「すべての思考に勝る神の平和」

第2部

フィリピン人4:7

1stの部分では、次の点について説明しました。

  • 平和とは?
  • どのような平和が本当に必要なのでしょうか?
  • 真の平和には何が必要ですか?
  • 平和の唯一の真の源。
  • One True Sourceへの信頼を築きます。
  • 父との関係を築いてください。
  • 神とイエスの戒めに従うことは平和をもたらします。

次の点を評価して、このトピックを完成させます。

神の霊は私たちが平和を育てるのを助けます

平和を発展させるために聖霊の指導者に屈するべきでしょうか? おそらく最初の反応は「もちろん」かもしれません。 Romans 8:6が語る 「精神への思いは人生と平和を意味する」 これは前向きな選択と欲望によってなされるものです。 Google辞書の定義 産出 「議論、要求、または圧力への道を与える」ことです。

そこで、いくつか質問をする必要があります。

  • 聖霊は私たちと議論しますか?
  • 聖霊は私たちがそれを助けてくれることを要求するでしょうか?
  • 聖霊は私たちに平和の方法で行動する意志に逆らうでしょうか?

聖書はこれをまったく示していません。 実際、聖霊に抵抗することは、行為7:51が示すように、神とイエスの反対者に関係しています。 そこで、スティーブンがサンヘドリンの前でスピーチをしているのを見つけます。 彼は言った 「男を頑固にし、心と耳を割っていない、あなたはいつも聖霊に抵抗している。 あなたの先祖がしたように、あなたもそうします。」  聖霊の影響に屈する必要はないはずです。 むしろ、私たちはその指導者を望み、受け入れるつもりです。 ファリサイ派のような抵抗者になりたくないのは確かです。

実際、聖霊に屈するのではなく、私たちに与えられるように父に祈ることによって意識的にそれを求めたいと思うでしょう、マシュー7:11はそれが言うときに明らかにします 「それで、もしあなたが邪悪であるにもかかわらず、あなたの子供たちに良い贈り物をする方法を知っているなら、天国にいるあなたの父は彼に尋ねる人たちにどれほど良いことを与えるでしょうか?」 この聖句は、聖霊は良い贈り物であるので、私たちが父からそれを求めるとき、彼は誠意と彼を喜ばせたいと願っている私たちの誰からもそれを差し控えないことを明らかにします。

また、イエス・キリストへの正当な名誉を含む、彼の意志と調和して生活する必要があります。 イエスに敬意を払わなければ、どうすればイエスと一致し、ローマ人の8:1-2が私たちの注意を引くものから利益を得ることができますか。 それは言う 「したがって、キリスト・イエスと一致する人々は非難されません。 キリスト・イエスと結びついて命を与える霊の律法は、あなたを罪と死の律法から解放したからです。」 不完全な人間として、私たちはredいなしで死ぬと非難されるという知識から解放されることは、とても素晴らしい自由です。 拍車をかけられないのは、自由と心の平安です。 むしろ、キリスト・イエスの犠牲を通して永遠のいのちに平安があり、イエスが聖霊を用いてそれを可能にし、イエスの戒めと一致しているという希望に対する自信を培い、築き上げるべきです。お互いを愛する。

神の霊が平和を見いだすのに役立つ別の方法は何ですか? 私たちは、神の霊感を受けた言葉を定期的に読むことにより、平和の発展を助けられます. (詩編1:2-3)。  詩編は、エホバの律法に喜びを抱き、昼と夜に彼の律法[御言葉]を読むと、水の流れが植えられた木のようになり、やがて実を結ぶようになることを示しています。 この聖句は、私たちがそれを読んで瞑想しているときでさえ、私たちの心の中の平和で静かな情景を思い起こさせます。

聖霊は、多くの事柄に関するエホバの考えを理解し、それによって心の安らぎを得るのを助けることができますか。 1 Corinthians 2:14-16によらない 「 『だれがエホバの心を知るようになったのか、彼が彼に教えることができるように』と。 しかし、私たちにはキリストの心があります。」

