アダムの歴史(創世記2:5 –創世記5:2)–イブの創造とエデンの園

創世記5章1-2節によると、奥付とトールがあります。eドット、創世記2:5から創世記5:2までの現代の聖書のセクションについては、 「これはアダムの歴史の本です。 In the day of God's creating Adam he made him in the likeness of God.神がアダムを創造された日、彼は彼を神に似せて造られました。 2 Male and female he created them.彼はそれらを作成した男性と女性。 After that he blessed them and called their name Man in the day of their being created”その後、彼は彼らを祝福し、彼らが創造された日に彼らの名前をマンと呼びました。」.

以前に創世記2:4について議論したときに強調されたパターン、すなわち:

創世記5章1-2節の奥付は次のとおりです。

説明:「彼はそれらを作成した男性と女性。 After that he [God] blessed them and called their name Man in the day of their being created”.その後、彼[神]は彼らを祝福し、彼らが創造された日に彼らの名前を人と呼びました。

ブドウやコーヒーチェリーのような甘い果実の発酵過程において、野生酵母は糖類を用いてアルコール発酵します。 アルコールは酢酸菌によって更に<i> 酢酸</i>(お酢)に転化します。:「神がアダムを創造された日に、 彼らが罪を犯す前に、人が神の似姿で完全にされたことを示しています。

作家または所有者:「これはアダムの歴史の本です」。 The owner or writer of this section was Adam.このセクションの所有者またはライターはAdamでした。

 これは、このセクションの内容と理由の要約であり、これからさらに詳しく検討します。

 

創世記2:5-6 –3つの間の植生創造の状況rd 日と6th

 

「今、地にはまだ畑の茂みはなく、畑の植生もまだ芽生えていません。エホバ神が地に雨を降らせておらず、地を耕す人もいなかったからです。 6 しかし、霧が地球から上がって、それは地面の表面全体に水をまきました。」

1に関してこれらの聖句を創世記11:12-3とどのように調和させるかrd Creation Day which stated that grass would shoot forth, vegetation bearing seed and fruit trees with fruit?草が芽を出し、植物が種を生み、果樹が実を結ぶと述べた創造の日? It seems likely the bush of fields and the vegetation of the field here in Genesis 2:5-6 refer to the cultivatable kinds as in the same sentence the account says, “ここ創世記XNUMX:XNUMX-XNUMXの畑の茂みと畑の植生は、同じ文のように栽培可能な種類を指しているようです。地面を耕す人はいませんでした。」 「畑」という用語は、栽培も意味します。  It also adds the point that a mist was going up from the earth which watered the surface of the ground.それはまた、地表に水をまく地球から霧が上がっていたという点を追加します。 This would keep all the created vegetation alive, but for the cultivatable vegetation to really grow they need rain.これにより、作成されたすべての植生が生きたままになりますが、栽培可能な植生が実際に成長するには、雨が必要です。 We see something similar in many deserts today.今日、多くの砂漠で似たようなものが見られます。 The night dew can help keep seeds alive, but it needs rainfall to trigger the rapid growth of the flowers and grasses, etc.夜露は種子を生かしておくのに役立ちますが、花や草などの急速な成長を引き起こすには降雨が必要です。

This is also an especially useful statement in understanding the length of the Creation days.これは、作成日の長さを理解する上で特に役立つステートメントでもあります。 If the Creation days were a thousand or thousands or more years, then that would mean that the vegetation had survived for that length of time without any rainfall, which is an unlikely scenario.創造日が千年または数千年以上だった場合、それは植生が降雨なしでその期間生き残ったことを意味しますが、これはありそうもないシナリオです。 Besides, the food the animals were given to eat was also vegetation (although not from fields), and the edible vegetation would begin to run out if it was not able to grow and reproduce rapidly through lack of rain and moisture.その上、動物に与えられた食物も(畑からではありませんが)植物であり、雨や湿気の不足によって急速に成長して繁殖することができなければ、食用植物は枯渇し始めました。

