れられるでしょう。

ダニエルは「リーダーの人々」と「嫌なものの翼」を指します。 ユダヤ人は偶像や異教の偶像崇拝者を憎んでいたので、異教のローマ軍はその偶像の基準を持ち、翼を広げて聖なる都市を包囲し、寺院の門から侵入しようとするワシは真の忌まわしきものでした。

そして、荒廃した憎悪を見たとき、クリスチャンは何をしましたか?

「そして、ユダヤの人々が山に逃げ始めます。 屋上の男が家から商品を取り出すために降りてこないようにし、畑の男が上着を取りに戻ってこないようにします。」(マシュー24:16-18)

「。 。 。そして、ユダヤの人々が山に逃げ始めましょう。 家の上の男が降りたり、家の中に入って家から何かを取り出したりしないようにしましょう。 野外の男が後ろの物に戻って上着を拾わないようにしましょう。」 (マルコ13:14-16)

それで、彼らが嫌なものを見たとき、彼らはすぐにそして非常に緊急に逃げなければなりません。 しかし、イエスが与えられた指示について、一見奇妙に見える何かに気づきましたか? ルークが説明しているように、もう一度見てみましょう。

「しかし、野営した軍隊に囲まれたエルサレムを見るとき、彼女の荒廃が近づいていることを知ってください。 それから、ユダヤの人々が山に逃げ始め、彼女の真っ只中にいる人々が去り、田舎の人々が彼女に入らないようにしなさい」(ルカ21:20、21)

彼らはこの命令にどの程度正確に従うべきでしたか? すでに敵に囲まれている街からどうやって逃げるの? なぜイエスは彼らにもっと詳細を与えなかったのですか? これには私たちにとって重要な教訓があります。 必要な情報がすべて揃っていることはめったにありません。 神が望んでおられるのは、私たちが神を信頼し、神が私たちの背中を持っているという自信を持つことです。 信仰とは、神の存在を信じることではありません。 それは彼の性格を信じることについてです。

もちろん、イエスが予言したことはすべて通り過ぎました。

西暦66年、ユダヤ人はローマの支配に反抗しました。 セスティウス・ガッルス将軍は反乱を鎮圧するために派遣されました。 彼の軍隊は街を取り囲み、寺院の門が火事で破られる準備をしました。 聖地の嫌なこと。 これはすべて非常に迅速に起こったので、クリスチャンは街から逃げる機会がありませんでした。 実際、ユダヤ人はローマ軍の前進の速さに圧倒され、降伏する準備ができていました。 ユダヤ人の歴史家フラウィウス・ヨセフスによるこの目撃証言に注意してください。

「そして今、それは恐ろしい恐怖が冷静な人々に襲いかかったということでした。彼らの多くはすぐに取られるかのように都市から逃げ出しました。 しかし、これに対する人々は勇気を出しました、そして、都市の邪悪な部分が地面を与えたところで、彼らはゲートを開けて、そして彼を少しだけ包囲を続けた彼らの恩人としてCestiusを認めるために、彼らが来ました長く、確かに街を奪っていた。 しかし、神がすでに都市と聖域にいた嫌悪感のために、その日、彼は戦争を終わらせることを妨げられたと私は思う。

それから、Cestiusは包囲された者が成功にどれほど絶望したか、また人々が彼に対してどれほど勇気があるかを意識していなかった。 そして彼はその場所から自分の兵士を思い出し、それを奪うことへの期待に絶望し、恥をかかずに街から引退し、 世界には何の理由もなくに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
(ユダヤ人の戦争、 Book II、19章、pars。 6、7)

その結果、セスティウス・ガッルスが撤退しなかったと想像してみてください。 ユダヤ人は降伏し、神殿のある都市は免れたでしょう。 イエスは偽預言者だったでしょう。 これまでに起こることはありません。 ユダヤ人たちは、アベルから自分の血に至るまで、すべての義の血をこぼしたことで主が彼らに告げられた非難から逃れるつもりはありませんでした。 神は彼らを裁かれました。 文章が出されます。

セスティウス・ガルスの下での後退はイエスの言葉を成し遂げました。

「実際、それらの日が短くされない限り、肉は救われません。 しかし、選ばれたもののために、当時は短くなるでしょう。」 (マタイ24:22)

「実際、エホバが日を短くしなければ、肉は救われません。 しかし、彼が選んだ選ばれた人々のために、彼は日を短くしました。」(Mark 13:20)

ダニエルの予言との類似点に再び注目してください。

「…そしてその間に、あなたの人々は逃げ出すでしょう、本に書かれていることがわかったすべての人。」(ダニエル12:1)