単なる取るに足りない人間として、どうすれば神の心を理解できるでしょうか? 特に彼が言うとき 「なぜなら、天は地球よりも高いので、私の道はあなたの道よりも高く、私の考えはあなたの考えよりも高いからです。」 ? (イザヤ55:8-9)。 むしろ神の霊は、霊的な人が神のこと、神の言葉、目的を理解するのを助けます。 (詩編119:129-130)そのような人は、神の御心を行い、他の人が同じことをするのを助けることによって、キリストの心を持ちます。

神の言葉を研究する中で、神の霊を通して、神が平和の神であることを知るようになります。 確かに彼は私たち全員のために平和を望んでいる。 私たちは個人的な経験から、平和こそが私たち全員が望むものであり、私たちを幸せにすることを知っています。 彼は同様に、詩sal 35:27のように私たちが幸せで平和であることを望んでいます 「エホバを拡大させてください。彼はしもべの平安を喜ばせます」 また、イザヤ書では、9:6-7は、救世主としてのイエスの預言の中で、神は救世主を「平和の王子。 藩王国の豊かさと平和のために終わりはありません。」.

はじめに述べたように、平和を見つけることは聖霊の実とも結びついています。 名前が付けられているだけでなく、他の果物を開発することも重要です。 ここでは、他の果物の実践がどのように平和に貢献するかについての簡単な要約を示します。

  • 愛:
    • 他人への愛がなければ、平和な良心を得るのが難しくなります。そして、平和に影響を与えるのはそれが非常に多くの形で現れるという性質です。
    • 1 Corinthians 13:1によれば、愛の欠如は私たちを衝突シンバルにすることにつながります。 リテラルシンバルは、耳障りな耳障りな音で平和を妨げます。 比ur的なシンバルは、公言されたクリスチャンとしての私たちの言葉と一致しない行動でも同じことをします。
  • 喜び:
    • 喜びの欠如は、私たちの見通しで精神的に悩まされることになります。 私たちは心の中で安らぐことはできません。 ローマ人の14:17は、義、喜び、平和を聖霊と結び付けています。
  • 長い苦しみ:
    • 私たちが長く苦しむことができないなら、私たちは常に自分自身や他の欠陥に怒ってしまいます。 (エフェソス4:1-2; 1テサロニアン5:14)結果として、私たちは動揺し、不幸になり、自分自身や他の人と平和ではありません。
  • 親切:
    • 優しさは、神とイエスが私たちの中で見たいと願う特質です。 他人に親切であることは神の恵みをもたらし、それが私たちに心の安らぎを与えます。 Micah 6:8は、神が私たちに返してくれる数少ないものの1つであることを思い出させてくれます。
  • 良さ:
    • 善は個人の満足をもたらし、それゆえそれを実践する人々に心の平安をもたらします。 ヘブライ語13:16が「さらに、善を行い、他の人と物事を分かち合うことを忘れないでください。そのような犠牲によって、神は大いに喜ばれます。」 私たちが神を喜ばせるなら、私たちは心の平安を持ち、彼はきっと私たちに平和をもたらすことを望みます。
  • 信仰:
    • 信仰は、「信仰とは、望んでいることへの確実な期待であり、現実ではないが明らかな現実の実証です。 (ヘブライ語11:1)預言が将来達成されるという自信を与えてくれます。 聖書の過去の記録は、私たちに安心とそれゆえの平和を与えてくれます。
  • 軽度:
    • 温和は、空気が感情で満たされている過熱した状況で平和をもたらすための鍵です。 Pro言15:1が私たちにアドバイスしているように、穏やかな答えは怒りを避けますが、痛みを引き起こす言葉は怒りを引き起こします。」
  • 自制心:
    • 自制心は、ストレスの多い状況が手に負えなくなるのを防ぐのに役立ちます。 自制心の欠如は、とりわけ怒り、無分別、不道徳につながり、そのすべてが自分自身の平和だけでなく他人の平和も破壊します。 詩編37:8は「怒りだけにして、怒りを去ります。 悪をするためだけに自分自身を熱くさせないでください。」

