このシリーズの最初の部分では、この質問に関する聖書の証拠を調べました。 歴史的証拠を考慮することも重要です。

歴史的証拠

ここで少し時間を取って、キリスト後の最初の数世紀の初期の歴史家、主にキリスト教の作家の証拠を調べてみましょう。

Justin Martyr –Tryphoとの対話[I] (書かれたc。147AD –c。161AD)

第XXXIX章、P.573 彼が書きました:「それゆえ、神がそれらの七千人の人のために怒りを与えなかったように、それでも彼は今でもまだ裁きを下さず、またそれを負わせていません。 [あなた方の]何人かはキリストの名において弟子になりつつあります、およびエラーのパスを終了します。 '」

ユスティノス–最初の謝罪

ただし、ここでは、LXI章(61)で次のことがわかります。 「なぜなら、宇宙の父なる神、そして私たちの救い主イエス・キリスト、そして聖霊の名において、彼らは水で洗われるからです。」[II]

ユスティノス(西暦150年頃)の前のいかなる書物にも、バプテスマを受けている人や、父、子、聖霊の名において誰かがバプテスマを受けているという慣習の証拠はありません。

また、最初の謝罪のこのテキストは、当時の一部のクリスチャンの慣習を反映しているか、後でテキストを変更した可能性があります。

証拠から De Rebaptismate[III] (冊子:リバプティズムについて)西暦254年頃。 (ライター:匿名)

章1 「要点は、最も古い慣習と教会の伝統によれば、その後はそれで十分かどうかです。 彼らが教会の外で実際に受けたバプテスマですが、それでも私たちの主イエス・キリストの名において、彼らが聖霊を受けるために司教によって彼らに手だけが置かれるべきであり、そしてこの手の押し付けは彼らに新たなそして完全な信仰の封印を与えるでしょう。 あるいは、バプテスマを新たに受けていなければ何も受けないように、バプテスマを繰り返す必要があるのか​​どうか。 まるで彼らがイエス・キリストの名によってバプテスマを受けなかったかのようにmsgstr ""#:。

章3 「まだ聖霊は彼らの誰にも降りていなかったので、 しかし、彼らは主イエスの名によってのみバプテスマを受けていました。"。 (これは、サマリア人のバプテスマについて議論する際の使徒8章に言及していました)

章4 なぜなら 私たちの主イエス・キリストの名によるバプテスマ その前に行った―悔い改めて信じる別の人にも聖霊が与えられますように。 聖書はキリストを信じるべきであると断言しているので、聖霊のバプテスマを受ける必要があります。 そのため、これらも完全にクリスチャンである人々よりも少ないものを持っているようには見えないでしょう。 尋ねる必要がないように 彼らがイエス・キリストの名によって成し遂げたバプテスマはどのようなものでしたか。 とにかく、その前の議論でも、 イエス・キリストの名によってのみバプテスマを受けるべきだった人々、あなたは彼らが聖霊なしでさえ救われることができると決定するべきです、 "

章5: それからペテロに答えました、「私たちと同じように聖霊を受けた人は、バプテスマを受けてはならない、水を禁じることができますか」。 そして彼は彼らに命じました イエス・キリストの名によってバプテスマを受ける。」」。 (これは、コーネリアスと彼の家族のバプテスマの説明を参照しています。)

章6:  「また、私が思うに、使徒たちが聖霊によって語った人々を告発したのは、他の理由ではありませんでした。 彼らはキリスト・イエスの名によってバプテスマを受けるべきだと。 ペテロが使徒言行録で次のように述べているように、バプテスマによって人に呼びかけられたイエスの名の力は、バプテスマを受けるべき人にわずかな利点を与えることができないかもしれません。 (4)使徒パウロもまた展開し、神が私たちの主イエスを高められたことを示し、「彼に名前を与えた。それはすべての名前の上にあるかもしれない。イエスの名はすべて、天と地、そして地の下で、ひざまずくべきであり、すべての舌は、イエスが父なる神の栄光の中で主であることを告白しなければなりません。」