A lack of edible vegetation would also mean the starvation of the animals that had only just been created earlier on the sixth day.食用植物の欠如はまた、24日目の早い段階で作成されたばかりの動物の飢餓を意味します。 We should also not forget that of the birds and insects created on the fifth day, many rely on the nectar and pollen from flowers and would start to go hungry if the vegetation did not grow soon or started to wilt.また、XNUMX日目に作成された鳥や昆虫の多くは、花の蜜や花粉に依存しており、植生がすぐに成長しなかったり、しおれ始めたりすると、空腹になり始めることも忘れてはなりません。 All these interlocking requirements give weight to the fact that the creation day had to be XNUMX hours long only.これらすべての連動要件は、作成日がXNUMX時間のみである必要があるという事実に重きを置いています。

One final point is that even today, life as we know it is incredibly complex, with many, many, interdependencies.最後のポイントは、今日でも、私たちが知っている生活は非常に複雑で、多くの相互依存関係があるということです。 We mentioned some above, but just as the birds and insects (and some animals) depend on flowers, so too the flowers and fruits depend on the insects and birds for their pollination and dispersal.先ほど触れましたが、鳥や昆虫(そして一部の動物)が花に依存しているように、花や果物も受粉や散布を昆虫や鳥に依存しています。 As scientists trying to replicate a coral reef in a large aquarium have found, miss out just one fish or other small creature or water vegetation and there can be serious problems to keep the reef going as a viable reef for any length of time.大きな水族館でサンゴ礁を再現しようとしている科学者が発見したように、魚やその他の小さな生き物や水生植物をXNUMXつだけ見逃すと、サンゴ礁を存続可能なサンゴ礁として長期間維持するには深刻な問題が発生する可能性があります。

 

創世記2:7-9 –人間の創造を再考する

 

「そしてエホバ神は地面からのほこりから人を形作り、彼の鼻の穴に命の息を吹き込み、その人は生きた魂になりました。 8 さらに、エホバ神はエデンの東に向かって庭を植え、そこに自分が造られた人を置きました。 9 このように、エホバ神は、自分の目に望ましい、食物に良いすべての木、そして庭の真ん中にある生命の木と善悪の知識の木を地面から成長させました。」

In this first part of the next history, we return to the creation of Man and receive extra details.次の歴史のこの最初の部分では、人間の創造に戻り、追加の詳細を受け取ります。 These details include that man was made of dust and that he was put in a garden in Eden, with desirable fruit trees.これらの詳細には、人がほこりでできていたこと、そして彼が望ましい果樹のあるエデンの庭に入れられたことが含まれています。

ほこりでできています

今日の科学はこの声明の真実を確認しました、その人は形成されます 「地面からのほこりから。」

[I]

人体の生命には11の要素が必要であることが知られています。

Oxygen, carbon, hydrogen, nitrogen, calcium, and phosphorus make up 99% of the mass, while the following five elements make up about 0.85%, being potassium, sulfur, sodium, chlorine, and magnesium.酸素、炭素、水素、窒素、カルシウム、リンが質量の12%を占め、カリウム、硫黄、ナトリウム、塩素、マグネシウムの10つの元素が約50%を占めています。 There are then at least XNUMX trace elements which are also believed to be necessary which in total weigh less than XNUMX grams, less than the amount of magnesium.その場合、少なくともXNUMXの微量元素が必要であると考えられており、これらは合計でXNUMXグラム未満、マグネシウムの量よりも少なくなっています。 Some of these trace elements are silicon, boron, nickel, vanadium, bromine, and fluorine.これらの微量元素には、シリコン、ホウ素、ニッケル、バナジウム、臭素、フッ素などがあります。 The large amounts of hydrogen and oxygen are combined to make water which is just over XNUMX% of the human body.大量の水素と酸素を組み合わせて、人体のXNUMX%強の水を作ります。

 

The Chinese language also confirms that man is made of dust or earth.中国語はまた、人間がほこりや土でできていることを確認しています。 Ancient Chinese characters indicate that the first man was made from dust or earth and then given life, just as Genesis 2:7 states.古代中国の文字は、創世記XNUMX章XNUMX節にあるように、最初の人がほこりや土から作られ、その後命を与えられたことを示しています。 For the exact details please see the following article:正確な詳細については、次の記事を参照してください。 予期しないソースからのジェネシスレコードの確認 –パート2(およびシリーズの残りの部分) [II].