上記から、私たちは神の聖霊が私たちが平和を発展させるのを助けることができるのを見ることができます。 しかし、私たちの制御の及ばない出来事によって私たちの平和が妨げられる場合があります。 その時にどう対処し、苦しんでいるときに安reliefと平和を見つけることができますか?

苦しんでいるときに平和を見つける

不完全であり、不完全な世界に住んでいると、学んだことを応用することで得た平和の尺度を一時的に失う可能性があります。

これが状況であれば、私たちは何ができますか?

テーマ聖文の文脈を見て、使徒パウロの安心感は何でしたか?  「何も心配することはありませんが、祈りと嘆願によって、すべてに感謝を込めて、あなたの嘆願書を神に知らせてください。」 (フィリピン人4:6)

フレーズ 「何も心配しないで」 気を散らしたり心配したりしないという意味があります。 嘆願 心からの、緊急の、そして個人的な必要性を示すことですが、そのような必要性を持っているにもかかわらず、私たちは彼が私たちに与えてくれる神の親切に感謝することを優しく思い起こされます(恵み)。 (感謝祭)。 この聖句は、私たちを心配させたり、平和を奪ったりするものはすべて、神と細かく伝えられることを明らかにしています。 また、心からの緊急の必要性を神に知らせ続ける必要があります。

思いやりのある医者を訪ねることに例えると、彼は問題を説明しながら辛抱強く耳を傾け、問題の原因をより詳しく診断し、適切な治療をよりよく処方できるように、より詳細にすればするほど良くなります。 共有されている問題が半分になった問題であると言っていることに真実があるだけでなく、医師から問題の正しい治療を受けることができます。 この場合の医師の治療は、次の詩で記録されているもので、Philippians 4:7です。 「すべての考えに勝る神の平和は、キリスト・イエスによってあなたの心とあなたの精神力を守ります。」

翻訳されたギリシャ語の作品 「優れている」 文字通り「超えている、優れている、優れている、上回る」ことを意味します。 ですから、私たちの心と精神力(私たちの心)を守るのは、すべての考えや理解を上回る平和です。 多くの兄弟姉妹は、感情的に困難な状況で激しい祈りをした後、自分が誘発した平穏感とはまったく異なる平和と平穏感を受け取ったので、この平和の唯一の源は本当に聖霊でなければならなかったと証言できます。 それは最も確かに他のすべてを凌ぐ平和であり、彼の聖霊によってのみ神から来ることができます。

神とイエスが私たちに平和を与えることができる方法を確立したので、私たちは自分自身を超えて、他の人に平和を与えることができる方法を調べる必要があります。 Romans 12:18では、 「可能であれば、それがあなた次第である限り、すべての人と平和でありなさい。」 それでは、他の人との平和を追求することによって、どのようにしてすべての人と平和になれますか?

他者との平和を追求する

起きている時間の大半をどこで過ごしますか?

  • 家族の中の、
  • 職場で
  • 仲間のクリスチャンと

しかし、隣人や仲間の旅行者など、他の人を忘れてはなりません。

これらすべての分野で、平和を達成することと聖書の原則を妥協しないことのバランスを取るよう努力する必要があります。 したがって、これらの領域を調べて、他者と平和になれることによってどのように平和を追求できるかを見てみましょう。 その際、できることには限界があることに留意する必要があります。 多くの状況で、私たちは彼らとの平和に貢献するためにできる限りのことをした後、他の人の手に責任の一部を残さなければならないかもしれません。

