旅は続く–さらに多くの発見

このシリーズの5番目の記事は、このシリーズの記事(2)および(3)からの聖書章の要約から収集した標識と環境情報を使用して、前の記事で始まった「時間の旅の旅」に続きます。記事に反映するための質問(3)。

前の記事のように、旅が簡単に辿れるようにするために、分析および議論された経典は通常、引用しやすくするために引用符で囲まれ、コンテキストとテキストを繰り返し読み返すことが可能になります。 もちろん、可能であれば、読者は聖書のこれらの箇所を直接読むことを強くお勧めします。

この記事では、以下の重要な聖句の個々の部分を調べ(続き)、その過程でさらに多くの重要な発見をします。 私たちと一緒に旅を続けてください:

  • Jeremiah 25 –エルサレムの複数の荒廃
  • Jeremiah 28 –バビロンのヨークはエホバによって固められます
  • エレミヤ29 –バビロニア支配の70年の制限
  • エゼキエル29 – 40年のエジプトの荒廃
  • エレミヤ38 –エルサレムの破壊はその破壊まで回避可能であり、奴隷はそうではなかった
  • エレミヤ42 –ユダはバビロニア人ではなくユダヤ人のために荒廃した

5。 エレミヤ25:17-26、ダニエル9:2 –エルサレムと周辺諸国の複数の荒廃

書かれた時間:ネブカドネザルによるエルサレムの破壊の18年前

聖書:17 そして、私はエホバの手からコップを取り出し、エホバが私に送られたすべての国々に飲ませさせました。 18 すなわち、エルサレムとユダの都市、そして彼女の王たち、彼女の王子たちは、彼らを荒廃した場所、驚objectの対象、口toを吹くもの、そして今日と同じように悪口にした。 19 エジプトの王ファラオとそのしもべたち、君たち、およびそのすべての民。 20 そして、すべての混ざった仲間、およびウズの地のすべての王、およびフィリステネ、アシケロン、ガザ、エクロン、およびアシュドドの残りの地のすべての王。 21 エドム、モアブ、アモンの子。 22 ツロのすべての王、シドンのすべての王、および海の領域にある島の王。 23 そしてデダンとテエマとブズ、そして寺院で髪を切ったすべての人々。 24 そして、荒野に住むアラブ人のすべての王と混合企業のすべての王。 25 ジムリのすべての王とエラムのすべての王とメデのすべての王。 26 そして、次々と遠くそして遠くにいる北のすべての王と、地表にある地球のすべての王国。 シェシャクの王自身が彼らの後を飲みます。 

ここエレミヤ 「エホバの手からコップを取り出して、すべての国民に酒を飲ませた。すなわち、エルサレムとユダの町とその王たち、王子たちを荒廃させた場所にした。[I]、驚きの対象[II]、口whiを吹くもの[III] そして悪口[IV], この日と同じように; [V] v19-26では、周囲の国々もこのカップの荒廃を飲まなければならず、最終的にシェシャク王(バビロン)もこのカップを飲みます。

つまり、荒廃は他の国々とリンクしているため、70と11の節からの12年とリンクすることはできません。 「エジプトの王ファラオ、ウズ、ペリシテ人、エドム、モアブ、アンモン、タイア、シドンの王…」、など。これらの他の国々も同じカップを飲んで破壊された。 しかし、ここで言及された期間はなく、これらの国々はすべて、ユダとエルサレムに適用された場合に論理的に適用されなければならない70年ではなく、さまざまな長さの荒廃の期間に苦しみました。 バビロン自身は141 BCE頃まで破壊を受け始めず、650 CEでのイスラム教徒の征服まで住み続けましたが、その後18までは砂の下で忘れられ隠れていました。th 世紀。

