エホバの証人は、JFラザフォードがタフな男だったと言われましたが、CTラッセルの死後の厳しい年の間に組織を前進させるのに必要なタイプの人間であったため、イエスは彼を選びました。 彼の最初の大統領職は、邪悪な奴隷となった背教者によって挑戦されたと言われています。 組織は彼の大統領の下で前例のない拡大を見たと言われています。 彼はナチスの反対に反対し、他の宗教が真似できない中立性の記録を定めたと言われています。

ジェームスペントンは、これらの各ステートメントが間違っている理由を説明します。 彼は、ラザフォードの大統領職が偽善、独裁、そして実際にイエスがルーク12:45で述べたすべてが邪悪な奴隷の特徴であるということを示しています。
https://youtu.be/NHMGyC_h1LM

メレティ・ビブロン

Meleti Vivlonによる記事。