家族、職場、そして私たちの仲間のクリスチャンや他の人たちと平和であること

エペソ人への手紙はエフェソス会衆に書かれましたが、4章で述べられている原則はこれらの各分野に適用されます。 いくつかだけを強調しましょう。

  • 恋に互いに我慢してください。 (エフェソス4:2)
    • 1つ目は2節です。この節では、心の完全な低さと温和さを持ち、長い間苦しみ、お互いを愛しあっている。 (エフェソス4:2)これらの優れた資質と態度は、私たちと家族、兄弟姉妹、同僚やクライアントとの間の摩擦や摩擦の可能性を減らします。
  • 常に自制心を持つ。 (エフェソス4:26)
    • 私たちは挑発されるかもしれませんが、正当化されていると感じても怒りや怒りを許さないように、自制心を適用する必要があります。そうしないと、報復につながる可能性があります。 むしろ平和であることが平和につながる。 「怒り、罪を犯さないでください。 挑発された状態であなたと太陽が沈まないようにしてください」 (エフェソス4:26)
  • あなたがするように、他の人にしてください。 (エフェソス4:32)(マシュー7:12)
    • 「しかし、キリストによって神もあなたを自由に許したように、お互いに親切に、優しく思いやりを持って、お互いを自由に許してください。」
    • 私たちの家族、同僚、仲間のクリスチャン、そして実際に他のすべての人を、私たちが扱われたいと思うように常に接しましょう。
    • 彼らが私たちのために何かをしてくれたら、彼らに感謝します。
    • 彼らが世俗的に働いているときに彼らが私たちの要求で私たちのためにいくつかの仕事をするなら、私たちは彼らに無料でそれを期待せずに、継続料金を支払うべきです。 支払いを免除したり、余裕があるため割引を適用したりする場合は、感謝しますが、期待しないでください。
    • Zechariah 7:10は「未亡人や父親のいない少年、外国人の居住者や苦しんでいる人をだましてはならず、あなたの心の中でお互いに悪いことを企てない。」 したがって、誰とでも、特に私たちの仲間のクリスチャンと商業協定を結ぶときは、背後に隠れないように、書面で署名して署名する必要がありますが、不完全な記憶が忘れたり、聞きたいと思うだけのことを記録として物事を明確にするために。
  • あなたも話したいので、彼らに話してください。 (エフェソス4:29,31)
    • 口から出て行かないで腐った言葉を聞かせて」 (エフェソス4:29)。 これは、動揺を避け、私たちと他者との間に平和を保ちます。 エフェソス4:31はこのテーマを続けて「すべての悪意とともに、すべての悪意のある苦味と怒りと怒りと悲鳴と虐待的な言論があなたから奪われます。」 誰かが私たちに虐待的に悲鳴を上げると、私たちが最後に感じるのは平和的であるため、このように行動すると、同様に他者との平和的な関係を混乱させる危険があります。
  • 一生懸命働く準備をしてください(エフェソス4:28)
    • 他の人が私たちのために何かをすることを期待すべきではありません。 「盗む人にこれ以上盗まないで、むしろ、彼に手伝って、良い仕事を手でさせて、彼が困っている人に配布する何かを持ってもらうようにしましょう。」 (エフェソス4:28)他人の寛大さや優しさを、特に彼らの状況に関係なく継続的に利用することは、平和を助長しません。 むしろ、一生懸命働いて結果を見ると、できる限りのことをしているという満足感と安心感が得られます。
    • 確かに誰かが自分の人、特に彼の家族の人を養わないなら、彼は信仰を否定しました…」 (1 Timothy 5:8)家族を養わないことは、家族間の平和ではなく不和をまき散らすだけです。 一方、家族の面倒を見ると、彼らは私たちにとって平和であるだけでなく、自分自身も平和になります。
  • すべてに正直であること。 (エフェソス4:25)
    • 「だから、あなたは偽りを片付けたので、隣人とあなたの一人一人に真実を語ってください」。 (エフェソス4:25)不誠実、小さな動揺でも、正直に言うよりも、発見されたときの平和への動揺と損害を悪化させます。 誠実さは最良の政策であるだけでなく、真のクリスチャンにとって唯一の政策であるべきです。 (ヘブライ語13:18)人々が正直であると信頼できるとき、おそらく私たちが家を離れているとき、または親しい友人に何かを貸して、彼らの約束が本物であることを知って、平和で恐れを感じないか?
  • 約束を守るだけです。 (エフェソス4:25)
    • 平和は、私たちが「「はい」という言葉は「はい」「いいえ」「いいえ」を意味します。 これらを超えるものは、邪悪な者からのものです。」 (Matthew 5:37)