フレーズ「荒廃した場所…今日と同じ」は予言の時間(4th 年エホヤキム)以降、おそらくエホヤキムが彼の5で燃やした後に彼の予言を書き直したときth 年(Jeremiah 36:9、21-23、27-32も参照してください[VI]). どちらにしても エルサレムは4によって荒廃した場所だったようですth または5th エホヤキムの年、(1st または2nd ネブカドネザルの年)おそらく4でのエルサレムの包囲の結果としてth エホヤキムの年。 これは、エホヤキムの11でエルサレムが荒廃する前のことです。th 年とその後のエホヤキンの短い統治の間に。 この包囲と荒廃は、3か月の支配の後、エホヤキムの死とエホヤキンの亡命をもたらしました。 エルサレムは11で最終的な破壊を受けましたth ゼデキヤの年。 これは理解に重みを与える ダニエル9:2を満たして 荒廃 エルサレムの」ゼデキヤの11年のエルサレムの最終的な破壊よりも多くの機会を指すものとして。

ユダヤ人だけが破壊に苦しむ国ではありませんでした。 したがって、70年の期間をこれらの荒廃にリンクすることはできません。

図4.5エルサレムの複数の荒廃

メインディスカバリーナンバー5:エルサレムは1つだけでなく複数の被害を受けました。 荒廃は70年の期間とは関係ありませんでした。 バビロンを含む他の国々も破壊されますが、その期間も70年ではありませんでした。

6。 エレミヤ28:1、4、12-14 –バビロンのヨークが硬化し、木材から鉄に変わり、Servitudeが続行

書かれた時間:ネブカドネザルによるエルサレムの破壊の7年前

聖書: 1それからその年に、ユダの王ゼデキヤの王国の初めに、四年目に、五月目に、4ハナニヤ(偽預言者)は、バビロンの王のくびきを破る ''12 預言者ハナニヤが預言者エレミヤの首からくびき棒を折った後、エレミヤにエホバの言葉が臨んだ。 13 「行って、あなたはハニアに言ってください。 『これはエホバが言われたことです。「あなたが折った木の鉄の棒。その代わりに鉄の鉄の棒を作らなければなりません。」 14 イスラエルの神である軍のエホバがこう言われたからです。「鉄のくびきをバビロンの王ネブ・チャド・ネザルに仕えるためにこれらすべての国々の首にかけます。 そして彼らは彼に仕えなければなりません。 そして野の野獣でさえ、私は彼にあげます。」 

Zedekiahの4でth ユダ(およびその周辺の国々)は木製のくびきの下にありました(バビロンに仕える)。 今では、木製のくびきを反抗的に破り、バビロンに仕えることについてのエレミヤのエホバの預言に矛盾するため、彼らは代わりに鉄のくびれの下にいることになりました。 荒廃は言及されていません。 ネブカドネザルエホバに言及して、「14…野原の野獣でも彼にあげる"。

(と比較して対比 ダニエル4:12、24-26、30-32、37ダニエル5:18-23、ネブカドネザル自身が「野の獣と一緒に住んでいた」のに対し、野の野獣は(ネブカドネザルの)木の下で日陰を探します。)

文言の緊張から、サービングがすでに進行中であり、回避できなかったことは明らかです。 偽預言者ハナニヤでさえ、エホバは 「バビロンの王のくびきを破る」 それにより、ユダの国が4でバビロンの支配下にあったことを確認しましたth 遅くともゼデキヤの年。 この奴隷状態の完全性は、野原の獣でさえも免除されないことに言及することによって強調されます。 ダービー翻訳は「イスラエルの神、万軍のエホバはこう言った、わたしはこれらすべての国々の首に鉄のくびきを置いた。彼らはバビロンの王ネブカデネザルに仕えるためである。 そして彼らは彼に仕えるであろう:そして私は彼に野の獣も与えた。「Young's Literal Translationの状態」と彼ら 彼に仕えた そして野の獣 私は与えました 彼に"。

図4.6バビロニア人への服従

主発見番号6:4で進行中のサービスth ゼデキヤの年であり、奴隷に対する反抗のために、より硬くされた(木製のヨークから鉄のヨークへ)。

7。 エレミヤ29:1-14 –バビロニア支配の70年

書かれた時間:ネブカドネザルによるエルサレムの破壊の7年前

聖書: そしてこれらは、預言者エレミヤがエルサレムから亡命者の残りの年長者たち、祭司たち、預言者たち、そしてネブ・チャド・ネザールが運んだすべての人々に送った手紙の言葉です。エルサレムからバビロンに亡命し、 2 ジェコニヤの後、王と婦人と宮廷の役人、ユダとエルサレムの君たち、そして職人と防波堤の建設者がエルサレムから出てきました。 3 ユダの王ゼデキヤがバビロンに王のネブシャドネザルに遣わしたのは、シャパンの子エルアサと、ヒルキヤの子ゲマリヤの手による。バビロン、言って:

4 「これは、イスラエルの神である軍のエホバが、私がエルサレムからバビロンに亡命させたすべての亡命民に言ったことです。 5 「家を建てて住み、庭を植え、その実を食べる。 6 妻を連れて、息子と娘の父親になります。 そして、あなた自身の息子のために妻を取り、あなた自身の娘を夫に与え、彼らが息子と娘を産むようにする。 そこに多くなり、少なくなりません。 7 また、私があなたを亡命させた都市の平和を求め、エホバに代わって祈ってください。その平和において、あなた自身にとって平和であることが証明されるからです。 8 イスラエルの神である軍隊のエホバはこう言われました。「あなたの中にいるあなたの預言者とあなたの占いの実践者があなたを欺くのではなく、彼らが夢見ている夢に耳を傾けないでください。 9 というのは、彼らが私の名前であなたに預言しているのは虚偽だからです。 私は彼らを送りませんでした、 『エホバの発言です。』」

10 「これはエホバが「バビロンでの70年の成就に合わせて、あなたの人々に注意を向け、この場所にあなたを連れ戻すための良い言葉をあなたに向けます」と言っているからです。

11 「私自身があなたに向かって考えている考えをよく知っているのは、あなたに未来と希望を与えるための、災難ではなく平和の考えであるエホバの発言です。 12 そして、あなたは確かに私を呼んで来て、私に祈り、私はあなたに耳を傾けます。

13 「そして、あなたは実際に私を探し求めます。あなたは心を尽くして私を探してくれるでしょう。 14 そして、私はあなたに自分自身を見つけさせます」とエホバの発言です。 「そして、私はあなたの捕虜の体を集めて、すべての国と私があなたを分散させたすべての場所からあなたを一緒に集めます」とエホバの発言です。 「そして、私はあなたを亡命させた場所にあなたを連れ戻します」 

Zedekiahの4でth エレミヤは、バビロンでの70年後、エホバが彼の民に注意を向けると予言しました。 ユダが「確かに呼び出します」 エホバ来て祈る」彼。 予言は、4年前にエホヤキンと共にバビロンで亡命したばかりの人々に与えられました。 4-6節の初めに、彼は彼らがバビロンのどこに居るかを定住し、家を建て、庭を植え、果物を食べ、結婚するように言っていました。

エレミヤのメッセージの読者の心にある質問は、彼らがバビロンに亡命する期間はどれくらいでしょうか? その後、エレミヤは彼らにバビロンの支配と統治にどれくらいの時間がかかるかを伝えました。 アカウントには、70年と記載されています。 (“70年の充足(完了)に合わせて」)

この70年の期間はいつから始まりますか?

(a)将来の未知の日付? それは彼の聴衆を安心させるためにほとんど何もしないので、非常にありそうもない。

(b)4年前の亡命の始まりから[VII]? 私たちの理解を助ける他の経典がなければ、これは(a)よりもありそうです。 これは、彼らに楽しみにして計画するための終了日を与えるでしょう。

(c)Jeremiah 25の追加されたコンテキストとの関連[VIII] 彼らがすでに以前に警告されていたところで、彼らは70年間バビロニア人に仕えなければなりませんでした 最も可能性の高い開始年は、(エジプト/アッシリアの代わりに)世界大国としてバビロニアの支配下に置かれ始めたときです。 これは31の終わりにありましたst 昨年のヨサイア、そしてエホアハズの短い3月の治世の間に、数年前に16がありました。 70年の開始要件として言及されているエルサレムの完全な荒廃には依存していません。その理由は、この期間がすでに始まっていたからです。

