「父から聞いたすべてのことをあなたに知らせたので、私はあなたを友達に電話しました。」—ヨハネ15:15

 [ws 04/20 p.20 22月28日からXNUMX月XNUMX日まで]

 

なぜこのテーマの経典を使うのですか? イエスも誰と話していたのですか?

ヨハネ15章では、ユダがイエスを裏切るために去ったばかりのように、イエスは弟子たち、特に11人の忠実な使徒たちと話していました。 ヨハネ15:10で、イエスは言われました、 「あなたが私の戒めを守れば、私が父の戒めを守ったように、あなたは私の愛の中にとどまり、彼の愛の中にとどまります。」 彼はまたヨハネ15:14で言い続けました。私があなたに命じていることをするなら、あなたは私の友達です。」

だから、なぜフレーズを選ぶ 「友達に電話しました」? その質問に答える前に、イエスが使徒たちや弟子たちにどのように語られたかを見てみましょう。

イエスの宣教奉仕の早い段階で、マタイ、マーク、ルカの福音書に記録されている次の出来事が起こりました。 イエスの肉の母と兄弟たちは彼に近づこうとしていました。 ルカ8:20-21は何が起こったかを説明し、 「それは彼に報告されました[イエス]「あなたの母親と兄弟たちはあなたに会いたいために外に立っています」。 返信で彼[イエス]は彼らに言った:「私の母と私の兄弟は、神の言葉を聞いてそれをするこれらのものである」。 ですから、イエスの教えに耳を傾け、それを適用した弟子たちは、彼の兄弟と見なされました。

イエスが逮捕される前にペテロと話すとき、イエスは未来について語られました、 「あなたが戻ってきたら、兄弟を強化してください。」 (ルカ22:32)。 マタイ28:10で、イエスの死と復活の直後に、イエスは女性に次のように述べました[メアリーマグダレン、および他のメアリー] "何も怖くない! 兄弟たちに報告してください。彼らがガリラヤに行くかもしれないということです。 そしてそこで彼らは私を見るでしょう」。

まとめとして、イエスは一般的に弟子たちを、また使徒たちを兄弟たちと呼びました。 彼はまた、彼に耳を傾け、それを彼の兄弟に適用した人たちも述べました。 しかし、イエスが「私はあなたを友達と呼びました」と言われたとき、彼は11人の忠実な使徒たちにだけ話していました。 彼は彼らの近くに成長したので、彼はこのように彼らに話しました。 イエスがルカ22:28で言われたように 「あなたは私の裁判で私と付き合った人たちです」。 イエスが死んでいたように 「彼の母親と彼がそばに立つのが大好きだった弟子を見て、母親に言った。 令息!' 次に彼は弟子に言いました。 '見る! あなたのお母さん!' そしてその時から、弟子は彼女を彼の家に連れて行きました」 (ジョン19:26-27)。

使徒言行録には、初期の弟子たちが互いに呼び合っている "ブラザーズ"だけでなく 「友達」.

したがって、 「友達に電話しました」テーマと研究記事のようにそれを適用することは、イエスによって忠実な使徒たちに具体的に適用されたので、それを文脈から外します。 ただし、フレーズ "私の兄弟" 彼の弟子全員に適用することは、文脈の外ではありません。

では、なぜ組織はこれを行ったのですか? 見落とし? 芸術ライセンス? またはもっと不吉ですか?

21ページのボックスは、それが言うときゲームを配ります 「したがって、イエスとの友情はエホバとの友情につながります」。 はい、組織は微妙にまだその議題を押し進めています。証人の大多数は神の息子ではなく神の友達になることができるだけです。 これは、パラグラフの見出しが12のときにパラグラフXNUMXで確認されます。 「(3)キリストの兄弟を支援する」、続けて 「イエスは私たちが彼の油そそがれた兄弟のために私たちが何をしているかのように、私たちが彼のためにそれをしているように見ています」 及び 「私たちが油そそがれた者を支援する第一の方法は、イエスが追随者に実行するように命じられた王国を宣べ伝え、弟子を作る働きを完全に共有することです。」

確かに、私たちが王国について説教し、イエスが弟子たちに指示したとおりにキリストの弟子を作るなら、私たちはイエスのためにそれを行うのではなく、直接行うべきです。 「キリストの兄弟」。 結局のところ、ガラテヤ人への手紙6:5では、 「それぞれが自分の荷物を運ぶでしょう」。 悲しいことに、現実には、組織のために行われたことはすべて、 「キリストの兄弟」キリストのためではなく。 研究記事はまた、組織がクリスチャンの間で「油そそがれた」と「油そそがれていない」というイエスの教えには存在しなかった分裂を作り上げた人工的な分裂を強化しようとしています。

ガラテヤ3:26の使徒パウロは言った 「あなたは 実際、すべて 神の息子 キリスト・イエスへの信仰を通して」 そしてガラテヤ人への手紙3:28 「ユダヤ人もギリシャ人もいません。奴隷も自由人もいません。 あなたはみな、キリスト・イエスと一致しているからです。」 そしてそれに加えて、「油そそがれていない人も、油そそがれていない人もいません。兄弟も友達もいません。 あなたはみなキリストと一致しているからです。 すべての「神の子」は、神の初子であるキリストの兄弟になります。 (1ヨハネ4:15、コロサイ1:15)。