章6: 「しかし 彼らはイエスの名によってバプテスマを受けました、それでも、彼らが一定の時間間隔でエラーを取り消すことができたのなら」。

章6: 「彼らは水でバプテスマを受けましたが 主の名において、やや不完全な信仰を持っていたかもしれません。 人がバプテスマを受けないかどうかは非常に重要だからです 私たちの主イエス・キリストの名において、」。

章7 また、私たちの主がこの扱いに反していると言われたことを尊重してはなりません。:「あなたがたは行って、諸国民に教えなさい。 父と子と聖霊の名によって彼らにバプテスマを授けなさい。」

これは、イエスの名によってバプテスマを受けることが実践であり、イエスが デバプテスマ父と子と聖霊の名によって彼らにバプテスマを授けなさい」 考慮すべきではない キリストの命令と矛盾する。

結論:3年半ばrd 世紀、慣習はイエスの名においてバプテスマを授けることでした。 しかし、バプテスマを施すことに賛成する人もいました。父と子と聖霊の名において彼らを」。 これは、三位一体の教義を確認した西暦325年のニカイア公会議の前でした。.

ディダチェ[IV] (書かれた:不明、およそ西暦100年から250年までの推定、作家:不明)

作家は不明であり、紀元250年頃までに何らかの形で存在していたものの、執筆日は不明です。 しかし、3後半のかなりのエウセビオスrd、初期4th センチュリーは彼のリストにディダケー(別名使徒の教え)を含めています 非正規の偽の作品。 (Historia Ecclesiastica –ChurchHistory。BookIII、25、1-7を参照)。[V]

ディダケー7:2-5は、 「7:2最初にこれらすべてのことを教えたので、 父と子と聖霊の名によってバプテスマを授けなさい 生きている(流れる)水の中。 7:3しかし、生きている水がないなら、他の水でバプテスマを授けなさい。 7:4そしてあなたが寒い中でできないなら、それから暖かい。 7:5しかし、どちらも持っていない場合は、頭に水をXNUMX回注ぎます。 父と子と聖霊の名において。 

対照的に:

ディダケー9:10は、 「9:10しかし、この聖体の感謝祭を食べたり飲んだりしてはいけません。 主の名によってバプテスマを受けた者。 

ウィキペディア[VI] アメリカ合衆国 「ディダケーは、2,300語程度の比較的短いテキストです。 内容は1つの部分に分けられ、ほとんどの学者は後の編集者によって別々の情報源から組み合わされたことに同意します。最初は6つの方法、生き方と死の方法です(第7章から第10章)。 第二部は、バプテスマ、断食、聖体拝領を扱う儀式です(第11章から第15章)。 16番目は、宣教と使徒、預言者、司教、助祭の扱い方について語っています(第XNUMX章から第XNUMX章)。 そして最後のセクション(第XNUMX章)は反キリストと再臨の予言です。」

1873年に発見されたDidacheの完全なコピーは1056つだけで、3年までさかのぼります。XNUMX後半のエウセビオスrd、初期4th Centuryは、非正規の偽の作品のリストにDidache(使徒の教え)を含めています。 (Historia Ecclesiastica –ChurchHistory。BookIII、25を参照)。 [VII]

アタナシウス(367)とルフィヌス(380年頃)は ディダチェ 外典の中で。 (Rufinusは奇妙な代替タイトルを与えます ジュディシウムペトリ、「ピーターの判断」。)それはNicephorus(c。810)、Pseudo-Anastasius、およびPseudo-Athanasiusによって拒否されました。 シノプシス と60冊の本のカノン。 それは使徒教憲キヤノン85、ダマスコのイオアン、そしてエチオピア正教会によって受け入れられています。

結論:使徒またはディダケーの教えは、4の初めにすでに一般的に偽物と見なされていましたth 世紀。 ディダケー9:10はこの記事の冒頭で調べた経典と一致し、したがってディダケー7:2-5と矛盾することを考えると、著者の見解では、ディダケー9:10は、初期のエウセビオスの著作で広く引用されている元のテキストを表しています。 4th 今日のマタイ28:19のバージョンではなく、世紀。

エウセビオスの著作からの重要な証拠 カイザリアのパンフィリ (西暦260年頃から西暦339年頃)

エウセビオスは歴史家であり、西暦314年頃にカイサリアマリティマの司教になりました。 彼は多くの著作と解説を残しました。 彼の著作は3世紀の終わりから4年半ばまでさかのぼりますth 西暦世紀、ニカイア公会議の前後の両方。

彼はバプテスマがどのように行われたかについて何を書きましたか?