We should also note that this verse uses “formed” rather than “created”.また、この節は「作成された」ではなく「形成された」を使用していることに注意する必要があります。 The normal use for the Hebrew wordヘブライ語の通常の使用 「ヤッサー」 粘土の器を成形する人間の陶芸家に関連してよく使用され、エホバが人間を創造する際に特別な注意を払ったことを意味します。

This is also the first mention of a garden in E'den.これは、エデンの庭についての最初の言及でもあります。 A garden is cultivated and or tended and cared for.庭は耕作されたり、手入れされたり、世話をされたりします。 In it, God then put all sorts of good-looking trees with desirable fruit for food.その中に、神はそれから食物のために望ましい果物であらゆる種類の見栄えの良い木を置きました。

XNUMXつの特別な木もありました:

  1. 「庭の真ん中にある生命の木」
  2. 「善と悪の知識の木。」

 

創世記2:15-17と創世記3:15-17、22-24でそれらをより詳細に見ていきますが、ここでの翻訳は、 「また、庭の真ん中で、生命の木と善悪の知識の木」 (創世記3:3を参照)。

 

創世記2:10-14 –エデンの地理的記述

 

「今、庭に水をやるためにエデンから流れ出る川がありました、そしてそこからそれは別れ始めました、そしてそれはいわばXNUMXつの頭になりました。 11 The first one's name is Piʹshon;最初の人の名前はピションです。 it is the one encircling the entire land of Havʹi·lah, where there is gold.それは金があるハビラの全土を取り囲むものです。 12 bdelliumガムとオニキスストーンもあります。 13 And the name of the second river is Giʹhon;そして、XNUMX番目の川の名前はGiʹhonです。 it is the one encircling the entire land of Cush.それはクシュの全土を取り巻くものです。 14 As・syrʹi・aの東に行くものです。 And the fourth river is the Eu·phraʹtes”.そしてXNUMX番目の川はEu・phraʹtesです。

Firstly, a river issued out of the region of Eden and flowed through the garden that Adam and Eve were placed in, to water it.最初に、エデンの地域から出て、アダムとイブが置かれた庭を通って流れ、それに水をまきました。 Then comes an unusual description.次に、珍しい説明があります。 Having watered the garden, the river split into four and became the headwaters of four large rivers.庭に水をやった後、川はXNUMXつに分かれ、XNUMXつの大きな川の源流になりました。 Now we have to remember that this was before the Flood of Noah's day, but it appears one was called the Euphrates even then.これはノアの洪水の前だったことを覚えておく必要がありますが、それでもユーフラテス川と呼ばれていたようです。

実際の「ユーフラテス」という言葉は古代ギリシャ語の形で、川は 「ペラ」 ヘブライ語で、アッカド語に似ています 「プラツ」。 今日、ユーフラテス川はヴァン湖近くのアルメニア高原で上昇し、ほぼ南西に流れてから南に曲がり、次にシリアで南東に曲がり、ペルシャ湾に続いています。

ヒデケルは、ユーフラテス川のXNUMXつの腕のうちの一方のすぐ南から始まり、アッシリアの東に向かうペルシャ湾(およびメソポタミア– XNUMXつの川の間の土地)まで南東に続くティグリス川であると理解されています。

今日、他のXNUMXつの川を特定することは困難です。これは、ノアの洪水とその後の陸地の隆起の後、驚くことではありません。

Perhaps the best closest match today for the Gi'hon is the River Aras, which rises between the south-eastern coast of the Black Sea and Lake Van, in northeast Turkey before flowing mainly eastwards eventually into the Caspian Sea.おそらく、今日のギホンに最も近いのは、トルコ北東部の黒海の南東海岸とヴァン湖の間にそびえるアラス川で、主に東に流れて最終的にカスピ海に流れ込みます。 The Aras was known during the Islamic invasion of the Caucasus in the eighth century as the Gaihun and by the Persians during the 19アラスは、XNUMX世紀のコーカサスへのイスラムの侵略の間にガイフンとして、そしてXNUMX年の間にペルシャ人によって知られていましたth Jichon-Arasとしての世紀。

David Rohl, an Egyptologist, has identified Pishon with the Uizhun, placing Havilah to the northeast of Mesopotamia.エジプト学者のデビッド・ロールは、メソポタミアの北東にハビラを置き、ピション川をウイズンと同一視しました。 The Uizhun is known locally as the Golden River.ウイズンは地元ではゴールデンリバーとして知られています。 Rising near the stratovolcano Sahand, it meanders between ancient gold mines and lodes of lapis lazuli before feeding the Caspian Sea.成層火山サハンドの近くにそびえ立ち、カスピ海に餌をやる前に、古代の金鉱とラピスラズリの鉱脈の間を曲がりくねっています。 Such natural resources correspond to the ones associated with the land of Havilah in this passage in Genesis.そのような天然資源は、創世記のこの箇所のハビラの土地に関連するものに対応しています。[III]