文言 "70年の充足(または完了)に応じて [IX] バビロン私はあなたの人々に私の注意を向けます」は、この70年の期間がすでに始まっていたことを意味します。 (ヘブライ語のテキストについて議論している重要な巻末注(ix)を参照してください。)

エレミヤが将来の70年の期間を意味する場合、読者にとってより明確な文言は次のようになります。 なります (未来形)70年間バビロンで その後 私はあなたの人々に私の注意を向けます」。 「達成された」および「完了した」という言葉の使用は、通常、将来ではなく、特に明記しない限り、イベントまたはアクションがすでに開始されていることを意味します。 詩16-21は、彼らが耳を傾けないので、滅びはまだ亡命していない人々の上にあると言うことによってこれを強調します。 また、バビロンと亡命への奴隷状態は長く続かないと言っていたバビロンにすでに亡命している人々にも破壊があり、エレミヤは70年を予言していたエホバの預言者と矛盾しています。

どちらがより理にかなっていますか?[X] (私) "at”バビロンまたは(ii)“for」バビロン。[xi] 上記で引用したJeremiah 29:14は、「すべての国から、そして私があなたを分散させたすべての場所からあなたを集めます。」 一部の亡命者はバビロンにいたが、大多数は国家を征服する通常の慣習に従ってバビロニア帝国に散らばっていた(したがって、彼らは簡単に戻って反抗することができなかった)。

さらに、(i) at それからバビロンは、未知の開始日と未知の終了日があるでしょう。 遡って、ユダヤ人がバビロンを去った時期に応じて開始日として538 BCEまたは537 BCEがあり、ユダヤ人がユダに到着した時期に応じて538 BCEまたは537 BCEがあります。 対応する開始日は、選択した終了日に応じて608 BCEまたは607 BCEになります[xii].

しかし、(ii)聖書の一致から、バビロン陥落のための539 BCE、そして609 BCEの開始日まで、すべての人に受け入れられる世俗的な日付までの明確な終了日があります。 前述のように、世俗的な歴史は、バビロンがアッシリア(以前の世界大国)に対する優位性を獲得し、新しい世界大国となった年であることを示しています。

(iii)聴衆は最近追放されており(4年前)、この文章がエレミヤ25なしで読まれた場合、70年後ではなく、追放の開始から(Jehoiachinを使用して)7年の開始を与える可能性が高いゼデキヤはエルサレムの最終的な破壊を引き起こしました。 しかし、この理解には10年以上の発見が必要であり、70年の亡命(ユダに戻る時間を含む場合はバビロンの下で68年を含む)にするためには、永年暦に欠けています。

(iv)最後の選択肢は、万が一、20または21または22の年が経年から欠落している場合、ゼデキヤの11でエルサレムの破壊に到達できるということです。th 年。

どちらが適していますか? オプション(ii)を使用すると、エジプトの行方不明の王とバビロンの行方不明の王を推測して、少なくとも20年のギャップを埋める必要もありません。 しかし、それは、ゼデキヤの607で始まるエルサレムの破壊からの68年の亡命期間の11 BCE開始日と一致するために必要なものですth 年。[xiii]

ヤングのリテラル翻訳読み取り 「こうしてエホバは言われた、確かに、バビロンの満杯の時、70年、わたしはあなたを調べ、あなたに向かってこの場所に連れて帰る私の良い言葉を確立した。これは、70年がバビロンに関連することを明らかにします(したがって、暗示的にはそれがルールです)。ユダヤ人が亡命する物理的な場所ではなく、どれほどの期間追放されるかです。 また、すべてのユダヤ人がバビロン自体に追放されたわけではないことを覚えておく必要があります。 エズラとネヘミヤで記録された帰還の記録が示すように、むしろバビロニア帝国の周りに大多数が散らばっていました。

図4.7 –バビロンの70年

主な発見番号7:Zedekiahの4th 年に、追放されたユダヤ人は、70年の合計の奴隷制度が完了した後、彼らがすでに下にあった奴隷制度が終了すると告げられました。