キリスト教の歴史家エウセビオスは、彼らがチャンスをつかみ、ペラ市やヨルダン川の向こうの山へ逃げたと記録しています。[I]  しかし、不可解な撤退は別の影響を及ぼしたようです。 それは、後退するローマ軍に嫌がらせをし、大きな勝利を収めたユダヤ人を大胆にした。 したがって、ローマ人が最終的に都市を包囲するために戻ったとき、降伏の話はありませんでした。 代わりに、一種の狂気が人口を襲った。

イエス様は、この民に大きな苦難が来ると予告されました。

「。 。 その時、世界が始まってから今まで起こらなかったような大患難があり、いや、また起こらないでしょう。」 (マタイ24:21)

「。 。 その日は、神が創造された創造の初めからその時まで起こらなかったような苦難の日であり、二度と起こらないでしょう。」 (マルコ13:19)

「。 。 なぜなら、その土地には大きな苦痛があり、この人々に対する怒りがあるからです。 そして彼らは剣の端に倒れ、すべての国に捕らえられます。 。 。 。」 (ルカ21:23、24)

イエスは、ダニエルの預言に目を向けて見なさいと言われました。 特に大きな苦難を伴う予言や、ルカが言っているように、大きな苦痛に関係しています。

「…そして、その時までに国家ができてから発生しなかったような苦痛の時代が起こるでしょう…。」(ダニエル12:1)

ここが混乱するところです。 未来を予測したいという好みを持っている人は、そこにあるよりも次の言葉をもっと読みます。 イエスは、そのような患難は「世界の初めから今まで起こらなかった、また、再び起こることはない」と言われました。エルサレムを苦しめた患難は、それ程ひどいことではありません。第一次および第二次世界大戦で。 記録によれば、6百万人のユダヤ人を殺したホロコーストを指し示すかもしれません。 1世紀にエルサレムで亡くなった人よりも多い人。 したがって、彼らは、イエスがエルサレムに起こったものよりもはるかに大きい他の患難について言及していると推論します。 彼らはヨハネの黙示録7:14に目を向けます。ジョンは天国の玉座の前に立つ大群衆を見て、天使から「これらは大患難から出てきた人たちです…」と言われました。

「あはは! 彼らは叫びます。 見る! 同じ言葉が使われている-「大患難」-それは同じ出来事を指しているに違いない。 私の友人、兄弟姉妹、これは終わりの時の予言的成就全体を構築するための非常に不安定な推論です。 まず第一に、イエスは弟子たちの質問に答えるときに定冠詞を使わないのです。 彼はそれを「 まるでXNUMXつしかないかのように大患難」。 それはただの「大患難」です。

第二に、同様の言葉が黙示録で使われているという事実は何の意味もありません。 そうでなければ、黙示録からのこの箇所にも結びつく必要があります。

「それにもかかわらず、私はあなたに対して、あなたが自分自身を預言者と呼ぶその女性イゼベルを容認し、彼女が私の奴隷に淫行を犯し、偶像に犠牲にされたものを食べるように教え、誤解させるようにします。 そして、私は彼女に悔い改める時間を与えましたが、彼女は彼女の淫行を悔い改めようとはしません。 見て! 私は彼女を病床に投げ込もうとしています。 大患難彼らが彼女の行為を悔い改めない限り。」(黙示録2:20-22)

しかし、二次的で主要な成就の考えを推進している人々は、この大患難が二度と起こらないと彼が言っているという事実を指摘するでしょう。 彼らは、エルサレムに起こったことよりもひどい苦難が起こったので、彼はさらに大きな何かに言及しているに違いないと推論するでしょう。 しかし、ちょっと待ってください。 彼らは文脈を忘れています。 文脈はただ一つの苦難について語っています。 マイナーなフルフィルメントとメジャーなフルフィルメントについては説明していません。 いくつかの非典型的な履行があることを示すものは何もありません。 コンテキストは非常に具体的です。 ルカの言葉をもう一度見てください。

「土地には大きな苦痛があり、この人々に対する怒りがあります。 そして、彼らは剣の端に倒れ、すべての国に捕らえられます。」 (ルカ21:23、24)

それはユダヤ人、時代について話している。 そしてそれはまさにユダヤ人に起こったことです。

「しかし、それは意味がありません」と言う人もいます。 「ノアの洪水はエルサレムに起こったことよりも大きな苦難でした。では、どうしてイエスの言葉は真実でしたか?」

あなたと私はそれらの言葉を言いませんでした。 イエスはそれらの言葉を言われました。 したがって、彼が意味すると私たちが考えることは重要ではありません。 彼が実際に何を意味していたのかを理解する必要があります。 イエスが嘘をつくことも矛盾することもできないという前提を受け入れるなら、明らかな対立を解決するためにもう少し深く見なければなりません。

マシューは、「世界が始まって以来起こっていないような大患難が起こるだろう」と彼を記録しています。 どんな世界? 人類の世界、それともユダヤ教の世界?