エデンの可能性のある場所

Based on these descriptions, it appears we can tentatively locate the former Garden of Eden in the valley area east of modern Lake Urmia bounded by roads 14 and 16. The Land of Havilah to the south-east of this map extract, following road 32. The Land of Nod was likely to the east of Bakhshayesh (due east of Tabriz), and the Land of Cush off the map to the north-north-east of Tabriz.これらの説明に基づいて、道路XNUMXとXNUMXで囲まれた現代のウルミエ湖の東の谷間に旧エデンの園を暫定的に見つけることができるようです。この地図の南東にあるハビラの土地は、道路XNUMXに続いています。ノッドの地はバクシャイシュの東(タブリーズの東)にあり、クッシュの地はタブリーズの北東にある地図から外れている可能性があります。 Tabriz is to be found in the East Azerbaijan Province of Iran.タブリーズはイランの東アゼルバイジャン州で発見されます。 The mountain ridge north-east of Tabriz is known today as Kusheh Dagh – the mountain of Kush.タブリーズの北東にある山の尾根は、今日、クシュの山であるクシェダグとして知られています。

 

地図データ©2019 Google

 

創世記2:15-17 –アダムは庭に定住し、最初の命令

 

「そしてエホバ神はその人を連れてエデンの園に定住させ、それを耕し、世話をしました。 16 また、エホバ神はその人にこの命令を下されました。「庭の木々から、満足のいくように食べることができます。 17 しかし、善悪の知識の木については、それから食べてはならない。それから食べる日には、あなたは前向きに死ぬであろう。」

Man's original task was to cultivate the garden and take care of it.人間の本来の仕事は、庭を耕し、世話をすることでした。 He was also told he could eat from every tree of the Garden, which included the tree of life, with the only exclusion being the tree of knowledge of good and bad.彼はまた、生命の木を含む庭の木から食べることができると言われましたが、唯一の除外は善悪の知識の木です。

アダムは今までに動物や鳥などの死に精通していたに違いないと推測することもできます。さもなければ、善悪の知識の木に従わずに食べることは彼の死を意味するという警告は、彼の死を意味するでしょう。意味がありませんでした。

Would Adam die within 24 hours of eating from the tree of knowledge of good and bad?アダムは善悪の知識の木から食べてから1時間以内に死ぬでしょうか? No, because the word for “day” is qualified rather than standing alone as in Genesis XNUMX. The Hebrew text readsいいえ、創世記XNUMXのように単独で立つのではなく、「日」という言葉が修飾されているためです。ヘブライ語のテキストには 「beyowm」 which is a phrase, “in the day”, meaning a time period.これは、「その日のうちに」というフレーズであり、期間を意味します。 The text does not say “on the day”, or “that very day” which would clearly make the day a specific 24-hour day.テキストには、「当日」または「その日」とは書かれていません。これにより、その日は特定のXNUMX時間制になります。

 

創世記2:18-25 –イブの創造

 

"18 エホバ神は続けてこう言われました。「人が自分で続けるのは良くない。 彼を補完するものとして、彼のためにヘルパーを作ります。」 19 Now Jehovah God was forming from the ground every wild beast of the field and every flying creature of the heavens, and he began bringing them to the man to see what he would call each one;今、エホバ神は野のすべての野獣と天のすべての飛んでいる生き物を地面から形成していました、そして彼は彼がそれぞれと呼ぶものを見るためにそれらを人に連れて行き始めました。 and whatever the man would call it, each living soul, that was its name.そして、人がそれを呼ぶものは何でも、それぞれの生きている魂、それはその名前でした。 20 それで、その男は、すべての家畜、天の空飛ぶ生き物、そして野のすべての野獣の名前を呼んでいましたが、人間にとって、彼を補完するものは見つかりませんでした。 21 それゆえ、エホバ神はその人に深い眠りを与え、眠っている間に彼は肋骨の一つを取り、その場所の肉を閉じました。 22 そしてエホバ神は彼が男性から女性に取った肋骨を作り、彼女を男性に連れて行くように進んだ。

23 それから男は言った: 「これはついに私の骨の骨です そして私の肉の肉。 これは女性と呼ばれます、 人からこれが取られたからです。」

24 そのため、男性は父親と母親を離れ、妻に固執し、彼らは一つの肉体にならなければなりません。 25 男と妻は二人とも裸のままでしたが、恥ずかしがることはありませんでした。」. 