8。 エゼキエル29:1-2、10-14、17-20 – 40年のエジプトの荒廃

書かれた時間:ネブカドネザルによるエルサレムの破壊の1年前と16年

聖書:10年目、10日目、その月の12日目に、エホバの言葉が思い浮かびました。 2 「人の子よ、あなたの顔をエジプトの王ファラオに向け、彼とエジプト全体に預言してください」 '10 したがって、私はここであなたとあなたのナイル運河に敵対しています。そして、エジプトの土地をミグドルからシエネ、そしてエティオピアの境界まで荒廃させ、荒廃させ、荒廃させます。 11 そこに地球人の足は通らないし、家畜の足も通らないし、40年間は生息しない。 12 そして、私はエジプトの土地を荒廃した土地の中で荒廃した廃棄物にします。 そして、それ自身の都市は、40年にわたって荒廃した都市の真っin中で荒廃した廃棄物になるでしょう。 エジプト人を国々に散らし、国々に散らします。」

13 「これは主権者エホバが言われたことです。「40年の終わりに、私はエジプト人を、彼らが散らされるであろう人々から集めます。 14 そして、私はエジプト人の捕虜グループを復活させます。 わたしは彼らをパトロスの地、彼らの起源の地に連れて行き、そこで彼らは卑しい王国にならなければならない。」 … '今、27年、最初の[月]、その月の最初の[日]に、私にエホバの言葉が出てきて、こう言いました。 18 「人の子であるバビロンの王ネブ・チャド・レザザール自身が、彼の軍隊にタイアに対する素晴らしい奉仕をさせました。 すべての頭はoneげたものであり、すべての肩は裸で擦られたものでした。 しかし、賃金に関しては、彼と彼女に対して彼が彼女に対して行った奉仕に対する彼の軍隊には何もなかったことが証明されました。

19 「したがって、これは主権者エホバが言われたことです。 『ここで、私はエジプトの地バビロンの王ネブチャド・レザザルに与えています。彼はその富を運び去り、それを大いに略奪しなければなりません。大量の略奪。 そしてそれは彼の軍事力の賃金にならなければならない。」

20 「彼が彼女に対してした奉仕に対する彼の代償として、彼らが私のために行動したので、私は彼にエジプトの土地を与えました。」主権者エホバの発言です。 

この予言は10で与えられましたth エホヤキンの亡命の年(10th ゼデキヤの年)。 ほとんどのコメンテーターは、34後にネブカドネザルがエジプトを攻撃したと考えていますth 年(彼の37th 年は楔形文字タブレットによると)v10-12で言及されている荒廃と亡命であり、テキストはこの解釈を要求しません。 確かに、エルサレムが587 BCEではなく607 BCEで破壊された場合、ネブカドネザルの37から十分な年はありませんth エジプトがナボニドゥスと小容量で同盟を結んだ年。[xiv]

ただし、Jeremiah 52:30は、Nebuchadnezzarが23で追放されたユダヤ人を追放していると記録しますrd 年。 これらは、エレミヤを連れてエジプトに逃れ、その破壊が預言された人々として最もよく理解されています エレミヤ42-44 (ジョセフスも言及)。 ネブカドネザルの23からカウントrd 年(8th 19年を支配したファラオホフラの年)、私たちは13に来ますth 彼はテマでの10年後にテマからバビロンに戻ったとき、永年暦によるとナボニドゥスの年。 翌年(14th)ナボニドゥスは同盟を結んだ[xv] アマシス将軍と(彼の29th 年)、この頃のサイラスの下でのペルシャ帝国の台頭に対して。[xvi] これは、ギリシア人の支援を受けたエジプト人が少しの政治的影響力を取り戻し始めたため、40年の荒廃に近いものとなりました。 ファラオではなく大将がこの期間にエジプトを支配したことも注目に値します。 アマシス将軍は彼の41で王またはファラオと宣言されましたst おそらくナボニドゥスからの政治的支援の結果としての年(12年後)。

見てみると エレミヤ25:11-13 エホバは「カルデア人の土地を常に荒れ果てた荒地にしてください。」 また、これがすぐに起こると誤って仮定することもできますが、いつ指定しません。 これは1の後まで起こりませんでしたst Century CE(AD)、ピーターはバビロンにいたように(1 Peter 5:13[XVII])。 しかし、バビロンは4によって荒廃した廃becomeとなったth 重要性を取り戻したことのないCentury CE。 当時イラクの支配者だったサダム・フセインによる1980での試みを含むいくつかの試みにもかかわらず、再建されたことはありませんでした。