エウセビオスは、特にマタイ28:19から次のように多くの引用をしました。

  1. Historia Ecclesiastica(教会論\教会史)、ブック3チャプター5:2 「すべての国々に行って福音を宣べ伝え、彼らに言ったキリストの力に頼りました。 「行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい。」"。 [VIII]
  2. Demonstratio Evangelica(福音の証拠)、第6章、132 「一言と声で、彼は弟子たちにこう言いました。」行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい、 私があなたに命じたすべてのものを観察するように彼らに教えます。」[[マット。 xxv​​iii。 19.]]そして彼はその効果を彼の言葉に加えました。」 [IX]
  3. Demonstratio Evangelica(福音の証拠)、第7章、パラグラフ4 「しかし、イエスの弟子たちはおそらくこう言っているか、こう考えているのですが、マスターは、(c)勝利するべきだと言って、XNUMXつのフレーズを追加することによって彼らの困難を解決しました。 「私の名前で。」 なぜなら、彼は彼らに単純にそして無期限にすべての国の弟子を作るように命じたのではなく、必要に応じて 「私の名前で。」 そして、彼の名の力は非常に大きいので、使徒はこう言います。「神は彼にすべての名前の上にある名前を与えました。イエスの名において、すべてのひざは、天にあるもの、地にあるもの、そして地球の下にあるもの」[[Phil。 ii。 9.]]彼は弟子たちに言ったとき、群衆から隠された彼の名前の力の美徳を示しました。行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい。」 彼はまた、「この福音は、すべての国々の証人として、最初に全世界に宣べ伝えられなければならない」と言ったとき、最も正確に未来を予測しています。 [[Matt.xxiv.14。]]」。 [X]
  4. Demonstratio Evangelica(福音の証拠)、第7章、パラグラフ9 「…私​​の歩みをたどり、その原因を探り、彼らが大胆な冒険に成功することは、人間よりも神聖で強力な力によって、そして彼の協力によってのみ成功することができたと告白することを、たまらなく強いられています。誰が彼らに言ったのか:「私の名前ですべての国の弟子を作りなさい。」 そして、彼がこれを言ったとき、彼は約束を付け加えました、それは彼の命令を実行することに専念する彼らの勇気と準備を確実にするでしょう。 彼は彼らに言った、「そして見よ! 世界の終わりまで、私は一日中あなたと一緒にいます。」 [xi]
  5. Demonstratio Evangelica(福音の証拠)、ブック9、チャプター11、パラグラフ4 「そして彼は彼らの拒絶の後に彼自身の弟子たちに入札しました、 「あなたがたは行って、わたしの名によってすべての国の弟子を作りなさい。」[xii]
  6. テオファニア –第4巻、段落(16): 「ですから、私たちの救い主は彼らに、復活の後でこう言われました。 あなたがたは行って、私の名においてすべての国の弟子を作りなさい、「」。[xiii]
  7. テオファニア –第5巻、段落(17): 「彼(救い主)は一言で弟子たちに告げました。」行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい、 わたしがあなたに命じたすべてのことを彼らに教えなさい。」 [xiv]
  8. テオファニア –第5巻、段落(49):「そして彼らに言った彼の助けによって、行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい。」そして、彼が彼らにこれを言ったとき、彼はそれに、命令された事柄にすぐに諦めるように、彼らがとても励まされるべきであるという約束を付けました。 彼は彼らに言った、「見よ、わたしはいつもあなたと一緒にいて、世の終わりまでいる」。 さらに、彼は彼らに神の力で聖霊を吸い込んだと述べられています。 (したがって)彼らに奇跡を起こす力を与え、一度に「あなたがたは聖霊を受けなさい」と言った。 そして別の人に、「病人をいやし、らい病を清め、悪霊を追い出すように命じます。あなたがたは自由に受け取り、自由に与えなさい」。 [xv]
  9. イザヤについての解説–91 「しかし、むしろイスラエルの家の失われた羊に行きなさい」そして :「行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい"。 [xvi]
  10. イザヤ書評 – p.174 「彼らに言った彼のために 「行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい「彼らがいつもしていたように彼らの人生を費やさないように彼らに命じました…」。 [XVII]
  11. コンスタンティヌスの称賛における礼拝 –第16章8節 「死に勝利した後、彼は信者たちにその言葉を話し、イベントによってそれを実現し、彼らに言った、 行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい。」 [XVIII]

