「平和を築くものと、互いに築きあげるものを追求していきましょう。」―ローマ14:19

 [ws 2/20 p.14 20月26日からXNUMX月XNUMX日まで]

今、これは、ものみの塔の研究版で最近数ヶ月にわたって出版されてきたほとんどのものと比較して、はるかに興味深く実用的なトピックです。 したがって、通常よりも役立つかどうかを確認してみましょう。

パラグラフ1は、ジョセフと彼の父親との関係を羨むジョセフの兄弟によって引き起こされた悲しい状況に言及しています。

最初のコメントは、他の人に対する羨望の的の破壊性を明確に示すために、この例をもっと多く使用できるかもしれないということです。 これはその理由を強調していたでしょう 聖書では、人を神の王国を受け継ぐことを失格とする可能性のある死に対処する「肉の働き」の中に羨望が載っています。 (ガラテヤ5:19-21を読んでください。)"そして、羨望は、敵意、争い、怒りの発作などの有毒な果物の根本的な原因であることが多いに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

すべてのクリスチャンは神の王国を受け継ぐよう努めるべきであるので、なぜこの主題について考えるのを一時停止しなければならないのかという理由は非常に重要です(マタイ11:12)。 なぜ他人をうらやむべきではないかという理由についての光沢は、動機と重要性が低下するため、弁護士の個人的な適用をより困難にします。

羨望が神の王国を受け継ぐことから私たちを失格にすることができるならば、それは淫行や姦淫を避けることと同じように私たちの細心の注意に値します、そして霊性。 では、組織はこの重要なトピックをどのように扱っているのでしょうか。 ものみの塔で羨望の主題について話し合われた最後の年は2012年で、8年前、その前に、2005年にはさらに7年前でした。

しかし、比較すると、2年から2020年(2016年間)を含むバプテスマに関する毎年5つの記事がありますが、2014年と2015年の短い休憩では、2013年から2008年(さらに5年)に毎年少なくとも2006つの記事があります。 バプテスマに関する研究記事は、少し断続的に、3年にXNUMXつの記事がありましたが、年を追うごとに続きます!

寄付と寄付に関する記事はものみの塔に毎年掲載されており、その記事に基づく講演は少なくとも年に2回、通常は3月下旬からXNUMX月上旬に行われます。 ものみの塔図書館を検索すると、年間XNUMX〜XNUMX件の説教に関する主要な研究記事が見つかり、「説教」が少なくとも一度は言及されていない問題はめったにありませんでした。 それでも、寄付と説教は精神の成果のXNUMXつですか? 番号。

結論として、統治体によって提供されるいわゆる霊的な食物はひどく偏ったものであるようです。 出くわすメッセージは説教と寄付を続けることであるようで、嫉妬したり、姦淫や肉の他の働きを犯したりすることについてはあまり問題ではありません。

ガラテヤ人への手紙によると、5:19-21羨望は、 「淫行、不潔、ゆるい行為、偶像崇拝、精神主義の実践、敵意、争い、嫉妬、怒りの発作、争い、分裂、宗派、宗派、酒酔いの発作、お祭り騒ぎなど。 これらについて、私はあなたに前もって警告したのと同じように、あなたに前もって警告します。そのようなことを実践する人々は神の国を継承しないということです。」

また、10th モザイク法の命令は基本的に執行不可能でした。 出エジプト記20:17には、 「仲間の家を望んではいけません。 仲間の妻も、奴隷の男も、奴隷の少女も、雄牛も、ロバも、仲間の物は何でも望んではなりません。」 欲望は通常誰かの中に隠されたものであり、盗難や姦通のような不正行為が行われたときにのみ現れます。 しかし、他の誰かに属するものへの欲望を引き起こすものは何ですか? うらやましくないですか? それは、他の人に属するものに対する羨望と欲望の育成を避けるために私たちの父が愛着している重要性を示していません。

パラグラフ5は、高く評価されたいという欲求について説明しています。 歴史を通じて人々は、他の人々が彼らよりも高く評価されたときに嫉妬しました。 たとえば、パリサイ人とサドカイ派は嘘を広め、中傷してイエスの名を台無しにしました。 マルコ3:22が語る 「また、エルサレムから降りてきた律法学者たちは、「彼にはベルゼブブがいて、悪魔の支配者によって悪魔を追放している」と言っていました。

なぜ彼らはそれをしたのですか? マーク15:10の状態 「彼[イエス]は、 羨望 祭司長たちは彼を引き渡した」。 ヨハネ11:48がパリサイ人を言っているように記録している間 「私たちが彼[イエス]をこのように一人で放った場合、彼らはすべて彼を信頼し、ローマ人が来て私たちの場所と私たちの国の両方を奪います。」