したがって、エジプトに対するエゼキエルの預言の成就が後の世紀に起こることを許すことに障害はありません。 確かに、60年以上にわたり、カンビュセス2世(キュロス大王の息子)の治世中期からペルシャの完全な支配下に置かれました。

図4.8エジプトの荒廃の可能性のある期間

主な発見番号8:40年のエジプトの荒廃は、エルサレムの破壊からバビロンのメデスへのfall落までの48年のギャップにもかかわらず、2つの可能性があります。

9。 エレミヤ38:2-3、17-18 –ネブカドネザルの包囲にもかかわらず、エルサレムの破壊は避けられます。

書かれた時間:ネブカドネザルによるエルサレムの破壊の1年

聖書: 2 「これはエホバが言われたことです。 『この都市に住み続ける者は、剣、飢amine、疫病によって死ぬ者です。 しかし、カルデアンに出かけているのは、生き続け、確かに彼の魂を台無しにして生きているようにする人です。 3 これがエホバが言われたことです。「失敗することなく、この都市はバビロンの王の軍隊の手に渡され、彼は確かにそれを捕らえるでしょう。」、17 エレミヤはゼデキヤに言った。「これは、軍の神、イスラエルの神、エホバが言ったことです。確かに生き続け、この都市自体は火で焼かれることはなく、あなた自身とあなたの家族は確かに生き続けます。 18 しかし、もしあなたがバビロンの王の君たちに出て行かないなら、この町もカルデアンの手に渡さなければなりません。彼らは実際に火でそれを燃やします。 」 

Zedekiahの10でth または11th 年(Nebuchadnezzar 18th または19th [XVIII])、エルサレムの包囲の終わり近くで、エレミヤは人々とゼデキヤに、降伏すれば生き、エルサレムは破壊されないだろうと告げた。 この節だけで、2-3節と17-18節でもう一度強調されました。 「カルデア人に出て行けば、あなたは生きることができ、都市は破壊されないでしょう。」

質問をする必要があります:エレミヤ25の予言が[XIX] エルサレムの荒廃のために、何年も前に17-18の預言をするのは、特にそれが発生する1年前まで確実に起こらない場合でした。 しかし、バビロンへの奴隷状態が荒廃と異なる場合、それは理にかなっています。 実際、経典はそれを明確にしている(ダービー:“あなたがバビロンの君たちの王のもとに自由に出て行けば、あなたの魂は生き、この町は火で焼かれてはならない。 そして、あなたは生き、あなたの家(子孫)になるでしょう」)エルサレムとユダの残りの都市の包囲と破壊をもたらしたのは、この奴隷に対する反乱だった。

メインディスカバリー番号9:ゼデキヤの11での最終包囲の最終日まで回避可能なエルサレムの破壊th 年。

10。 ジェレマイア42:7-17 –ゲダリアの殺害にもかかわらずユダはまだ居住できた

書かれた時間:ネブカドネザルによるエルサレムの破壊から2ヶ月

聖書: 710日の終わりに、エホバの言葉がエレミヤに伝えられるようになりました。 8 それで彼は、カレラの子であるヨハナンと、彼と一緒にいた軍隊のすべての長たちと、すべての民のために、小さい人から大きい人まで呼びかけました。 9 彼は続けて彼らに言った。「これはあなたが私に送ったイスラエルの神、エホバが彼の前にあなたの好意の要求を落とすために送ったものです。 10 「もしあなたがこの土地に住み続けるなら、私もあなたを築き上げます。そして、私はあなたを破りません。あなたを植え、根こそぎにしません。 私があなたに引き起こした災難について、確かに後悔を感じるからです。 11 あなたが恐れているバビロンの王のために恐れるな。