本によると 宗教と倫理の百科事典、第2巻、p.380-381[XIX] マタイ21:28を引用しているエウセビオスの著作には合計19の例があり、それらはすべて「すべての国」と「彼らを教える」の間のすべてを省略しているか、「私の名前ですべての国の弟子を作る」という形をしています。 上に示されていない、引用されていないXNUMXの例の大部分は、著者がオンラインで入手できなかった詩篇に関する彼の解説にあります。[xx]

彼に割り当てられた最後の著作には、今日知られているマタイ4:28を引用する19つの例もあります。 それらは、シリアの神現祭、コントラ・マルセルム、教会の神学、そしてカイザリアの教会への手紙です。 しかし、シリア語の翻訳者が当時知っていたマタイ28:19のバージョンを使用した可能性があり(上記のテオファニアからの引用を参照)、実際にエウセビオスである他の著作の著者は非常に疑わしいと考えられています。

これらの3つの著作が実際にエウセビオスによって書かれたとしても、それらはすべて西暦325年にニカイア公会議よりも後の日付であることに留意する必要があります。 三位一体の教義が受け入れられたとき。

結論:マタイ28:19エウセビオスのコピーはよく知っていました。行って、私の名前ですべての国の弟子を作りなさい。」。 彼は私たちが今日持っているテキストを持っていませんでした。

マタイ28:19-20を調べる

マタイによる福音書の終わりに、復活したイエスはガリラヤの残りの11人の弟子たちに現れます。 そこで彼は彼らに最終的な指示を与えます。 アカウントには次のように書かれています。

「そしてイエスは彼らに近づき、こう言われました。「天と地ですべての権威が私に与えられました。 19 ですから、行って、すべての国の人々の弟子を作りなさい、 私の名前で彼らにバプテスマを施す,[XXI] 20 私があなたに命じたすべてのことを観察するように彼らに教えます。 そして、見て! 物事のシステムが完成するまで、私は一日中あなたと一緒にいます。」

マシューのこの一節は、この記事でこれまでに調べたすべてのものと調和しています。

しかし、それは自然に読まれ、他の聖書の記述から予想されるように、あなたが精通している聖書と比較して、上記の読解では少し異なって読まれているように見えるものがあると思われるかもしれません。 もしそうなら、あなたは正しいでしょう。

著者がBiblehubで調べた29の英語訳すべてで、この一節は次のようになっています。 「すべての権威は天と地で私に与えられました。 19 ですから、行って、すべての国の人々の弟子を作りなさい、 父、子、聖霊の名によって彼らにバプテスマを施します, 20 私があなたに命じたすべてのことを観察するように彼らに教えます。 そして、見て! 私は物事のシステムが完成するまでずっとあなたと一緒にいます。」

ここでの「名前の」ギリシャ語は単数形であることに注意することも重要です。 これは、「父、子、聖霊の」という句が挿入であるという考えに重みを加えるでしょう。なぜなら、これは名前の中に複数形が前に付いていると当然予想されるからです。s」。 三位一体修道会が、三位一体の3 in1および1in 3の性質を支持するものとして、この「名前の中で」単数形を指摘することも関連しています。

何が違いを説明できますか?

これはどのようにして生じたのですか?