真の平和はどうやって来るのでしょうか?

「真の平和に必要なもの」という見出しの下にある記事の冒頭で。 私たちは、神による介入と、真の平和を享受するために必要な他のいくつかのことを必要としていることを確認しました。

黙示録は未だ成就されていない預言を与えており、これがどのように起こるかを理解するのに役立ちます。 また、イエスは、この地上にいる間、彼の奇跡によってどのように平和が地球にもたらされるかについての予言を与えました。

極端な天候からの自由

  • イエスは、彼が極端な天候を制御する力があることを示しました。 マシュー8:26-27レコード“立ち上がって、彼は風と海をbu責し、落ち着いた雰囲気に包まれました。それで男たちは驚いて言いました。「風と海さえ彼に従うのはどんな人ですか?」 彼が王国の権力に就くと、彼はこの制御を世界中に広げ、自然災害をなくすことができます。 たとえば、地震で押しつぶされる心配がなくなり、安心できます。

暴力や戦争、身体的暴行による死への恐怖からの自由。

  • 物理的な攻撃、戦争、暴力の背後には悪魔サタンがいます。 彼の自由の影響で、真の平和は決してあり得ません。 だから、黙示録20:1-3は、 「天から降りてきた天使…そして彼はドラゴン、元の蛇をつかみ取り…そして彼を千年間拘束しました。 そして彼は彼を深byに投げ込み、それを閉じて彼の上に封印しました。

愛する人の死による精神的な苦痛からの解放

  • この政府の神の下で 「彼らの[人々]の目から涙を一掃し、死はもはやなく、嘆き悲しむことも、叫ぶことも、支払われることもありません。 前者は亡くなりました。」 (黙示録21:4)

最後に、啓示20:6が私たちに思い出させるように、正義を支配する新しい世界政府が設置されます。 「最初の復活に参加した人は誰でも幸せで神聖です。 …。 彼らは神とキリストの祭司となり、千年の間彼と共に王として支配するでしょう。 

平和を求めるなら結果

平和を求めた結果は、私たちと私たちが接触した人々の両方にとって、現在も将来も多くあります。

しかし、私たちは、2 Peter 3:14からの使徒ピーターの言葉を適用するためにあらゆる努力をする必要があります 「それで、最愛の人たち、あなたはこれらのことを待っているので、あなたの最高の姿が、彼によって染み一つなく、無傷で、そして安らかに見つけられるようにしてください。」 これを行うと、マタイの5:9で彼が言ったイエスの言葉にきっともっと励まされます。 「幸せは平和な人です。「神の子」と呼ばれるからです。」

実際にどのような特権が利用可能か 「悪いことから離れ、良いことをする」 及び 「平和を求め、それを追求する」。 「主の目は正しい者の上にあり、彼の耳は彼らの願いに向かっているからです」 (1 Peter 3:11-12)。

平和の王子様が地球全体に平和をもたらす時間を待っている間に 「愛のキスでお互いに挨拶します。 キリストと一致しているあなた方全員が平和を得ることができるように」 (1 Peter 5:14)および 「平和の主ご自身があらゆる点であなたに平安を与えてくださいますように。 主はあなた方全員と共にあります」 (2テサロニアン3:16)

タドゥア

Taduaによる記事。
    2
    0
    ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x