補数

The Hebrew text talks about “a helper” and “an opposite” or “counterpart” or “complement”.ヘブライ語のテキストでは、「ヘルパー」と「反対」または「カウンターパート」または「補完」について説明しています。 A woman is therefore not inferior, nor a slave, nor property.したがって、女性は劣っていないし、奴隷でも財産でもありません。 A complement or counterpart is something that completes the whole.補完または対応物は、全体を完成させるものです。 A complement or counterpart is usually different, giving things not in the other part so that when joined together the whole unit is superior to the two individual halves.補数または対応物は通常異なり、他の部分にはないものを与えるので、一緒に結合されたときにユニット全体がXNUMXつの個々の半分よりも優れています。

If one were to tear a currency note in half, each half is a counterpart to the other.一方が紙幣を半分に裂くとしたら、それぞれの半分はもう一方の半分に相当します。 Without rejoining them both, the two halves are not worth half of the original, in fact, their value dramatically drops on their own.両方を再結合しないと、24つの半分は元の半分の価値がなく、実際、それらの値は自然に劇的に低下します。 Indeed verse XNUMX confirms this when talking about marriage it says, “確かにXNUMX節は、結婚について話すときにこれを確認しています。そのため、男性は父親と母親を離れ、妻に固執し、彼らは一つの肉体にならなければなりません。」 Here “body” is interchangeable with “flesh”.ここで「体」は「肉」と交換可能です。 Obviously, this does not happen physically, but they have to become one unit, united in aims if they are to succeed.明らかに、これは物理的には起こりませんが、成功するためには、それらは1つのユニットになり、目的を持って団結する必要があります。 The Apostle Paul made an almost identical point when later talking about the Christian congregation needing to be united in 12 Corinthians 12:31-XNUMX, where he said that the body was made of many members and that they all needed one another.使徒パウロは、後にクリスチャン会衆がXNUMXコリントXNUMX:XNUMX-XNUMXで団結する必要があることについて話し、体は多くの会員で構成されており、全員が互いに必要であると述べたとき、ほぼ同じ点を述べました。

 

動物や鳥はいつ作られたのですか?

インターリニアヘブライ語聖書(Biblehub上)は創世記2:19を 「そして、地面からヤハウェ神を形成しました…」。 「ワウ」の結合は、同じ6で以前に作成された動物や鳥の持ち込みに言及されたばかりの人間の作成に関連していますth creative day, to the man for him to name.創造的な日、彼が名前を付けるために男に。 Hence this verse would read more accurately: “したがって、この節はより正確に読むでしょう。今エホバ神 形成した [最近、その日早く] 地面から野のすべての野獣と天のすべての飛んでいる生き物、そして彼は彼らを男に連れて行き始め、彼がそれぞれを何と呼ぶか​​を見ました。」 これは、この節が創世記1:24-31に同意することを意味します。これは、動物と鳥が最初に6日に作成されたことを示しています。th day, followed by the culmination of his creation, man (and woman).日、彼の創造の集大成、男性(そして女性)が続きます。 Otherwise, Genesis 2:19 would be contradicting Genesis 1:24-31.そうでなければ、創世記XNUMX:XNUMXは創世記XNUMX:XNUMX-XNUMXと矛盾するでしょう。

英語標準バージョンも同様に読みます 「今、主なる神は地から野のすべての獣と天のすべての鳥を形作り、彼が彼らを何と呼ぶか​​を見るために彼らを人のところに連れてきた」。 A number of other translations deal with this as two separate linked events saying like the Berean Study Bible他の多くの翻訳は、これをXNUMXつの別々のリンクされたイベントとして扱っています。 「そして、主なる神は地から野のすべての獣と空中のすべての鳥を形作り、彼が彼らを何と呼ぶか​​を見るために彼らを人のところに連れてきた」。 それによって、名前を付けられるために人にもたらされた動物や鳥の起源を繰り返します。