使徒パウロはテモテに近い将来何が起こるかについて警告しました。 2テモテ4:3-4で、彼は次のように書いています。 「健全な教えに我慢できない時期がありますが、自分の望みに応じて、耳をくすぐるために先生に囲まれます。 4 彼らは真実を聞くことから目をそらし、虚偽の話に注意を向けるでしょう。」

2年初頭に発展したグノーシス派のキリスト教徒グループnd 世紀は使徒パウロが警告したことの良い例です。[xxii]

マシューの写本の断片に関する問題

マタイ28を含む最も古い写本は、4後半からのものだけです。th マタイや他の聖書の本の他の箇所とは異なり、世紀。 現存するすべてのバージョンで、テキストは私たちが読んだ従来の形式で見つかります。 しかし、私たちが持っている28つの写本、アフリカの古ラテン語と古いシリア語のバージョンは、どちらもマタイ28(バチカン写本、アレクサンドリア)の最も初期のギリシャ語の写本よりも古いことを知っておくことも重要です。この点」、マタイの最後のページ(マタイ19:20-XNUMXを含む)だけが、古代のある時期に姿を消し、おそらく破壊されました。 これだけでも疑わしいです。

元の原稿への変更と不十分な翻訳

ある場所では、初期の教父のテキストは、当時の一般的な教義の見解に一致するように後で変更されました。または、翻訳では、一部の聖書の引用では、元のテキストが修正されたか、現在知られている聖書のテキストに置き換えられました。元のテキスト。

例:本の中 聖師父学の証拠と新約聖書のテキスト批評、ブルースメッツガーは次のように述べています。新約聖書のテキストを確認するために使用されるXNUMX種類の証拠のうち、ギリシャ語の写本、初期のバージョン、および教会の父の書物に保存されている聖書の引用によって提供された証拠は、最大の難しさとほとんどの問題。 まず第一に、新約聖書からの引用を求めて父親の非常に広範な文学的な遺物をくまなく調べる労力のためだけでなく、多くの人々の作品の満足のいく版のために、証拠を得るのは困難です。父はまだ生産されていません。 何世紀にもわたって、他の点では善意のある編集者が、与えられた聖師父学の文書に含まれる聖書の引用を、文書の写本の権威に反して新約聖書の現在のテキストに適応させました。。 さらに、問題の一部は、印刷が発明される前にまったく同じことが起こったことです。 Hortとして [ウェストコットとホートの聖書翻訳の] 指摘された、 '聖師父学論文の転記者が彼が慣れているテキストとは異なる引用をコピーしているときはいつでも、彼は彼の前に事実上XNUMXつのオリジナルを持っていました。 そして、違いが彼を襲った場合、彼は書かれた見本を失態したものとして扱う可能性は低いとは言えませんでした。  [xxiii]

マタイのヘブライ語の福音書 [xxiv]

これはマタイによる福音書の古いヘブライ語のテキストであり、その最も古い現在のコピーは1380世紀にさかのぼり、ユダヤ人の論争の論文「Even Bohan –TheTouchstone」にあります。シャプルト(28)。 彼のテキストの基礎ははるかに古いようです。 彼のテキストは受け取ったギリシャ語のテキストとは異なり、マタイ18:20-XNUMXは次のように読んでいます。イエスは彼らに近づき、彼らに言われた、「わたしには天と地のすべての力が与えられた。 19 20に行って、わたしがあなたに永遠に命じたすべてのことを実行するように彼らに教えなさい。」  今日聖書でよく知っている19節と比較して、ここでは「行く」以外のすべてが欠けていることに注意してください。 マシューのこの全文は、14のギリシャ語のテキストとは何の関係もありません。th 世紀、または今日知られているギリシャ語のテキストなので、それらの翻訳ではありませんでした。 それは、Q、Codex Sinaiticus、Old Syriacバージョン、およびShem-TobがアクセスできなかったThomasのコプト語の福音書に少し似ています。これらのテキストは古代に失われ、14年後に再発見されました。th 世紀。 非キリスト教のユダヤ人にとって非常に興味深いことに、今日私たちがキリオス(主)を持っている場所には、19回ほど神の名前が含まれています。[xxv] おそらくマタイ28:19は、この節に欠けている旧シリア語版のようなものです。 この情報を使用してマタイ28:19について決定的にすることは不可能ですが、それは確かに議論に関連しています。

イグナチオの著作 (西暦35年から108年)

執筆に起こったことの例は次のとおりです。

フィラデルフィアへの手紙 –マタイ28:19の三位一体版は、長いリテンションのテキストにのみ存在します。 長いリテンションテキストは4後半であると理解されていますth-三位一体の見解をサポートするために拡張された、元のミドルリテンションの世紀の拡張。 リンクされているこのテキストには、ミドルリテンションとそれに続くロングリテンションが含まれています。[xxvi]