マークは自分の言葉を次のように表現することを選択しました。「創造の初めから発生していないような苦難」。どんな創造ですか? 宇宙の創造? 惑星の創造? 人類の世界の創造? それとも、イスラエル国民の創造ですか?

ダニエルは、「国ができて以来、そのような苦痛の時は起こらなかった」と言います(ダニ12:1)。 どの国? どんな国? それともイスラエルの国?

イエスの言葉を正確で真実だと理解できるようにする唯一の方法は、彼がイスラエル国家の文脈の中で話していたことを受け入れることです。 彼らに起こったtri難は、彼らが国家として経験した中で最悪だったのでしょうか?

自分で判断してください。 ハイライトは次のとおりです。

イエスが十字架につけられたとき、彼は彼のために泣いている女性たちに、「エルサレムの娘たち、私のためではなく、あなた自身のため、そしてあなたの子供たちのために泣きます。 (ルーク23:28)。 彼は街に来る恐怖を見ることができました。

セスティウス・ガッルスが撤退した後、別の将軍が派遣されました。 ウェスパシアヌスは西暦67年に戻り、フラウィウスヨセフスを捕らえました。 ヨセフスは、彼が66年後に行った皇帝になることを正確に予測することによって、将軍の支持を勝ち取りました。 このため、ウェスパシアヌスは彼を名誉の場所に任命しました。 この間、ヨセフスはユダヤ/ローマ戦争の広範な記録を作成しました。 クリスチャンが西暦500年に無事に去ったので、神が差し控える理由はありませんでした。 街は組織化されたギャング、暴力的な熱狂者、そして大きな苦痛を引き起こしている犯罪要素で無政府状態に陥りました。 ローマ人は直接エルサレムに戻ることはありませんでしたが、パレスチナ、シリア、アレクサンドリアのような他の場所に集中しました。 何千人ものユダヤ人が亡くなりました。 これは、彼らが嫌なものを見たときにユダヤの人々が逃げるように警告するイエスを説明しています。 やがてローマ人はエルサレムにやって来て、街を取り囲みました。 包囲を逃れようとした人々は、熱心党に捕まり、喉を切り裂かれたか、ローマ人が彼らを十字架に釘付けにしたのか、10日XNUMX人も捕らえられました。 飢饉が街を襲った。 街の中には混乱と無秩序と内戦がありました。 何年も彼らを動かし続けるべきだった店は、反対側がそれらを持っていないようにするために反対のユダヤ人軍によって焼かれました。 ユダヤ人は共食いに陥りました。 ヨセフスは、ユダヤ人はローマ人よりもお互いに害を及ぼすために多くのことをしたという意見を記録しています。 あなた自身の人々から、その恐怖の下で毎日生きることを想像してみてください。 ローマ人がついに街に入ったとき、彼らは怒って人々を無差別に虐殺しました。 ユダヤ人のXNUMX人にXNUMX人未満が生き残った。 タイタスがそれを保存するように命じたにもかかわらず、神殿は焼かれました。 タイタスがついに街に入って要塞を見たとき、彼らが一緒になっていたなら、彼らはローマ人を非常に長い間締め出すことができたかもしれないことに気づきました。 これにより、彼は知覚的に次のように言いました。

「私たちは確かにこの戦争で私たちの存在のために神を持っていました。これらの要塞の下でユダヤ人を追い出したのは神にほかなりませんでした。 これらの塔を打倒するために、人間の手や機械ができることは何なのか![II]

皇帝はそれからタイタスに都市を地面に壊滅させるように命じました。 このようにして、石の上に石が残されていないというイエスの言葉が実現しました。

ユダヤ人は国、寺院、神権を失い、 彼らの レコード、彼らのアイデンティティそのもの。 これは、バビロン捕囚さえも超えて、国に起こった史上最悪の苦難でした。 それのようなことは二度と彼らに起こりません。 私たちは個々のユダヤ人について話しているのではなく、彼らが彼の息子を殺すまで神の選民であった国について話しているのです。

これから何を学びますか? ヘブライ人の作家は私たちにこう語っています:

「真理の正確な知識を受け取った後、故意に罪を犯すならば、もはや罪の犠牲はありませんが、反対する人々を食い尽くすであろう裁きと灼熱の憤りに対するある種の恐ろしい期待があります。 モーセの律法を無視した人は誰でも、10、26人の証言を思いやりなく死にます。 神の子を踏みにじり、聖化された契約の血を普通の価値と見なし、不当な親切の精神を軽蔑して憤慨させた人は、どれほど大きな罰を受けるに値すると思いますか。 私たちは次のように言った方を知っています。「復讐は私のものです。 返済します。」 そして再び:「エホバはご自分の民を裁かれます」。 生ける神の手に渡るのは恐ろしいことです。」 (ヘブライ31:XNUMX-XNUMX)