「彼のために恐れるな」とエホバは言います。「あなたを救い、彼の手からあなたを救うために、私はあなたと共にいるからです。 12 そして、私はあなたに慈悲を与えます、そして、彼は確かにあなたに慈悲を持ち、あなた自身の土にあなたを返します。

13 「しかし、あなたが言っている場合:「いいえ。 神のエホバの声に背くために、この地に住むつもりはありません!」 14 「いや、しかしエジプトの地に入れば、戦争も角の音も聞こえず、パンのために空腹にならない。 そして私たちが住む場所があります」。 15 ですから、今でもユダの残りの者よ、エホバの言葉を聞いてください。 これがイスラエルの神である軍のエホバが言ったことです。「あなたが自分の顔を積極的にエジプトに入るように設定し、実際にあなたがそこに居住してエイリアンとして住む場合、 16 また、エジプトの地では、あなたが恐れているまさに剣があなたに追いつき、あなたが恐怖にさらされているまさに飢amineがあなたに続いてエジプトに続くということも起こらなければなりません。 そしてあなたが死ぬ場所があります。 17 そして、エイリアンがエジプトに侵入してそこに住むように顔を設定したすべての男性が、剣、飢amine、疫病によって死ぬ人になるということが起こります。 そして、私が彼らにもたらしている災難のために、彼らは生存者や逃亡者を持つことはありません。」 

7でのゲダリアの殺害後th 11の月th ゼデキヤの年、エルサレムの最終破壊から2か月[xx]、人々はエレミヤによってユダにとどまるように言われました。 彼らがそうすれば、彼らがエジプトに従わずに逃げない限り、荒廃も荒廃も起こりません。 「もしあなたがこの地に住み続けるなら、私もあなたを築き上げ、あなたを取り壊さないでしょう…あなたが恐れているバビロンの王を恐れないでください。」そのため、エルサレムの破壊後のこの段階でさえ、ユダの完全な荒廃は避けられませんでした。

したがって、エルサレムとユダの荒廃は、7th 5ではなく月th 月。 次の43:1-13の章は、彼らが従わずエジプトに逃げた場合にそれを示す。 彼らは数年後にネブカドネザルが攻撃したとき、彼の5で荒廃し荒廃したrd 年)この予言を成し遂げ、亡命者をさらに取り入れた。 (見る エレミヤ52:30 745ユダヤ人が亡命した場所)

メインディスカバリーナンバー10:エレミヤに従い、ユダにとどまることで回避できるユダの荒廃と非居住。 完全な荒廃と非居住は7でのみ開始できますth 5ではない月th 月。

シリーズの第6部では、ダニエル9、2クロニクル36、ゼカリア1&7、ハガイ1&2、イザヤ23を調べて、「時間の探索の旅」を完了します。 明らかにすべき重要な発見がまだたくさんあります。 私たちの旅の発見とハイライトの簡単なレビューは、一部7で行われ、その後、私たちの旅でのこれらの発見から生じる重要な結論が続きます。

[I] ヘブライ語– StrongのH2721:“チョルバ」–適切に=「干ばつ、暗示による:荒廃、腐敗した場所、荒廃、破壊、廃棄物の廃棄」。

[II] ヘブライ語– StrongのH8047:“シャンマ」–適切に=「破滅、含意によって:驚き、驚き、荒廃、浪費」。

[III] ヘブライ語– StrongのH8322:“シェレカー」–「シューッという音、口whiを吹く(de笑)」。

[IV] ヘブライ語– StrongのH7045:“ケララ」–「中傷、呪い」。

[V] 「これで」と訳されているヘブライ語は「haz.zeh」。 Strongの2088をご覧ください。 「ゼヒ」。 その意味は「これ」、「ここ」です。 すなわち、過去ではなく現在です。 「はやい” =“ at”。

[VI] エレミヤ36:1、2、9、21-23、27-32。 4でth エホヤキムの年、エホバは彼に、その時まで彼に与えた預言の言葉をすべて書き留めるように彼に言われました。 5でth 年にこれらの言葉は神殿に集まったすべての人々に読み上げられました。 王子と王はそれを彼らに読んでもらいました、そして、それが読まれたように、それは燃やされました。 その後、エレミヤは別の役割を果たし、燃やされたすべての預言を書き直すよう命じられました。 彼はさらに予言を追加しました。