フィリピの信徒への手紙(第II章) このテキストは偽物として受け入れられます。つまり、Ignatiusによって書かれたものではありません。 見る https://en.wikipedia.org/wiki/Ignatius_of_Antioch 。 さらに、この偽のテキストが読んでいる間、 「それゆえ、主はまた、すべての国の弟子を作るために使徒たちを遣わされたとき、彼らに「父と子と聖霊の名によってバプテスマを授ける」ように命じられました。[xxvii]

この場所にあるフィリピの信徒への手紙の元のギリシャ語のテキストには、「彼のキリストの名においてバプテスマを授けなさい」。 現代の翻訳者は、テキストの元のギリシャ語のレンダリングを、今日私たちがよく知っているマタイ28:19の三位一体のテキストに置き換えました。

有名な学者からの引用

聖書に関するピークの解説、1929年、723ページ

マタイ28:19の現在の読みについては、次のように述べています。最初の日の教会は、たとえ彼らがそれを知っていたとしても、この世界的な命令を守らなかった。 三つ折りの名前にバプテスマを施すコマンドは、後期の教義上の拡張です。 「バプテスマ…スピリット」という言葉の代わりに、おそらく単に「私の名前に」と読むべきです。、すなわち(国を回す)キリスト教に、または 「私の名前で  …」()。」[xxviii]

ジェームズ・モファット–歴史的新約聖書(1901)はp648に記載されています(681オンラインpdf)

ここで、聖書翻訳者のジェームズ・モファットは、マタイ28:19の三位一体式版について次のように述べています。バプテスマの公式の使用は、イエスの名にバプテスマの簡単なフレーズを採用した使徒たちの次の時代に属します。 このフレーズが存在し、使用されていたとしたら、その痕跡が残っていなかったはずだったのは信じられないことです。 このパッセージの外で、それへの最初の言及はクレムにあります。 ROM。 とディダケー(Justin Martyr、Apol。i61)。」[xxix]

簡潔にするためにここでは省略されている同じ結論で同様の言葉のコメントを書く他の多くの学者がいます。[xxx]

結論

  • 圧倒的な聖書の証拠は、初期のクリスチャンがイエスの名によってバプテスマを受けたということです。
  • があります いいえ 洗礼のための現在の三位一体の公式の文書化された信頼できる発生 28世紀半ば、そしてそれでも、マタイ19:XNUMXの引用としてではありません。 初代教会の教父の著作として分類された文書でのそのような出来事は、疑わしい起源と(後の)年代の偽の文書にあります。
  • 少なくとも西暦325年の第28ニカイア公会議の頃まで、マタイ19:XNUMXの入手可能なバージョンには次の言葉しか含まれていませんでした。 「私の名前で」 エウセビオスによって広く引用されているように。
  • したがって、疑いの余地なく証明することはできませんが、4後半まで証明されなかった可能性が高いです。th マタイ28:19の箇所が、三位一体の一般的な教えに合うように修正された世紀。 この時期以降は、マタイ28:19の新しいテキストに準拠するように以前のキリスト教の書物も変更された時期である可能性があります。

 

したがって、要約すると、マタイ28:19は次のように読む必要があります。

「そしてイエスは彼らに近づき、こう言われました。「天と地ですべての権威が私に与えられました。 19 ですから、行って、すべての国の人々の弟子を作りなさい、 私の名前で彼らにバプテスマを施す,[xxxi] 20 私があなたに命じたすべてのことを観察するように彼らに教えます。 そして、見て! 物事のシステムが完成するまで、私は一日中あなたと一緒にいます。」.