 

イブの到着

The naming of the animals and birds made all the more obvious to Adam that he had no helper or complement, unlike the animals and birds which all had helpers or complements.動物や鳥の名前は、すべてがヘルパーや補体を持っていた動物や鳥とは異なり、彼にはヘルパーや補体がないことをアダムにさらに明白にしました。 Therefore, God completed his creation by giving Adam a partner and complement.したがって、神はアダムにパートナーと補完を与えることによって彼の創造を完成させました。

これの最初の段階は 「エホバ神はその人に深い眠りをお与えになりました。そして彼が眠っている間に、彼は肋骨のXNUMXつを取り、その場所の肉を閉じました。」

「深い眠り」という用語は 「ターデマ」[IV] in Hebrew and where it is used elsewhere in the Bible usually is describing a very deep sleep that befalls a person usually by a supernatural agency.ヘブライ語で、そしてそれが聖書の他の場所で使われているところでは、通常、超自然的な機関によって人に降りかかる非常に深い睡眠を説明しています。 In modern terms, it would be similar to being put under full anesthetic for an operation to remove the rib and close and seal up the incision.現代の用語では、それは肋骨を取り除き、切開を閉じて密封する手術のために完全な麻酔下に置かれることに似ています。

肋骨は、女性を作成するためのベースとして機能しました。 「そしてエホバ神は彼が男性から女性に取った肋骨を作り、彼女を男性に連れて行くように進んだ」。

Adam was now satisfied, he felt complete, he had a complement just as all the other living creatures had that he had named.アダムは今や満足し、完全であると感じ、他のすべての生き物が彼が名付けたのと同じように補完を持っていました。 He also named her a woman,彼はまた彼女を女性と名付けました、 「ish-shah」 ヘブライ語で、人から "Hは"、彼女は連れて行かれました。

「そして、男と彼の妻は、二人とも裸のままでしたが、それでも彼らは恥ずかしがりませんでした」.

この時、彼らは善悪の知識の木から食べていなかったので、裸であることを恥じていませんでした。

 

創世記3:1-5 –イブの誘惑

 

「今や蛇は、エホバ神が造られた野のすべての野獣の中で最も用心深いことがわかりました。 So it began to say to the woman: “Is it really so that God said YOU must not eat from every tree of the garden?”それでそれは女性に言い始めました:「それはあなたが庭の木から食べてはならないと神が言われたのは本当にそうですか?」 2 これで女は蛇に言った、「庭の木々の実のうち、私たちは食べることができます。 3 しかし、庭の真ん中にある木の実を食べることに関して、神は「あなたはそれから食べてはならない、いや、あなたは死なないようにそれに触れてはならない」と言われました。 4 これで蛇は女に言った、「あなたは前向きに死ぬことはありません。 5 神は、あなたがそれを食べるその日に、あなたの目が開かれ、あなたは神のようになり、善と悪を知っていることを知っているからです。」

創世記2章9節は、生命の木は庭の真ん中にあると述べました。ここでは、知識の木も庭の真ん中にあったことを示しています。

Revelation 12:8 identifies Satan the Devil as the voice behind the serpent.黙示録XNUMX:XNUMXは、悪魔サタンを蛇の背後にいる声として特定しています。 It says,それは言う、 「それで、偉大なドラゴンが投げ落とされました。元の蛇、悪魔と悪魔と呼ばれるもので、人が住んでいる地球全体を誤解させています。」.

Satan the Devil, likely using ventriloquism to make the snake appear to talk, was crafty in the way he approached the subject.おそらく腹話術を使ってヘビが話しているように見せかける悪魔サタンは、彼が主題に近づく方法で巧妙でした。 He did not tell Eve to go and eat of the tree.彼はイブに木を食べに行くように言いませんでした。 If he had done so she would likely have rejected it out of hand.もし彼がそうしていたら、彼女はおそらくそれを手に負えないで拒絶したでしょう。 Instead, he created doubt.代わりに、彼は疑いを生み出しました。 He asked in effect, “Did you hear it right that you should not eat from every tree”?彼は事実上、「すべての木から食べるべきではないということを正しく聞きましたか」と尋ねました。 However, Eve did know the command because she repeated it to the serpent.しかし、イブはそれを蛇に繰り返したので、その命令を知っていました。 She said in effect “We can eat from every fruit tree we like except for one tree in the middle of the garden where God said do not eat from it or even touch it, or you will die”.彼女は事実上、「庭の真ん中にある一本の木を除いて、好きなすべての果樹から食べることができます。