[VII] これは、ゼデキヤがネブカドネザルによって王位に置かれる前のエホヤキンの時代の亡命でした。

世俗年表の597 BCEとJW年表の617 BCE。

[VIII] 11年前に4で書かれたth エホヤキムの年、1st 年ネブカドネザル。

[IX] ヘブライ語 「lə」 より正確に「〜に関して」または「〜に関して」と翻訳されています。 見る https://biblehub.com/hebrewparse.htmhttps://en.wiktionary.org/wiki/%D7%9C%D6%BE 。 Biblehubによると、前置詞「ə」は「に関して」を意味します。 ウィクショナリーによると、バビロンの前置詞としての使用 (lə・ḇā・ḇel) 使用順に示します(1)。 「To」–宛先として(2)。 「To、for」–受取人、受取人、受益者、影響を受ける人を示す間接オブジェクト、たとえば、ギフト「To」彼女(3)。 所有者の「の」–関係なし(4)。 変更の結果を示す「To、into」(5)。 「のための」意見の保有者。 コンテキストは、70年が主題であり、バビロンがオブジェクトであることを明確に示しています。したがって、バビロンは(1)70年または(4)、または(5)の宛先ではなく、2年の受益者である(70)バビロンです。 なにかの? ジェレマイア25は、支配、または奴隷です。 ヘブライ語のフレーズは 「ルバベル」 = leバベル。 故に 「ル」 =「for」または「に関して」。 したがって、「バビロンのために」。 「At」または「in」には前置詞「be」または「ba」となる 「ベバベル」。 見る エレミヤ29:10インターリニアバイブル。 (http://bibleapps.com/int/jeremiah/29-10.htm)

[X] Jeremiah 27:7を参照 そして、すべての国は、彼自身の土地の時が来るまで、彼と彼の息子と彼の孫に仕えなければなりません、そして、多くの国と偉大な王は彼をしもべとして利用しなければなりません

[xi] 脚注37を参照してください。

[xii] Ezra 3:1、2は7であることを示しますth 彼らが到着した月までに、しかし年ではありません。 これは537 BCEである可能性があり、Cyrusの命令が前年538 BCEに出ます(最初の年:1st nal年または1st ダリウス・ザ・メデの死後のバビロンの王としての年)

[xiii] この時点で10年をバビロニア年表に挿入することは、エジプト、エラム、メドペルシアなどの他の国々と連動するため、問題があります。 20年を挿入することはできません。 これらの問題をより詳細に強調する準備として、さらなる年表解説を参照してください。

[xiv] また、アマシス将軍が40でファラオ・ホフラを追放することから始まる35年の潜在的な期間がありますth アマシス将軍が彼の41で王と宣言されるまでのネブカドネザルの年st 年、(9th 世俗暦によると、バビロンの王としてのキュロスの年。

[xv] Herodotus Book 1.77によると、彼はラセデモン人と同盟を結ぶ前にエジプトの王アマシスと同盟を結んでいたので、バビロニア人も召喚したからです(これらによっても同盟が結ばれました 彼、ラビネトス 当時はバビロニアの支配者でした)」。 ただし、このテキストから日付または派生日付を取得することはできません。

[xvi] 正確な年は不明です。 (前の脚注を参照)。 アマシスの見出しのウィキペディア、542 BCEを29として提供th 年とナボニドゥス14th この同盟の日付としての年。 https://en.wikipedia.org/wiki/Amasis_II。 注:その他は、547 BCEの以前の日付を提供します。

[XVII] 1 Peter 5:13“[YOU]のように選ばれたバビロンにいる彼女はあなたに挨拶を送り、私の息子をマークします。」

[XVIII] ネブカドネザルの年は、聖書の番号付​​けとして与えられます。

[XIX] 17で18-4年前に書かれたth エホヤキムの年、1st 年ネブカドネザル。

[xx] 5でth 月、11th 年、ゼデキヤ、18th ネブカドネザルのリーガルイヤー。

タドゥア

Taduaによる記事。