つづく

 

第3部では、これらの結論が組織の態度と長年にわたるバプテスマの見方について提起する質問を検討します。

 

 

[I] https://www.ccel.org/ccel/s/schaff/anf01/cache/anf01.pdf

[II] https://ccel.org/ccel/justin_martyr/first_apology/anf01.viii.ii.Lxi.html

[III] https://www.ccel.org/ccel/schaff/anf05.vii.iv.ii.html

[IV] https://onlinechristianlibrary.com/wp-content/uploads/2019/05/didache.pdf

[V] 「拒絶された書物の中には、パウロの行為、いわゆる羊飼い、ペトロの黙示録、そしてこれらに加えてバルナバの現存する手紙も考慮されなければなりません。 そして、いわゆる使徒たちの教え。 その上、私が言ったように、ヨハネの黙示録は、それが適切であると思われる場合、私が言ったように拒否するものもあれば、受け入れられた本と同じクラスのものもあります。

https://www.documentacatholicaomnia.eu/03d/0265-0339,_Eusebius_Caesariensis,_Historia_ecclesiastica_%5bSchaff%5d,_EN.pdf p.275本のページ番号

[VI] https://en.wikipedia.org/wiki/Didache

[VII] 「拒絶された書物の中には、パウロの行為、いわゆる羊飼い、ペトロの黙示録、そしてこれらに加えてバルナバの現存する手紙も考慮されなければなりません。 そして、いわゆる使徒たちの教え。 その上、私が言ったように、ヨハネの黙示録は、それが適切であると思われる場合、私が言ったように拒否するものもあれば、受け入れられた本と同じクラスのものもあります。

https://www.documentacatholicaomnia.eu/03d/0265-0339,_Eusebius_Caesariensis,_Historia_ecclesiastica_%5bSchaff%5d,_EN.pdf p.275本のページ番号

[VIII] https://www.newadvent.org/fathers/250103.htm

[IX] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_de_05_book3.htm

[X] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_de_05_book3.htm

[xi] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_de_05_book3.htm

[xii] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_de_11_book9.htm

[xiii] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_theophania_05book4.htm

[xiv] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_theophania_05book5.htm

[xv] http://www.tertullian.org/fathers/eusebius_theophania_05book5.htm

[xvi] https://books.google.ca/books?id=R7Q_DwAAQBAJ&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&hl=en&pli=1&authuser=1#v=snippet&q=%22in%20my%20name%22&f=false

[XVII] https://books.google.ca/books?id=R7Q_DwAAQBAJ&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&hl=en&pli=1&authuser=1#v=snippet&q=%22in%20my%20name%22&f=false

[XVIII] https://www.newadvent.org/fathers/2504.htm

[XIX] https://ia902906.us.archive.org/22/items/encyclopediaofreligionandethicsvolume02artbunjameshastings_709_K/Encyclopedia%20of%20Religion%20and%20Ethics%20Volume%2002%20Art-Bun%20%20James%20Hastings%20.pdf  本全体の約40%を下にスクロールして、「バプテスマ(初期クリスチャン)」という見出しを付けます。

[xx] https://www.earlychristiancommentary.com/eusebius-texts/ 教会史、クロニコン、コントラヒエロクレム、デモンストラティオエヴァンジェリカ、テオファニア、その他多数の小さなテキストが含まれています。

[XXI] または「イエス・キリストの名において」

[xxii] https://en.wikipedia.org/wiki/Gnosticism

[xxiii] Metzger、B。(1972)。 聖師父学の証拠と新約聖書のテキスト批評。 新約聖書研究、 18(4), 379-400. doi:10.1017/S0028688500023705

https://www.cambridge.org/core/journals/new-testament-studies/article/patristic-evidence-and-the-textual-criticism-of-the-new-testament/D91AD9F7611FB099B9C77EF199798BC3

[xxiv] https://www.academia.edu/32013676/Hebrew_Gospel_of_MATTHEW_by_George_Howard_Part_One_pdf?auto=download

[xxv] https://archive.org/details/Hebrew.Gospel.of.MatthewEvenBohanIbn.ShaprutHoward.1987

[xxvi] https://www.ccel.org/ccel/schaff/anf01.v.vi.ix.html

[xxvii] https://www.ccel.org/ccel/schaff/anf01.v.xvii.ii.html

[xxviii] https://archive.org/details/commentaryonbibl00peak/page/722/mode/2up

[xxix] https://www.scribd.com/document/94120889/James-Moffat-1901-The-Historical-New-Testament

[xxx] 著者からの要求に応じて利用できます。

[xxxi] または「イエス・キリストの名において」

タドゥア

Taduaによる記事。
    6
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x