パラグラフ1-4は、イエスの友達を作る際の3つの課題について述べています。 彼らです:

  1. 私たちはイエスと直接会ったことはありません。
  2. 私たちはイエスと話すことができません。
  3. イエスは天国に住んでいます。

さて、これらのXNUMXつのポイントを一緒に太字で強調表示すると、私は一時停止し、その影響について一生懸命考えました。 彼らと話をせずに、私たちが会ったことのない人や会うことができない人の友達を作るにはどうすればよいですか? それは不可能です。

パラグラフ10-14は次のことを提案しました:

  1. イエスの聖書の記述を読むことによってイエスを知るようになります。
  2. イエスの考え方と行動を真似てください。
  3. キリストの兄弟をサポートします。 (これには、それがどのように費やされたのかについての説明が決して与えられない用途のために、財政的支援を要求する完全な段落が含まれます)
  4. クリスチャン会衆の取り決めを支持する。 (これは、王国会館の閉鎖と売却を正当化するために使用されます)。

ポイント1と2は重要です。 しかし、それはすべて一方的なものであり、非人道的なものです。 さらに、(3)前述の経典の証拠に基づいてすでに割引かれていること、および(4)組織がキリストによって本当に使用されている場合にのみ関係があります。

では、結局のところ、なぜ私たちはイエスと話せないのでしょうか。 私たちは神と話すことができますが、彼が私たちに彼の息子と話すことを禁じることは奇妙に思われませんか? 聖書には、私たちがそうすることを禁じている神の命令は含まれていません。 同様に、それは私たちが彼に祈るというイエスからの示唆も含まれていません。

しかし、研究論文のパラグラフ3によると、イエスは私たちに彼に祈ることを望んでいません。 それは私たちに伝えます実際、イエス様は私たちに彼に祈ることを望まないのです。 何故なの? 祈りは崇拝の一形態であり、エホバのみが崇拝されるべきだからです。 (マタイ4:10)」。

マタイ4:10は何を語っていますか? 「それからイエスは彼に言われました: 「あなたがたが崇拝しなければならないのはあなたの神エホバであり、神のためだけに神聖な奉仕をしなければならない」と書かれているからです。 それは明らかに私たちは神を崇拝するだけであるべきだと述べています、それについての疑問はありませんが、祈りは崇拝の一形態であるので、イエスは私たちに神に祈ることを望まないと言っていますか? それは本当ですか?

祈りは、話すことのように、神や人に何かを尋ねたり、何かに感謝したりするように求めるコミュニケーションの形式です(創世記32:11、創世記44:18も参照)。

崇拝するということは、神への崇拝と崇拝を示すこと、または宗教儀式で名誉を示すことを意味し、宗教儀式に参加することです。 クリスチャンギリシャ語の聖書では、崇拝する「proskuneo」という言葉は、神や王に頭を下げることを意味しています(黙示録19:10、22:8-9を参照)。 マタイ4:8-9で、サタンはイエスに何をしてほしいと思いましたか? サタンはイエスに「倒れて、私に崇拝行為をしてください。」

したがって、いくつかの祈りは礼拝的な方法で行われるか、または私たちの礼拝に含まれているかもしれませんが、祈りは独占的に崇拝しているわけではないと結論づけることは合理的です。 それで、ものみの塔研究の記事が言うとき、 「祈りは崇拝の一形態です」、それは誤解を招くものです。 はい、祈りは崇拝の一形態である可能性がありますが、それは崇拝の一形態であるだけではなく、細かいが重要な違いです。 言い換えれば、礼拝をほのめかさない方法で祈れば祈りは可能です。

聖書はどのようにして神を崇拝していると言いますか イエスは言われました、 「真の崇拝者たちが霊と真理をもって父を崇拝する時が来て、今がその時です」 (ジョン4:23-24)。

これから導き出すことができる結論は、私たちの父であるエホバ神が明らかに私たちの祈りの主な目的地であり、私たちの崇拝の唯一の目的である一方で、聖書の記録は私たちがメディアを介して敬意を払ってイエスと通信することを禁じていません祈りの、しかしそれはそれを奨励していません。 それは、作者を含むほとんどの証人に、やるべきことを残していく考えです。

最後に、文脈でこの点を考えるために、ヨハネ15:14は、イエスが言われたことを思い出させます。私があなたに命じていることをするなら、あなたは私の友達です。」 ルカ8:21私の兄弟は、神の言葉を聞いてそれを行う兄弟です。」 おそらく、一日の終わりに神とイエスの目には、 作品は言葉よりも雄弁結局のところ、ジェームズ2:17はこう述べています。信仰は、それが機能しなければ、それ自体で死んでしまいます。」

 

 

 

 

 

 

タドゥア

Taduaによる記事。
    30
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x