パリサイ人がイエスを誹謗中傷したように、もはや自分に同意しない人を誹謗中傷する方法は、これらを「精神病」や「背教者」と呼び、他の人にこれらを恐れるように促すよりも良い方法はありません。 あなたはそれをする人々や組織を知っていますか、彼らは彼らが同意しない人々を中傷しますか? これはどうですか まあ、背教者は「精神的に病気」であり、彼らは不誠実な教えを他の人に感染させようとしています  ものみの塔2011、15 / 7、p16パラグラフ6からコピー。

パラグラフ6は、いわゆる神権的特権を扱い、 「私たちも、私たちが望んでいた任務を受けたクリスチャンの仲間を羨ましく思うようになるでしょう」。 この問題の非常に簡単な解決策は、不正なピラミッドスキームに非常によく似た、いわゆる神権的な特権を削除することです。 初期のクリスチャン会衆では、補助的な開拓者、正規の開拓者、特別な開拓者、巡回監督、ベテル兵、統治体ヘルパー、統治体メンバーはいませんでした。 年長者すらいませんでした。肩書きのない年配の男性だけが、仲間のクリスチャンが経典の経験と知識を持つのを助けました。

パラグラフ7くまの繰り返し 羨望は有毒な雑草のようなものです。 羨望の種が私たちの心に根付いたら、破壊するのは難しいかもしれません。 羨望は、不適切な嫉妬、プライド、利己主義など、他の否定的な感情を食べます。 羨望は、愛、思いやり、優しさなどの良質の発達を妨げることがあります。 羨望の芽が出始めたらすぐに、心から根こそぎにする必要があります"。

段落8も述べています謙遜と満足を育むことで、羨望と戦うことができます。 私たちの心がこれらの良い資質でいっぱいになると、羨望は成長する余地がなくなります。 謙遜さは私たちが自分自身をあまり高く考えないようにするのに役立ちます。 謙虚な人は、自分が他の誰よりもふさわしいとは感じていません。 (ガラ6:3,4)満足している人は自分の持っているものに満足していて、自分を他の人と比較しません。 (テモテへの手紙第一1:6,7)謙遜で満足している人は、誰かが何か良いものを受け取るのを見ると、喜んでいます。 

しかし、この破壊的な特性を克服するための本当の鍵は、神の聖霊の助けと、父が承認するように行動したいという決断です。 使徒パウロがガラテヤ人への手紙5:16で書いたように、精神を歩き続ければ、肉欲は一切なくなります。」

パラグラフ10は、 「モーセはこれらの11人の男性(イスラエルの年配の男性)がエホバから得ていた注目をうらやましませんでした。その代わりに、彼は彼らの特権の中で謙虚に喜びました(番号24:29-XNUMX)」。

統治体のメンバーであるジェフリー・ジャクソンは、オーストラリア虐待に関するオーストラリア王立高等弁務官に宣誓の下でこの答えを与えました[I]:

 「Q. 統治体、または統治体のメンバーは、あなた自身を現代の弟子、つまりイエスの弟子に相当する現代の弟子だと思いますか?

  1. 私たちは確かにイエスに従い、彼の弟子になることを願っています。
  2. そして、あなたは自分自身を地上のエホバ神の代弁者として見ていますか?
  3. と思われること 私たちが神が使われている唯一のスポークスパーソンであると言うのはかなりおかしいです。 聖書は、誰かが神の霊と調和して行動し、会衆を慰め、助けることができることを明確に示していますが、少し明確にできれば、マタイ24に戻って、イエスは終わりの日、そしてエホバの証人がそう言ったのです。これらが終わりの日であると信じてください–奴隷、霊的な食物の世話をする責任がある人々のグループがあるでしょう。 その点で、私たちは自分たちがその役割を果たすことを試みていると考えています。」 [II]

したがって、統治体のメンバーによるこの承認に照らして、統治体の行動または教えのいずれかに疑問を呈するエホバの証人の誰もが司法委員会の前にいることに気付く責任があるのはなぜでしょうか。の長老と背教のために排斥? 特に「私たち[統治体]が、神が使用している唯一のスポークスパーソンであると言うのはかなりおかしいです。」 預言者サミュエルが言ったことに注意してください。 「圧倒的に前進することは、不思議な力とテラフィムを使うことと同じです」(サムエル記上1:15)。

それは、統治体が統治体に質問する人々に与えられるかもしれない注意をうらやましく思っているからでしょうか? 彼らは「私たちも任務を受けた仲間のクリスチャンを羨ましく思うかもしれません [統治体] 得ることを望んでいた」?