It was at this point that Satan then contradicted what Eve had repeated.サタンがイブが繰り返したものと矛盾したのはこの時点でした。 The serpent said蛇は言った:「あなたは積極的に死ぬことはありません。 5 神は、あなたがそれを食べるその日に、あなたの目が開かれ、あなたは神のようになり、善と悪を知っていることを知っているからです。」 そうすることで、悪魔は神がアダムとイブから価値のあるものを差し控えていたことを暗示していて、果物に参加することはイブにとってより魅力的になりました。

 

創世記3:6-7 –誘惑に陥る

 「その結果、女性はその木が食べ物に良く、目に憧れるものであることに気づきました。そうです、その木は見るのが望ましいものでした。 So, she began taking of its fruit and eating it.それで、彼女はその果物を取り、それを食べ始めました。 Afterward she gave some also to her husband when with her and he began eating it.その後、彼女は彼女と一緒にいるときに彼女の夫にもいくつかを与え、彼はそれを食べ始めました。 7 Then the eyes of both of them became opened and they began to realize that they were naked.それから二人の目が開かれ、彼らは裸であることに気づき始めました。 Hence, they sewed fig leaves together and made loin coverings for themselves”したがって、彼らはイチジクの葉を縫い合わせて、自分たちで腰肉を覆いました。」

 

インスピレーションの下で、使徒ヨハネは1ヨハネ2:15-17に書いています 「世界や世界のものを愛してはいけません。 If anyone loves the world, the love of the Father is not in him;誰かが世界を愛しているなら、父の愛は彼の中にはありません。 16 なぜなら、肉の欲望と目の欲望、そして自分の生き方の派手な表示など、世界のすべてのものは父に由来するのではなく、世界に由来するからです。 17 さらに、世界は亡くなり、その願望も亡くなりますが、神の御心を行う者は永遠に残ります。」

In eating from the tree of knowledge of good and bad, Eve gave in to the desire of the flesh (the taste of good food) and the desire of the eyes (the tree was desirable to look upon).イブは善悪の知識の木から食べることで、肉の欲望(おいしい食べ物の味)と目の欲望(木は見るのが望ましい)に屈しました。 She also wanted a means of life that was not rightfully hers to take.彼女はまた、当然のことながら自分のものではない生活手段を望んでいました。 She wanted to be like God.彼女は神のようになりたかったのです。 Thus, in due course, she passed away, just as this wicked world will do in God's due time.このように、やがて、この邪悪な世界が神のやがてそうするように、彼女は亡くなりました。 She failed to do彼女はしなかった 「神の意志」 and remain forever.そして永遠にとどまります。 Yes, “はい、 "彼女はその果物を取り始め、それを食べ始めました。」 Eve fell from perfection to imperfection in that moment.その瞬間、イブは完璧から不完全に落ちました。 It came about not because she was created imperfect but because she failed to dismiss that wrong desire and thought and as James 1:14-15 tells usそれは、彼女が不完全に作られたからではなく、その間違った欲望と考えを却下できなかったからであり、ジェームズXNUMX:XNUMX-XNUMXが私たちに語っています しかし、一人一人が自分の欲望に引き出されて誘惑されることによって試されます。 15 Then the desire, when it has become fertile, gives birth to sin;そして、欲望は、それが肥沃になったとき、罪を生みます。 in turn, sin, when it has been accomplished, brings forth death”.次に、罪は、それが成し遂げられたとき、死をもたらします。」 This is an important lesson we can learn, as we may see or hear something that tempts us.これは私たちが学ぶことができる重要な教訓です。私たちを誘惑する何かを見たり聞いたりするかもしれないからです。 That in itself is not the problem, the problem is when we do not dismiss that temptation and thereby refuse to partake in that wrongdoing.それ自体は問題ではありません。問題は、その誘惑を却下せず、それによってその不正行為に参加することを拒否する場合です。