イエスは愛情深く慈悲深い方ですが、私たちは彼が神のかたちであることを忘れてはなりません。 ですから、エホバは愛情深く慈悲深い方です。 私たちは彼の息子を知ることによって彼を知っています。 しかし、神の像であるということは、暖かくて曖昧なものだけでなく、神のすべての属性を反映することを意味します。

イエスは黙示録に戦士の王として描かれています。 新世界訳が言うとき:「復讐は私のものです。 「私は返済します」とエホバは言います。それはギリシャ語を正確に表現していません。 (ローマ12:9)それが実際に言っているのは、「 『復讐は私のものです。 返済します」、 主は言う。」 イエスは傍観者ではありませんが、父が正確な復讐のために使用する道具です。 覚えておいてください。幼い子供たちを腕に抱き、ロープで鞭を作り、金貸しを寺院から追い出しました。19回です。 (マタイ13:15-9;マルコ36:2;ヨハネ15:XNUMX)

私のポイントは何ですか? 私は今、エホバの証人だけでなく、彼らの特定のキリスト教のブランドが神が彼自身のものとして選んだものであると感じているすべての宗教宗派に話している。 目撃者は、彼らの組織がキリスト教のすべての中から神によって選ばれた唯一のものであると信じています。 しかし、他のほとんどすべての宗派についても同じことが言えます。 一人一人が自分たちの宗教が真の宗教であると信じています。そうでなければ、なぜ彼らはそこにとどまるのでしょうか。

それにもかかわらず、私たち全員が同意できることが1つあります。 聖書を信じるすべての人にとって否定できない1つのこと:それは、イスラエルの国が地球上のすべての人々から神の選ばれた人々であったということです。 それは本質的に、神の教会、神の会衆、神の組織でした。 それは想像できる最も恐ろしい患難から彼らを救いましたか?

メンバーシップに特権があると思う場合; 組織または教会との提携により、特別な脱獄カードが付与されると考える場合、 その後、私たちは自分自身を欺いています。 神はイスラエル国民の個人を罰するだけではありません。 彼は国家を根絶しました。 彼らの国民的アイデンティティを消去した。 ダニエルが予測したように、洪水が襲ったかのように彼らの都市を地面に破壊しました。 彼らをパリアにした。 「生きている神の手に落ちるのは恐ろしいことです。」

エホバに私たちに好意的にほほえみ、主イエス、私たちのために立ち上がってほしければ、私たちは自分自身の費用に関係なく、正しいことと本当のことを支持しなければなりません。

イエスが私たちに語ったことを思い出してください。

「だから、人の前で私との結合を告白する人は誰でも、天にいる私の父の前で彼との結合を告白するでしょう。 しかし、人の前でわたしを否認する者は誰でも、天にいる父の前で彼を否認します。 私が地球に平和をもたらすために来たとは思わないでください。 私は平和ではなく剣を置くようになりました。 私は分裂を起こすようになった、なぜなら男性は父親に対して、娘は母親に対して、そして若い妻は彼女の義母に対して。 確かに、人の敵は自分の家族の人になります。 私よりも父や母に大きな愛情を持っている彼は、私にふさわしくない。 そして、私よりも息子や娘に大きな愛情を持っている人は、私にふさわしくない。 そして、彼の拷問の利害関係を受け入れて、私のあとを追わない人は、私にふさわしくない。 彼の魂を見つけた彼はそれを失い、私のために彼の魂を失った彼はそれを見つけます。」(マシュー10:32-39)

マタイ24章、マルコ13章、ルーク21章から何について話し合うべきですか? 大いに。 太陽、月、星の兆候については話していません。 キリストの存在については話し合っていません。 ここで言及されている「大患難」と黙示録に記録されている「大患難」との間に何らかの感覚が存在するというリンクに触れました。 ああ、そしてルカによる「国の定められた時代」、または「穏やかな時代」についての特異な言及もあります。 そのすべてが次のビデオの主題になります。

ご覧いただき、ありがとうございました。

_______________________________________________________________

[I] エウセビオス、 教会の歴史、III、5:3

[II] ユダヤ人の戦争、8:5の章

メレティ・ビブロン

Meleti Vivlonによる記事。

    あなたの言語でこれを読んでください:

    English简体中文DanskNederlandsFilipinoSuomiFrançaisDeutschItaliano日本語한국어ພາສາລາວPolskiPortuguêsਪੰਜਾਬੀРусскийEspañolKiswahiliSvenskaதமிழ்TürkçeУкраїнськаTiếng ViệtZulu

    著者のページ

    手伝ってもらえますか?

    キーワード

    月ごとの記事

    33
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x