パラオ11〜12は、神権的特権のために羨望の的になる状況を扱っています。 (簡単な解決策については、上記の段落6のコメントを参照してください)

パラグラフ14は、 「エホバが他の人に与えた権威を尊重しなさい」 会衆内の任命された男性を指します。 問題は、エホバが彼らにそのような権威を与えていないことです。 彼は1も与えませんでしたst 世紀のクリスチャンは、組織のような権威を示唆しています。 パラグラフは、パウロがそのような権威を受け入れ、尊重したことを示唆するために、第21-20-26条を示しています。 確かに、使徒パウロはエルサレムの老人たちの提案を受け入れ、尊重しましたが、彼らが使徒パウロに対して権威を持っていたという証拠はありません。 彼らは、例えば彼の宣教師ツアーを監督しませんでした。 次に、組織はエフェソス4:8の通常の誤用を使用して、神が会衆に与えられたことを示唆します。 「男性への贈り物」。 しかし、この節の文脈を検討すると、パウロはすべてのクリスチャン(年配の男性ではない)に与えられたさまざまな贈り物について話し合っていたことがわかります。 さらに、元のギリシャ語を詳しく見ると、この節がNWTで誤って翻訳されていることがわかります。 正しい翻訳は 「そして贈り物をしました 〜へ 人々 [III]. BibleHubのすべての英語の翻訳、28のバージョンが同じように読まれます。そして男性に贈り物をしました"。[IV]

パラグラフ16は、(正しく) 私たちの態度や行動は他人に大きな影響を与える可能性があります。 世界は私たちが所有するものの「派手なディスプレイ」を作ることを望んでいます。 (ヨハネ第一1:2)しかし、その態度は羨望を助長します。 私たちが所有しているものや購入する予定のものについて絶えず話さないことを選択した場合、他人の羨望を育むことを避けることができます。 嫉妬を助長することを避けるもう一つの方法は、会衆で持っている特権について控えめにすることです。 私たちが持っている特権に注意を向ければ、羨望が育つ肥沃な土地を作ります。"。

統治体は独自の助言に注意する必要があります。 「若いイボイノシシだったとき」 私が統治体のすべてのメンバーを指名することはできず、私が議会で彼らを通過した場合、大統領以外はおそらく誰も認めなかっただろう。 今、私たちは彼らを見ます 「派手なディスプレイ」、 非常に頻繁にJW Broadcastingに所属していること、および彼らの立場に注意を払って、統治体のBro xxx yyyy(または統治体メンバー)として紹介されることによって。

会衆で作成された有毒な環境を考えると、長老は他の年長者を不当に組み立てて、彼ら自身の知覚力と権威を維持することができ、聖書や創造物について書かれた励ましの記事は、統治からのものでない場合、会衆によって拒否されます体は羨望に満ち、発酵し続けます。

結論

このうらやましい話題を締めくくることは、この誤った教えのためにエホバの証人の会衆の間で間違いなく引き起こされます。 統治体と長老たちが会衆の一員として私たちに対して神から与えられた権威を持っていることを、マタイ20:20-28でイエスが他の人たちに対して権威を持っていることについて述べたことをお読みください。 特に、v25-27では、イエスは彼の弟子たちに話しました。あなたは国家の支配者たちが彼らを支配し、偉人たちが彼らを支配することを知っています。 これはあなたの間の方法ではありません。 …。 あなたの中で一番になりたい人はあなたの奴隷でなければなりません。」 奴隷が神から与えられた、または他の人に対する権威を持ったのはいつですか? 忠実で目立たない奴隷は、他人に権威を行使することも、彼らにそうする権限もないであろう。 彼らは他人に奉仕しなければなりません。

要約すると、悲しいことに、ほとんどの証人がそうである本物のクリスチャンを助ける機会を逃しました。 男性が作り上げたいわゆる神権的特権をすべて取り除くことで、羨望を抱く誘惑をXNUMXつ減らす機会を逃しました。

 

[I] http://www.childabuseroyalcommission.gov.au/case-study/636f01a5-50db-4b59-a35e-a24ae07fb0ad/case-study-29,-july-2015,-sydney.aspx

[II] ページ9 \ 15937転写日155.pdf

[III] https://biblehub.com/interlinear/ephesians/4-8.htm

[IV] 数字の重みはすべてではありませんが(28のすべての翻訳が間違っていて、NWTが正しい可能性があるため)、問題は「to」ではなく「in」を翻訳するためのコンテキストまたは有効なオプションがないことです。

タドゥア

Taduaによる記事。
    6
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x