状況はさらに悪化しました 「その後、彼女は彼女と一緒にいるときに夫にもいくつかの[果物]を与え、彼はそれを食べ始めました」。 Yes, Adam willingly joined her in sinning against God and disobeying his one sole command.そうです、アダムは喜んで彼女に加わり、神に対して罪を犯し、彼の唯一の命令に従わなかったのです。 It was then that they began to realize that they were naked and hence they made loin coverings for themselves out of fig leaves.その時、彼らは自分たちが裸であることに気づき始めたので、イチジクの葉で自分たちのために腰肉を覆いました。

 

創世記3:8-13 –発見と非難のゲーム

 

8 後に彼らはその日のさわやかな部分についてエホバ神が庭を歩いている声を聞き、その男と彼の妻は庭の木々の間にエホバ神の顔から隠れるようになりました。 9 そしてエホバ神はその人に呼びかけ続け、「あなたはどこにいますか」と言われました。 10 最後に彼は言った。「庭であなたの声が聞こえましたが、私は裸だったので恐れていたので、身を隠しました。」 11 At that he said: “Who told you that you were naked?それで彼は言った:「あなたが裸だと誰があなたに言ったのですか? From the tree from which I commanded you not to eat have you eaten?”私があなたに食べないように命じた木から、あなたは食べましたか?」 12 その男は続けて言った、「あなたが私と一緒にいるように与えた女性、彼女は私に木から[果物]をくれたので、私は食べました。」 13 With that Jehovah God said to the woman: “What is this you have done?”それでエホバ神はその女性に言われた、「あなたはこれを何をしたのですか」。 To this the woman replied: “The serpent—it deceived me and so I ate.”これに対して、女性はこう答えました。「蛇。それは私をだまして、私は食べました。」

Later that day Adam and Eve heard Jehovah God's voice in the garden in the breezy part of the day.その日遅く、アダムとイブはその日のさわやかな部分の庭でエホバ神の声を聞きました。 Now they both had guilty consciences, so they went and hid among the trees of the garden, but Jehovah continued to call for them, asking今、彼らは両方とも有罪の良心を持っていたので、彼らは庭の木々の間に行って隠れましたが、エホバは彼らを呼び続け、尋ねました "どこにいますか?"。 Eventually, Adam spoke up.最終的に、アダムは話しました。 God immediately asked if they had eaten from the tree that he had commanded them not to eat from.神はすぐに、彼らが食べないように命じた木から彼らが食べたかどうか尋ねました。

これは、物事が異なった結果になる可能性がある場所ですが、私たちは決して知りません。

そうです、アダムは神の命令に従わなかったと告白する代わりに、そうして許しを求めて申し訳ありませんでした。代わりに、彼は自分の返事で神を非難しました。 「あなたが私と一緒にいるようにくれた女性は、木から私に[果物]をくれたので、私は食べました」。 Furthermore, he compounded his error as he clearly showed he had known where Eve had obtained the fruit from.さらに、彼はイブがどこから果物を手に入れたかを知っていたことをはっきりと示したので、彼の誤りを悪化させました。 He did not explain that he ate what Eve gave him without knowing where it came from and then realized or was told by Eve of the fruit's origin.彼は、イブがどこから来たのかを知らずに、イブが彼に与えたものを食べたと説明しなかった。

Of course, Jehovah God then asked for an explanation from Eve, who in turn blamed the serpent, saying it deceived her and so she ate.もちろん、エホバ神はそれからイブに説明を求めました。イブは蛇をだまして食べたと言って蛇を非難しました。 As we read earlier in Genesis 3:2-3,6, Eve knew that what she did was wrong because she told the serpent about God's command not to eat from the tree and the consequences if they did.創世記XNUMX:XNUMX-XNUMXで先に読んだように、イブは、木から食べないようにという神の命令と、食べた場合の結果について蛇に話したので、自分のしたことが間違っていることを知っていました。

庭にあるすべての木から一本の木から食べないという神の合理的な命令に対するこの不従順には、多くの結果があります。

 

これらの結果については、アダムの歴史の残りの部分を調べるシリーズの次のパート(6)で説明します。

 

 

[I] OpenStax Collegeによる–これはFile:201 Elements of the Human Body-01.jpg、CC BY 3.0、の切り捨てられたバージョンです。 https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=46182835

[II] https://beroeans.net/2020/03/17/16806/

[III] 概略図については、p55を参照してください。伝説、文明の創世記」デビッドロールによる。

[IV] https://biblehub.com/hebrew/8639.htm

タドゥア

Taduaによる記事。
    3
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x